【東京発】沖縄本島南部(糸満・豊見城・南城)の人気観光ツアーなら格安国内旅行のオリオンツアー 24時間オンライン予約可能

出発地 出発地を選択
東京発 東京発
  • 北海道
  • 東北
  • 関東
  • 甲信越
  • 北陸
  • 東海
  • 関西
  • 中国
  • 四国
  • 九州
  • 沖縄
絶景スポットや手付かずの自然が残る南部地域。歴史や文化、自然を体感できる「おきなわワールド」や、パワースポットとして有名な世界遺産の斎場御嶽(せーふぁうたき)、平和への願いが込められた、ひめゆりの塔・平和祈念公園など、見所いっぱいのエリア。
  • オプションでレンタカー予約も可能

2つのツアーの違いを比較!

旅行代金
固定型ツアー
旅行代金
変動型ツアー
ツアーの特長 日程限定&フライト限定のため、その分旅行代金を大幅値下げしたツアー フライトの自由度が高く、空席状況に応じて旅行代金が変動するツアー
旅行代金のおトク度 とにかく安く行きたい方におすすめ 予約のタイミングによっては格安になることも
設定期間(出発日) 日程限定のため希望日に出発設定が無いことも(概ね60日先まで予約可能) 180日先まで全日出発設定あり
予約の取りやすさ 席数限定のため人気日程は早めに満席になることも 固定型ツアーが満席の場合でも予約可能なケースあり
フライト選択 JAL便利用、当社指定の便限定(原則往路羽田発朝便、復路新千歳発夜便)。 JAL便利用、ツアー設定複数便の中から自由に選択可能
空港集合の有無 あり
搭乗時間の1時間前に弊社指定カウンターにて集合・受付
なし
搭乗時間に合わせて各自ご搭乗
JALマイル フライトマイルの50%
事前座席指定 当日空港でのご案内
※可能な限り同行者様お隣での座席を配慮しますが、混雑便の場合、席が離れる場合もございます。
予約完了の1時間後から可能
キャンセル規定 出発の21日前まで無料 お支払い完了時点から発生

東京発沖縄本島南部おすすめツアー
【航空券+宿泊ダイナミックパッケージ】

東京発沖縄本島南部おすすめツアー
【現地交通・体験などセットプラン】

沖縄本島南部の地図とホテルから探す

沖縄本島南部のホテル一覧を見る

特集&キャンペーン

沖縄本島南部の観光スポット情報

  • 瀬長島
    豊見城
    瀬長島
    那覇空港の南にある海中道路で結ばれている島です。豊見城発祥の地と伝えられており、また、恋の島として今も昔も市内外から多くの人が訪れる島でもあります。 離発着する飛行機の航路下に島が位置していることから、頭上に大迫力の機体を間近に見ることができ、夕日・夜景も絶景な県内有数の景勝地です。
    住所
    沖縄県豊見城市字瀬長
    アクセス
    那覇空港から車で10分
  • ガンガラーの谷
    南城
    ガンガラーの谷
    ガンガラーの谷は、数十万年前までは鍾乳洞だった場所が崩れてできた、手つかずの自然が残る亜熱帯の森。約1万8000年前に生きていた「港川人」の居住区としての可能性も高く、今も発掘調査が行われ、「自然」や「命」に思いを巡らせながら体感していただくことをコンセプトにしています。谷の広さは約14500坪、歩行距離は約1㎞。足を踏み入れて初めて分かる、広大な太古の世界が広がっています。
    住所
    南城市玉城字前川202番地
    アクセス
    那覇空港から車で30分
  • 玉泉洞
    南城
    玉泉洞
    玉泉洞は、我々ホモサピエンスがアフリカで誕生するはるか昔、30万年という気の遠くなるような自然の営みが創り上げた鍾乳洞です。1967年3月、沖縄がアメリカ統治にあった頃、愛媛大学学術探検部の調査隊山内浩教授によって玉泉洞の最初の探検・調査が行われ、その全貌が明らかにされました。鍾乳石の数は100万本以上で国内最多、全長は5000メートルで国内最大級といわれる天然記念物の玉泉洞は、有名な観光鍾乳洞となりました。
    住所
    南城市玉城字前川1336番地
    アクセス
    那覇空港から車で30分
  • 斎場御嶽
    南城
    斎場御嶽
    沖縄には「御嶽(うたき)」と呼ばれ、信仰を集める聖地が多く点在していますが、斎場御嶽は琉球の創世神話に登場する7御嶽の中でも、最も格の高い琉球王国最高の聖地とされ、国家的な祭事が行われてきた場所であり、2000年に世界遺産に登録され、国の史跡、沖縄県指定名勝にも指定されています。2枚の巨岩のすき間が三角状の洞門になっていて、その向こうには久高島が望めます。手つかずの自然により、厳かで神秘的な雰囲気に満ちている沖縄随一のパワースポットとしても人気です。
    住所
    沖縄県南城市知念字久手堅地内
    アクセス
    那覇空港から車で50分
  • おきなわワールド
    南城
    おきなわワールド
    沖縄の自然、芸能、文化をまるごと体験できる観光施設。約30万年前の珊瑚礁からできたといわれる鍾乳洞「玉泉洞」、国指定有形文化財に認定された美しい町並みの「琉球王国城下町」、各種工芸体験、沖縄に棲む毒蛇・ハブをテーマにした「ハブ博物公園」、100種類・450本の熱帯果樹園「熱帯フルーツ園」などが楽しめる。民俗芸能の魅力がつまった「スーパーエイサー」も連日公演されている。
    住所
    南城市玉城字前川1336
    アクセス
    那覇空港から車で30分
  • ひめゆりの塔
    糸満
    ひめゆりの塔
    「ひめゆりの塔」は沖縄戦で亡くなったひめゆり学徒のための慰霊碑。米軍の攻撃によりたくさんの生徒が亡くなった伊原第三外科壕のそばに建てられた。併設のひめゆり平和祈念資料館は沖縄戦でのひめゆり学徒隊の体験を伝える資料館。生存者の映像や手記、壕の実物大模型などを通して戦場の様子を知ることができる。
    住所
    沖縄県糸満市伊原671-1
    アクセス
    那覇空港から車で30分
  • 平和祈念公園
    糸満
    平和祈念公園
    第二次世界大戦最後の地上戦の舞台であり、沖縄戦最大の激戦地となった糸満市摩文仁の丘に整備された美しい公園。青い海を望み、悲しい歴史を慰めるように、美しい花と緑に彩られた広大な園内には、「鎮魂、祈り、平和」をテーマに、墓苑や慰霊塔・碑をはじめ、沖縄戦の資料を展示する資料館や祈念堂、広場などが点在しており、平和への願いがあふれる祈りの場所となっています。
    住所
    沖縄県糸満市字摩文仁444番地
    アクセス
    那覇空港から車で35分
  • ニライカナイ橋
    南城
    ニライカナイ橋
    「ニライ橋」と「カナイ橋」という名前の2つの橋があり、それを合わせてニライカナイ橋と呼ぶ全長約1,200mの長い橋。遥か遠くにある理想郷といわれるニライ・カナイが語源になっており、知念岬や遠くにはコバルトブルーの海に浮かぶ神の島・久高島をのぞむことができる大パノラマは、絶景ドライブビューポイントです。
    住所
    沖縄県南城市知念知念
    アクセス
    那覇空港から車で45分
  • 知念岬公園
    南城
    知念岬公園
    海にせり出したような岬に佇む公園からは、コバルトブルーの太平洋が一望でき、琉球を作った神・アマミキヨが降り立ったという伝説が残る神の島「久高島」を晴れた日には見ることができるます。園内には赤瓦屋根の東屋や遊歩道があり、心地よい海風にふかれながらの散策もおすすめ。朝は日の出のスポットとして、夜には満天の星空観賞スポットとして人気です。
    住所
    沖縄県南城市知念久手堅
    アクセス
    那覇空港から車で50分

沖縄本島南部のアクセス・移動手段

那覇空港からの移動手段
糸満・・・車で約30分
豊見城・・・車で約15分
南城・・・車で約35分

沖縄本島南部旅行 旅のお役立ち情報

沖縄観光情報WEBサイト!「おきなわ物語!沖縄の旅をもっと楽しく!」
沖縄の観光地・イベント・グルメ・フォトスポットなどが満載!沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)が運営するオフィシャルサイト!
おきなわ物語!沖縄の旅をもっと楽しく!
知っておきたい沖縄の気候と服装を紹介!
知っておきたい沖縄の気候と服装を紹介♪
沖縄の平均気温と服装をアドバイス「沖縄の気候と服装!」
沖縄のグルメ&郷土料理の紹介!
沖縄のグルメと郷土料理を紹介!
旅行前に知っておきたい「沖縄のグルメ&郷土料理!」
台風時の対応方法!
台風で旅行に行けなっかった場合のご案内!~ツアーキャンセル時の対応と次回予約割引制度~
台風の際の対応&次回予約割引制度「リベンジ旅行を応援します!」

沖縄本島南部旅行のFAQ

沖縄本島への旅行日数のおすすめは?
那覇空港からも近く、県内随一の繁華街として人気の国際通りがある那覇市内や神話や歴史の地として知られる南部エリアの観光だけなら2日間でも可能ですが、異国文化が色濃く根付きアメリカンムード満点の中部エリア、沖縄屈指の観光スポットである美ら海水族館や美しい自然が多く残る北部エリアなど、北の端から南の端まで魅力満載の沖縄本島を周遊する場合は最低でも3日間は必要です。また、沖縄にはビーチに面し、施設も充実する大型リゾートホテルが多く、ビーチやプールでゆったりとリゾートライフを楽しむのも沖縄旅行の醍醐味。その場合は、観光に要する日数、プラス1日の余裕をもって計画するといいでしょう。
沖縄の旅行費用の目安は?
沖縄の観光についての統計・調査資料によると、沖縄宿泊旅行の1人1回あたりの平均旅行費用は2泊3日で約7万円前後です。一般的な旅行費用の内訳は、交通費、宿泊費、現地滞在費の大きく3つに分けられますが、沖縄旅行については、飛行機での移動が中心となるので、交通費は一般的な国内宿泊旅行と比べて高くなる傾向があります。また、沖縄には宿泊特化型ホテル、シティホテル、リゾートホテルなど、さまざまなホテルがあり、目的に応じて費用がさらに上昇することもあります。ただし、沖縄旅行の費用は訪れる時期によって大きく異なります。夏休みや会社の夏季休暇などを利用する観光客が最も多い8月は、旅費が最も高くなります。一方で、海でのアクティビティにはまだ早い1月の冬休み明けから2月初旬や、梅雨時期の5月下旬から6月中旬は、旅費を抑えることができます。また、航空券やホテルの早期予約も旅行費用を節約する方法です。近年、多くの航空会社やホテルがダイナミックプライシング(変動料金制)を導入しており、需要と供給に応じて価格が変動するため、航空機の空席率やホテルの空室率が少なくなるにつれて料金が上昇する傾向があります。そのため、早めの予約を行うことで費用を抑えることができます。目安としては、最も割引率が高いのは75日前の予約です。その後、55日前、45日前、28日前の予約といった区切りで、割引率は徐々に低下していきます。
沖縄のおすすめのアクティビティは?
青く透き通る沖縄の海は眺めるだけではもったいない!温暖な沖縄だからこそ、春や秋でもダイビングやシュノーケルなどで沖縄の海の美しさを体感するマリンアクティビティは大人気です。その中でも、神秘のブルー体験を気軽に体験できる、沖縄本島真栄田岬にある青の洞窟シュノーケリングはおすすめです。久米島では、見渡す限りコバルトブルーの海と大空が広がる砂浜だけの無人島・ハテの浜でのシュノーケル体験。宮古島では、神秘のパワースポットを目指し、秘境探検隊気分で楽しめる鍾乳洞探検ツアー。日本唯一の星空保護区に認定された石垣島では、海の上から星空を眺めるナイトクルーズプランも人気です。また、冬は冬で遭遇率98%の高確率を誇るザトウクジラのホエールウォッチングが楽しめます。
沖縄旅行のおすすめの観光地は?
沖縄旅行で一度は訪れたい観光地が美ら海水族館。サンゴ礁の浅瀬から神秘的な深海まで再現した世界最大級の水槽を持つ水族館です。16,000匹もの魚が泳ぐ世界最大級の水槽「黒潮の海」は、ジンベエザメやマンタ、小魚達の大群が大迫力の景色を作り出します。子どもに大人気のグッズショップもあり、家族みんなでお楽しみいただける観光スポットとしておすすめです。また、那覇市にある沖縄屈指の観光地「国際通り」もおすすめの一つです。那覇空港から約15分という立地で、アクセスの良さも人気の理由。那覇到着後の観光や、最終日のお買い物にもおすすめのスポットです。メインストリート定番の沖縄を楽しみ、一つ中の道に入るとディープな沖縄に出会える沖縄の魅力が詰まったスポット。国際通り屋台村をはじめグルメも充実し、一日中楽しめます。
沖縄旅行のおすすめのグルメは?
本島南部には南国の島らしいオーシャンビューの大パノラマが目の前に広がる海カフェから、自然豊かな緑に囲まれて過ごす森カフェと、SNSにアップしたくなるオシャレなカフェがたくさんあります。自然に溶け込むように建つカフェでのランチやティータイムは沖縄ならでは。事前に行きたいお店へのアクセス等をしっかり調べておきましょう。
沖縄の気候は?
沖縄の気候は、本州とは大きく異なり、1年を通して温暖なすごしやすい気候ですが、それぞれ季節に特色があります。1年で最も寒いのは12~2月です。北風が吹く日が続いたり、小雨が降れば体感温度は実際の表示温度よりも肌寒く感じられます。3月になると気温も上がり、北風から南寄りの風に変わるとともに、日差しも強まります。例年、ゴールデンウイークを過ぎると梅雨入りし、期間中は1日の中でも雨がシトシトと降り続くというわけではなく、降ったり、やんだり、晴れたりと天気が変わりやすいです。6月下旬頃に梅雨明けし、その後は気温がグッと上がり、本格的な夏日が続きます。1年の中でも最も紫外線が強い7~9月は、直射日光が肌に突き刺すようで痛いと感じるほど。紫外線対策、熱中症対策を適切に行ってください。台風がなければ天候は安定していますが、7月~10月は台風が近づきやすくなります。勢力が強いまま接近し、動きが遅く長期間台風の影響がでることもあるので天気予報をこまめにチェックし注意が必要です。
沖縄旅行に適した服装は?
沖縄の気候は、本州とは大きく異なり。1年を通して温暖な気候ですが、それぞれ季節に特色があります。1年中で最も寒いのは12~2月です。コートや厚手のジャケットが活躍する場面も多く、昼夜の気温差もあるので体調管理には注意が必要です。逆に、本格的な夏の到来となり、最も暑くなるのは7~9月。紫外線は本州の約5倍とも言われ、照りつける日差しは痛いほどです。日焼け対策はもちろん、帽子やサングラス、日傘も重要なアイテムです。とはいえ、室内は冷房が効いているので、長袖の羽織があると便利です。そして、1年でいちばん過ごしやすいのは、日差しもやわらぎ、半袖でも快適な日が多い、3月下旬~5月上旬と10~11月。5月中旬から6月は本格的な梅雨シーズンとなり、雨の日が多くなるので傘は必須。服装は半袖&サンダルの夏モードでOKです。
沖縄旅行に必要な持ち物は?
健康保険証や必要な方は常備薬、メガネやコンタクトレンズのほか、レンタカーを使用する方は運転免許証など現地調達ができなかったり、難しいものは荷造りの最後に改めて確認することが大切です。旅行先の素晴らしい瞬間を写真や動画に残したり、お店や観光情報の収集、地図アプリの活用など、利用シーンの多い携帯電話やスマートフォンも旅行時の必需品です。使用する頻度が高いので、充電器も忘れずに持っていきましょう。また、日常的にキャッシュレス決済を使用している方は、お店によっては利用できない場合も多くありますので、柔軟に対応できるよう現金も用意しておきましょう。航空券は多くの航空会社でスマートフォンでチェックインできますが、予備として印刷して紙でも持っておくことで、スマートフォンの充電がなくなった時でも対応できます。
その他のエリアをみる
北海道東北北陸東海関西(近畿)中国四国九州 沖縄
旅行業公正取引協議会 jata
トップへ戻る