沖縄旅行 9月の沖縄の気候と服装と持ち物|オリオンツアー

沖縄の平均気温と降水量沖縄気候トピックスシーズン別の気候とおすすめの服装

シーズン別の気候とおすすめの服装 シーズン別の気候とおすすめの服装

沖縄の気候は、本州とはガラリと変わります。1年を通してすごしやすい気候ですが、それぞれ季節に特色があります。どんな服装で過ごしたらいいの?旅支度のご参考に!

9月の沖縄の過ごし方の特徴

9月の沖縄の過ごし方の特徴

7・8月に比べれば過ごしやすさを感じるようになりますが、それでも9月の沖縄はまだまだ暑く、しかも台風の影響もあり蒸し暑さが続きます。 そんな中で足を運びたいのは海!という気持もあるかと思われますが、台風の影響で思うように海に出れない場合もあります。スキューバダイビングも海の中が濁っていれば満足度が低下してしまいますよね。そんな時のために陸地の観光も考えておきましょう。 その一つの候補になるのが首里城公園で行われる「中秋の宴」です。琉球王朝時代に行われていた秋の宴を再現した行事で、ライトアップされた首里城正殿は何とも幻想的に見えます。また、舞台では琉球舞踊や組踊などの古典芸能が繰り広げられ、それらを盛り上げる音楽は全て生演奏で行われますので迫力があります。 ちょっとディープな沖縄を満喫したい方にオススメのイベントですね。

9月の沖縄の天気・気候

9月の沖縄の天気・気候

沖縄の9月は一年間で最も降水量が多くなります。これは台風の影響があるためで、9月下旬に入るまでは気温も高めに推移しますので蒸し暑さが感じられます。統計情報では平均気温は27.6度、最高気温の平均が30.4度となっており、湿度が高めであることから日中の外出は少々厳しさを感じる日があるかもしれません。シルバーウィークに差し掛かるころになると、ようやく過ごしやすさを感じるようになり、10月にかけて天候が安定しやすくなります。 本州でも9月は気候が移り変わりやすいように、沖縄でも同様です。シルバーウィークが一つのポイントになりますが、これに台風が加わりますので不安定な部分もあります。雨は夏場よりも冷たく感じられるようになってきます。一雨ごとに涼しくなってくるようなイメージですから、朝晩の冷えには注意しておきましょう。

9月の沖縄の天気・気候にあった服装

9月の沖縄の天気・気候にあった服装

9月上旬は真夏とも言える気候ですから、夏の装いで問題ありません。Tシャツと短パンで十分に過ごせます。7・8月と同様にサングラスや帽子、日傘などの日焼け対策をしっかりと行うことが必要でしょう。特に女性のかたは日焼け止めクリームも用意しましょう。 一方で、10月が近づくに連れて寒くなることに注意しましょう。冷房対策の面でも必要ですが、次第に寒くなりますので下旬に訪れる場合は長袖は用意しておきたいところですね。足元が冷えがちな方は靴下も合った方が良いかもしれませんね。 また、この時期は雨が多いということも考えて対策をしておきたいところで、雨に濡れても良いように防水機能がある薄手のジャンパーなどがあるとお出かけの際に重宝するかもしれません。移り変わりが激しい天候の9月だけに、台風を加味して色々なケースを想定しておけば沖縄の9月を満喫できるでしょう。

沖縄気候

沖縄気候

沖縄は亜熱帯気候の高温多湿で年間の降雨量も200ミリを超えます。
夏には日差しも強く南国特有の気候を満喫できます。周りを海で囲まれていることもあり夏でも
最高気温が35℃を超える猛暑日が少なく、日陰に入れば心地よい風が吹いてきます。
また、冬は10℃を下回る事がないため過ごしやすく温暖な沖縄が満喫できます。
旅行するシーズンによっていろいろな沖縄の一面が楽しめます。

沖縄の紫外線

沖縄の紫外線

沖縄の太陽光線は、他県から比べるとかなり強くて、紫外線の照射量も気にしないといけません。
薄曇りでも安心しないで紫外線対策が必要です。
効果の高い日焼け止めをまめに塗る事で、日焼けを防ぐようにしましょう。
泳ぐ際Tシャツやラッシュガードを着るのもオススメです。

沖縄台風

9月の沖縄の台風情報

9月は8月ほどではありませんが、台風が来ることを想定しておく必要があるでしょう。8月に続いて年間でも2番目に台風が多い季節です。
通り道はいくらか東寄りになりますので、被害は少なくなりがちですが油断はできません。
沖縄に向かってくることを意識して備えをしておくのが無難でしょう。
過去の統計を見ると9月の台風は1.7個となっていますので、上陸する数は少ないものの、暴風圏内、強風圏内に入ることも多くあります。
また、沖縄付近で進路を変更することも多くあり、その時に速度が遅くなりやすいため受ける影響が大きくなりがちです。
本州で経験がある方も、沖縄にやってくる台風は規模が違いますので驚くかもしれませんが、備えをしておけば安心ですね。
基本的に滞在中に台風による影響が出る場合はホテルから出ないようにし、室内で過ごせるような工夫をしておきましょう。



沖縄旅行を計画する時に台風を心配する方も多いでしょう!
いつ来るか正確な予想は不可能に近いです。
台風の時期を考えなかったためにせっかくの沖縄旅行が残念な結末を迎えるのはさけたいですね。
そこで以下の表は過去のデータを基にデータをまとめてみました。

沖縄・奄美への台風接近数
台風の中心が鹿児島県の奄美地方、沖縄県のいずれかの気象官署から300㎞以内に入った場合を
「沖縄・奄美に接近した台風」としてます。 ※接近は2か月にまたがる場合があり、各月の接近数の合計と年間の接近数とは必ずしも一致しません。

5月 6月 7月 8月 9月 10月
2018 2 4 4 2 1
2017 3 1 2 2
2016 1 1 4 1
2015 1 2 2 1
2014 2 3 2 2 2
2013 1 1 2 1 4
※気象庁ホームページより

沖縄の島々

沖縄までの距離は東京から沖縄本島まで約1,600㎞。さらに宮古諸島は沖縄本島から約300㎞、八重山諸島は沖縄本島から約400㎞~500㎞離れています。八重山諸島にある日本最西端の与那国島は台湾まで約100㎞の近さにあります。沖縄県全体では、大小約360の島がありそれぞれ自然・伝統・文化が独自のものを持っています。気候・天候も島により違います。

map_detail
  沖縄行くならオリオンツアーの沖縄ツアー お薦めの沖縄ツアーサイト  
     
  レイトサマーセール   オリオン感謝祭inやんばる  
  ▲レイトサマーセール
南の島はまだまだ夏!沖縄本島&離島値下げしました!
  ▲オリオン感謝祭inやんばる
今回の舞台はオクマプライベートビーチ&リゾート
 
         
  沖縄ツアー特集   チョイスプラン  
  ▲沖縄ツアー特集
沖縄本島/宮古島/久米島/石垣島など多彩なツアーをラインナップ
  ▲アレンジ自在!1泊づつホテルの選択可
沖縄本島/久米島/宮古島/石垣島へ行こう
 
         
  直行便で行く沖縄離島   早割60  
  ▲直行便で行く沖縄離島
らくらく直行便で宮古島・石垣島へひとっ飛び
  ▲早期予約が断然お得♪11月出発まで設定あり!
60日前までのお申込みでお得な早得プラン
 
         
  屋内プール   屋外プール  
  ▲屋内プール完備のホテル特集
強い日差しや急な悪天候でも大丈夫!
  ▲屋外プール完備のホテル特集
海だけじゃない!リゾートの醍醐味はプールにあり!
 
           

沖縄旅行 9月の沖縄の気候と服装と持ち物TOPへ