沖縄旅行 12月の沖縄の気候と服装と持ち物|オリオンツアー

沖縄の平均気温と降水量沖縄気候トピックスシーズン別の気候とおすすめの服装

シーズン別の気候とおすすめの服装 シーズン別の気候とおすすめの服装

沖縄の気候は、本州とはガラリと変わります。1年を通してすごしやすい気候ですが、それぞれ季節に特色があります。どんな服装で過ごしたらいいの?旅支度のご参考に!

12月の沖縄の過ごし方の特徴

12月の沖縄の過ごし方の特徴

沖縄を格安で楽しみたいなら冬場がおすすめ!沖縄といえば夏というイメージからか、夏場に観光客が集中しやすい傾向にあり、冬場は観光客が少なく飛行機代やホテル代の割引が受けられることも珍しくありません。 さすがにマリンレジャーを楽しむのは寒くて耐えられない方も多いため、12月はじっくりと観光施設などを巡るのも一つの方法です。また、意外な楽しみ方ができるのがマングローブカヤックです。最高気温は21度程ありますので、それほど寒さを感じること無くマングローブ林の中をカヤックでゆっくりと通り、沖縄の固有種の動植物を眺められるツアーは家族連れを中心に人気があります。水面から近いので、スピードはゆっくりでもそれなりにスリルを感じられるのもカヤックの魅力です。 また、沖縄には各所に天然温泉があり、中にはオーシャンビューの露天風呂なんてところもありますので、ゆっくりと温泉で疲れを取るというのもありかもしれません。 そして、本島南部の糸満市にある糸満観光農園ではイルミネーションイベントが開催されています。このライトアップイベントは平和への祈りを込めたものとなっており、本州の各地で行われる12月のライトアップイベントとは少々趣旨が事なります。沖縄戦で大打撃を受けた県民の祈りが込められたイベントは足を運んでみる価値がありそうです。

12月の沖縄の天気・気候

12月の沖縄の天気・気候

12月の沖縄は平均気温は18.7度、最高気温の平均は21.2度と数字で見るとそれほど寒くはないように思われますが、数字以上に寒さを感じます。と言うのは、四方を海に囲まれていますので、風が強まりやすいこの時期は肌寒さが増します。最低気温の平均は統計情報を見ても16.3度となっていますが、体感温度はそれよりも低く感じることでしょう。特に冬至を迎える頃には寒波も襲来して北風が強まり、海上も荒れやすくなります。海の近くに出かける場合、また海の近くのホテルに宿泊を予定している場合は特に寒さ対策は必要かもしれません。上旬であれば日中に半袖で過ごしても穏やかな気候の日があり、まだ大丈夫と思える時もありますが、1月に向かうに連れて悠長なことは言ってられません。寒い地域から沖縄を訪れる方もマフラーや薄手のコートなどがあった方が安心できます。備えるべきものはしっかりと備えて出かけたいところです。 ただ、12月と言ってもまだ海水温は23度程度あります。そのため、天候さえ良ければスキューバダイビングも十分に楽しめるのが沖縄の魅力です。但し、海から上がって船上に長時間いるのはさすがに堪えますので、寒さ対策はスキューバダイビングでも必要になります。

12月の沖縄の天気・気候にあった服装

12月の沖縄の天気・気候にあった服装

日中はどうにかTシャツでやり過ごせる日もありますが、それはあくまでも日中だけの話で、無理をして薄着で過ごした結果風邪を引いてしまっては楽しむものも楽しめないでしょう。ガッチリと防寒対策をする必要性はありませんが、ジャケットや薄手のコートはあったほうが良いでしょう。特に朝晩は寒さを感じますので何らかの対策が必要です。 沖縄の冬の装いは非常に個人差が見られ、街を歩いているとそれがよく分かります。特に地元民と観光客の区別は比較的容易です。と言うのは、沖縄県民は寒がりな方が多く、12月になると、それなりにしっかりと寒さ対策をして厚着をしている方が多く見られます。その一方で、観光客は沖縄よりも気温が低いところから訪れていますので、薄着で歩いても大丈夫と感じる方が多いのです。1年の中で降水量が少ない時期ですので雨の心配はそれほどなく、それよりも風対策が大事で、ウインドブレーカーなど風を通さない生地の服装が良いかもしれませんね。 冬は空気が澄んでいるため、星空が最も綺麗に見えますよね。離島のように夜の明かりが少ないところではじっくりと星空を眺められるのも魅力が感じられます。石垣島で行われる天体観望会に参加をしてみるのも、この時期の楽しみ方の一つかもしれません。

沖縄気候

沖縄気候

沖縄は亜熱帯気候の高温多湿で年間の降雨量も200ミリを超えます。
夏には日差しも強く南国特有の気候を満喫できます。周りを海で囲まれていることもあり夏でも
最高気温が35℃を超える猛暑日が少なく、日陰に入れば心地よい風が吹いてきます。
また、冬は10℃を下回る事がないため過ごしやすく温暖な沖縄が満喫できます。
旅行するシーズンによっていろいろな沖縄の一面が楽しめます。

沖縄の紫外線

沖縄の紫外線

沖縄の太陽光線は、他県から比べるとかなり強くて、紫外線の照射量も気にしないといけません。
薄曇りでも安心しないで紫外線対策が必要です。
効果の高い日焼け止めをまめに塗る事で、日焼けを防ぐようにしましょう。
泳ぐ際Tシャツやラッシュガードを着るのもオススメです。

沖縄台風

沖縄旅行を計画する時に台風を心配する方も多いでしょう!
いつ来るか正確な予想は不可能に近いです。
台風の時期を考えなかったためにせっかくの沖縄旅行が残念な結末を迎えるのはさけたいですね。
そこで以下の表は過去のデータを基にデータをまとめてみました。

沖縄・奄美への台風接近数
台風の中心が鹿児島県の奄美地方、沖縄県のいずれかの気象官署から300㎞以内に入った場合を
「沖縄・奄美に接近した台風」としてます。 ※接近は2か月にまたがる場合があり、各月の接近数の合計と年間の接近数とは必ずしも一致しません。

5月 6月 7月 8月 9月 10月
2018 2 4 4 2 1
2017 3 1 2 2
2016 1 1 4 1
2015 1 2 2 1
2014 2 3 2 2 2
2013 1 1 2 1 4
※気象庁ホームページより

沖縄の島々

沖縄までの距離は東京から沖縄本島まで約1,600㎞。さらに宮古諸島は沖縄本島から約300㎞、八重山諸島は沖縄本島から約400㎞~500㎞離れています。八重山諸島にある日本最西端の与那国島は台湾まで約100㎞の近さにあります。沖縄県全体では、大小約360の島がありそれぞれ自然・伝統・文化が独自のものを持っています。気候・天候も島により違います。

map_detail
  沖縄行くならオリオンツアーの沖縄ツアー オススメの沖縄ツアーサイト  
     
  沖縄ツアー特集   八重山諸島  
  ▲沖縄ツアー特集
沖縄本島/宮古島/久米島/石垣島など多彩なツアーをラインナップ
  ▲島それぞれに個性が溢れる八重山諸島特集
竹富島/小浜島/西表島/与那国島へ行こう
 
         
  直行便で行く沖縄離島   早得60  
  ▲直行便で行く沖縄離島
らくらく直行便で宮古島・石垣島へひとっ飛び
  ▲早期予約が断然お得♪5月出発まで設定あり!
60日前までのお申込みでお得な早得プラン
 
         
  しまりずむキャンペーン   ホテル値下げ特集  
  ▲JALしまりずむキャンペーン対象コース
体験・食事・ショッピングに使えるお得なクーポン付き
  ▲人気ホテル直前値下げ特集
出発間際の設定だからおトク!先ずはココをチェック!
 
         
  チョイスプラン   ダイビング特集  
  ▲ホテルチョイスプラン
リーズナブルクラスからリゾートホテルまで1泊づつ組み合わせOK!
  ▲沖縄ダイビング特集
ファンダイビングからライセンス取得コースまで充実のラインナップ!
 

沖縄旅行 12月の沖縄の気候と服装と持ち物TOPへ