沖縄旅行 2月の沖縄の気候と服装と持ち物|オリオンツアー

沖縄の平均気温と降水量沖縄気候トピックスシーズン別の気候とおすすめの服装

シーズン別の気候とおすすめの服装 シーズン別の気候とおすすめの服装

沖縄の気候は、本州とはガラリと変わります。1年を通してすごしやすい気候ですが、それぞれ季節に特色があります。どんな服装で過ごしたらいいの?旅支度のご参考に!

2月の沖縄の過ごし方の特徴

2月の沖縄の過ごし方の特徴

2月になると一年を通してもっとも寒い時期入る沖縄。肌寒さを感じる日が少なくありません。また、小雨が降る日も多く、そんな中で北風が吹けば体感温度はグッと寒く感じることでしょう。 しかし、2月の沖縄は見どころがたくさんあります。本州では考えられないのが桜の見頃を迎えること。本部町の八重岳、名護城跡などは2月前半に緋寒桜のシーズンとなり、その色は本州とは異なり、梅の花のように濃いピンク色。一味違う桜を満喫しましょう。 また、冬場の新名物として注目されているのがホエールウォッチングで、ケラマ諸島の周辺海域ではザトウクジラが親子で回遊しているところを見られるチャンスです。ダイビング中に間近で見られる可能性もありますので、暖かい日を狙ってダイビングするのも良いかもしれませんね。また、冬場の海の楽しみ方は他にもあります。北風が強く波が高くなるため漂着物が多くなりやすい傾向にあり、砂浜を歩くとサンゴが打ち上げられている場合もあります。自宅に持ち帰り、綺麗に洗えばちょっとした置物にもなりますし、沖縄のホテルや飲食店で使われているように、サンゴの箸置きなんてのもオシャレですよね。 このシーズンはプロ野球の春季キャンプシーズンでもあります。選手や報道陣で賑わう季節、思わぬ有名選手、芸能人に出会えるかもしれませんね。

2月の沖縄の天気・気候

2月の沖縄の天気・気候

2月の沖縄は特に前半に肌寒さが感じられます。統計情報によると、平均気温は17度程度、最高気温は20度弱で1月と変わらず、また最低気温も15度を若干下回るほどでこれも1月と同様です。ただ、若干ですが降水量は1月よりも多くなり、小雨が多くなる傾向にありますので寒さが感じられるでしょう。日中はそれほど寒くなくても、夜になれば一気に冷え込んでしまう場合も考えられますので長い時間出かける場合においては暑さ対策と寒さ対策の両方をしておく必要も考えられます。出かける際は必ずコートなどを持っていくようにしたいところで、南国のイメージをそのままに、何も防寒対策をせずに出かけることは避けておいた方がよさそうです。晴れた日は Tシャツに短パンという夏らしい恰好で出かけられるほど暖かいのですが、時折吹く北風は侮ってはいけません。 ただ、前述したように花見シーズンを迎えるほど気候的には暖かくなってくる時期ですから、2月前半以降は極端に身構える必要もないかもしれません。 2月前半の天候はグズついた曇り空が多い傾向にありますが、次第に晴れ間が多くみられる日が続くようになり、安定した天候の中で快適な観光を楽しめるかもしれません。

2月の沖縄の天気・気候にあった服装

2月の沖縄の天気・気候にあった服装

1年の中で最も気温の差が激しいともいえる沖縄の2月は服装にも注意が必要です。晴れるようであれば日中は暑くなり、Tシャツ 1枚で過ごすことも十分可能です。温かいと感じやすい気候ですし、人によっては暑いと感じる場合もあるかもしれません。その一方で、朝晩はとても冷え込みますし、曇天や雨の日は肌寒さを感じますので防寒対策が必要になります。暑さや寒さというのは個人差が現れやすいですが、海に入らずともビーチに出かけるというのであれば、風を通しにくい上着は必需品といえるでしょう。 ただ、この暑さや寒さの感じ方は、訪れる人が何処から来たのかということでも大きく変わってくるもので、どのような服装がよいのかというのは感覚が分かれるところです。比較的寒い地方に住んでいる方にとっては、沖縄の冬は非常に暑く感じられるかもしれませんし、温暖な地域に住んでいる方にとっては沖縄といえども寒いと感じられるでしょう。そのため、気温を重視して朝晩は15度を下回り、日中は20度近くにまで上がるということを目安にして、自分の肌感覚で服装を選ぶと間違いないかもしれませんね。 2月は比較的観光客が少なく、ホテルも予約を取りやすい、また割安で宿泊できるチャンスでもあります。台風も関係のないこの時期を狙って沖縄旅行に出かけるのは満足度が高い旅になるかもしれません。

沖縄気候

沖縄気候

沖縄は亜熱帯気候の高温多湿で年間の降雨量も200ミリを超えます。
夏には日差しも強く南国特有の気候を満喫できます。周りを海で囲まれていることもあり夏でも
最高気温が35℃を超える猛暑日が少なく、日陰に入れば心地よい風が吹いてきます。
また、冬は10℃を下回る事がないため過ごしやすく温暖な沖縄が満喫できます。
旅行するシーズンによっていろいろな沖縄の一面が楽しめます。

沖縄の紫外線

沖縄の紫外線

沖縄の太陽光線は、他県から比べるとかなり強くて、紫外線の照射量も気にしないといけません。
薄曇りでも安心しないで紫外線対策が必要です。
効果の高い日焼け止めをまめに塗る事で、日焼けを防ぐようにしましょう。
泳ぐ際Tシャツやラッシュガードを着るのもオススメです。

沖縄台風

沖縄旅行を計画する時に台風を心配する方も多いでしょう!
いつ来るか正確な予想は不可能に近いです。
台風の時期を考えなかったためにせっかくの沖縄旅行が残念な結末を迎えるのはさけたいですね。
そこで以下の表は過去のデータを基にデータをまとめてみました。

沖縄への台風接近数
台風の中心が沖縄県の気象官署から300㎞以内に入った場合を「沖縄地方に接近した台風」としてます。
※接近は2か月にまたがる場合があり、各月の接近数の合計と年間の接近数とは必ずしも一致しません。

5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月
2019 1 1 3 2 1
2018 2 3 4 2 1 1
2017 3 1 1 2
2016 1 1 4 1
2015 1 2 2 1
2014 2 3 2 2 2
※気象庁ホームページより

沖縄の島々

沖縄までの距離は東京から沖縄本島まで約1,600㎞。さらに宮古諸島は沖縄本島から約300㎞、八重山諸島は沖縄本島から約400㎞~500㎞離れています。八重山諸島にある日本最西端の与那国島は台湾まで約100㎞の近さにあります。沖縄県全体では、大小約360の島がありそれぞれ自然・伝統・文化が独自のものを持っています。気候・天候も島により違います。

map_detail
  沖縄行くならオリオンツアーの沖縄ツアー オススメの沖縄ツアーサイト  
     
  沖縄ツアー特集   八重山諸島  
  ▲沖縄ツアー特集
沖縄本島/宮古島/久米島/石垣島など多彩なツアーをラインナップ
  ▲島それぞれに個性が溢れる八重山諸島特集
竹富島/小浜島/西表島/与那国島へ行こう
 
         
  直行便で行く沖縄離島   早得60  
  ▲直行便で行く沖縄離島
らくらく直行便で宮古島・石垣島へひとっ飛び
  ▲早期予約が断然お得♪5月出発まで設定あり!
60日前までのお申込みでお得な早得プラン
 
         
  しまりずむキャンペーン   ホテル値下げ特集  
  ▲JALしまりずむキャンペーン対象コース
体験・食事・ショッピングに使えるお得なクーポン付き
  ▲人気ホテル直前値下げ特集
出発間際の設定だからおトク!先ずはココをチェック!
 
         
  春タビセール   ゴールデンウィーク特集  
  ▲春たびセール
3月出発まで値下げしました!
  ▲2019年ゴールデンウィーク特集
人気出発日のご予約はお早めに!
 
         
  チョイスプラン   ダイビング特集  
  ▲ホテルチョイスプラン
リーズナブルクラスからリゾートホテルまで1泊づつ組み合わせOK!
  ▲沖縄ダイビング特集
ファンダイビングからライセンス取得コースまで充実のラインナップ!
 

沖縄旅行 2月の沖縄の気候と服装と持ち物TOPへ