沖縄本島の人気アクティビティ・体験ツアーがお得!子供や雨の日向けもおすすめ!

沖縄本島旅行 アクティビティ・体験ツアー付き

Have a Nice Trip!

今、沖縄本島でしたいこと

Okinawa Island

Feature

アクティビティ・体験ツアーの魅力

  • 沖縄に行ったら、なにして遊ぶ?
    素敵な体験で記憶に残る最高の旅に!

    旅先で「物」を買うというよりは、形のない体験から価値を見出して、一緒に行く仲間や家族と「共通体験」を得るというのが最近の旅行トレンド。特に、日常とは違う旅行先でなければ経験できないような特別な体験に魅力を感じる方も多いのでは。国際通り、琉球王国の歴史と北部やんばるエリアの世界遺産に美ら海水族館など、沖縄本島には人気の観光地がたくさんあり、それらをガイドブックやインターネットから得た情報をもとに、レンタカーで駆け足にめぐるのも楽しいけれど、1日くらいは、時間に余裕を持って、体験メニューに参加したら、もっと特別な思い出ができるはず。オリオンツアーでは、そんな体験欲や経験欲を刺激する人気体験ツアーを、航空券+ホテルがセットになったフリープランに組み込んで豊富にご用意しております。

  • こどもたちの好奇心を刺激する!
    家族旅行は「旅育」体験がトレンド!?

    「旅行ついでに自由研究も済ませた。」ということは以前からよくあるはなし。でも、近年、旅行は自由研究だけではなく、子供の成長にも大きくつながると話題になっているのをご存じですか?こどもにとって、旅は非日常の中での初めての体験や発見の連続で、大人が感じる以上に刺激的な経験となります。そのように、旅先で得られる経験を通じて、知識や興味、価値観が広げて、人間性の成長を促していくことを「旅育(たびいく)」といい注目されています。沖縄本島には、マリンアクティビティから自然体験に文化体験、クルーズ乗船など人気の体験アクティビティが盛りだくさん。海、山、食、そして人。こどもが、「これが好きだな」と興味を示す新たな一面を見つけられる、想い出深い旅にきっとなるはずです。

  • 相手は自然、あなどるなかれ!
    安全に楽しむならツアーに参加しよう。

    沖縄の青く透き通る海は眺めるだけじゃもったいない!海で遊んでこそ、美ら海と呼ばれる本当の魅力を体感できます。特に、ダイビングのような資格がなくても楽しめるシュノーケリングは、小さなお子様から年配の方でも気軽に楽しめるため、沖縄ではもっとも人気のマリンアクティビティ。とはいえ、美しく穏やかに見える沖縄の海にも、見落としされがちな危険も潜んでおり、沖縄での海難事故の多くがシュノーケリング中に起こっているのも事実です。ツアーに参加することで、インストラクターによる道具の正しい使い方などのレッスンやサポートもあり、安全に楽しむことができます。シュノーケリングだけではなく、その他の体験ツアーについても、ガイドがいることで、自分たちだけでは気づかない沖縄の魅力を教えてもらえたりと楽しさも倍増。事故を未然に防いで、沖縄の旅を安全に堪能しましょう。

人気体験メニューのおすすめポイント

  • シュノーケリング

    初心者・お子様でも安心!

    安全に楽しむならツアー参加が断然おすすめ。浅瀬のレッスン付だから泳げない方でもOK。インストラクター同行でサポートしてくれるから初心者やお子様でも安心です。

  • ガイドツアー

    地元の方との交流も!

    ガイドブックにはない島の情報を知り尽くした地元ガイドによる、バスツアーやネイチャーツアーなどをご用意。方言がここちいい地元の人との交流も記憶に残る想い出に。

  • グルメツアー

    雨の日でも楽しめる!

    室内の体験メニューなら天候に左右されずに楽しめる。船底から海中世界を楽しめるグラスボートや海を見渡す屋根付テラスでバーベキューを楽しめるグルメツアーが人気。

  • マリンスポーツ

    一年中温暖な沖縄を満喫!

    エメラルドグリーンに輝く沖縄の海は眺めるだけじゃもったいない!季節を問わず温暖だから、パラセールや体験ダイビングなどのマリンスポーツを一年中楽しめます。

Recommend

往復航空券+宿泊がセットでお得!
体験メニュー付きツアー

体験メニューセットプラン

Information

沖縄本島ってどんな所?

南の端から北の端まで見どころ満載!
島時間に身も心も解きほぐされる魔法の島。

大きく5つのエリアに分かれ、南北に約120kmと意外と大きい沖縄本島。沖縄随一の繁華街と歴史・文化が共存する「那覇エリア」、沖縄の神話と歴史が織り成す原点「南部エリア」、アメリカの文化が色濃く根付く「中部エリア」、ホテルやビーチが並ぶ沖縄屈指のリゾート地「西海岸エリア」、亜熱帯林が広がるネイチャーゾーン「北部エリア」。春夏秋冬問わず一年中マリンアクティビティを楽しめるほか、本格的なリゾートホテルやお洒落なカフェも多く、日本にいながら南国リゾートを満喫することができます。

中核都市
沖縄県那覇市
行き方
周囲を海に囲まれた沖縄本島までの交通手段は、各地から陸路で鹿児島まで行き、そこからフェリーに乗り換えて目指す方法もありますが、やはり飛行機利用がメイン。沖縄の空の玄関口、那覇空港へは飛行機の路線がたくさんあり全国各地からアクセス可能です。また、JAL、ANAのほかに格安航空会社(LCC)も運航しているので、予算や運行状況に合わせて航空会社を選ぶこともできます。直行便も多く運航しておりますが、そのほかの場合、飛行機を乗り継いで那覇空港に行くこととなります。同じ空港内での国内線への乗り継ぎ(JALグループ便同士の場合)は、通常20分以上(羽田では25分以上)の乗り継ぎ時間が必要となりますので、ご注意ください。
その他
オリオンツアーなら沖縄ツアーや旅行情報が充実!
>沖縄ツアー特集はコチラ

FAQ

よくあるご質問

  • シュノーケリングができる時期はいつですか?

    亜熱帯海洋性気候に属する沖縄は、一年を通して暖かい気候で、もっとも寒い1~2月でも平均気温は16℃程度と東京に比べたら気温は高く、海水温も年間通して20℃以上なので、一年中シュノーケリングを楽しむことができます。それでも心配な方は、ウェットスーツやドライスーツのレンタルができるショップも多いので、相談してみてください。特に冬の海は一年で最も透明度が高く、また、観光客も少ないので、狙い目の時期でもあります。

  • 体験ツアーは一人でも参加できますか?

    オリオンツアーでは一人参加も可能な体験ツアーを多くご用意しておりますが、メニューによっては2名からの場合もございます。詳しくは各ツアーの詳細をご確認ください。

  • 体験ツアーの送迎はありますか?

    原則、送迎はございません。ただし、メニューによっては送迎ありの場合もございます。詳しくは各ツアーの詳細をご確認ください。

  • 体験ツアーのみの予約受付は可能ですか?

    当社主催パッケージツアーをご予約のお客様専用プランとなっており、体験ツアーのみの予約受付は行っておりません。

  • 沖縄旅行のおすすめの滞在日数は?

    那覇空港からも近く、県内随一の繁華街として人気の国際通りがある那覇市内や神話や歴史の地として知られる南部エリアの観光だけなら2日間でも可能ですが、異国文化が色濃く根付きアメリカンムード満点の中部エリア、沖縄屈指の観光スポットである美ら海水族館や美しい自然が多く残る北部エリアなど、北の端から南の端まで魅力満載の沖縄本島を周遊する場合は最低でも3日間は必要です。また、沖縄にはビーチに面し、施設も充実する大型リゾートホテルが多く、ビーチやプールでゆったりとリゾートライフを楽しむのも沖縄旅行の醍醐味。その場合は、観光に要する日数、プラス1日の余裕をもって計画するといいでしょう。

  • 沖縄旅行でのおすすめの移動手段は?

    沖縄本島では、那覇市街の一部区間のみモノレールが通っていますが、公共の交通手段としては路線バスが中心となります。那覇市内や那覇空港から主要なリゾートホテルの移動であれば、路線バスや空港リムジンバスでも問題なく移動できますが、エリアによっては本数が少なく、運行している区間も限られる場合もあるので、運行時間や接続などは事前に確認しておくのがおすすめです。路線バスは、地元の方々に密着したルートとなっているので、ビーチや観光スポットから離れている場合もあります。そのため、効率よく回るなら、行動範囲の自由度が高いレンタカーが1番人気!時期によっては、満車で借りられないということも多いので、早めの予約がおすすめです。また、近年は、レンタカーがなくても観光スポットを無駄なく回れる観光バスツアーも注目されています。

  • 沖縄旅行のおすすめのアクティビティは?

    青く透き通る沖縄の海は眺めるだけではもったいない!温暖な沖縄だからこそ、春や秋でもダイビングやシュノーケルなどで沖縄の海の美しさを体感するマリンアクティビティは大人気です。その中でも、神秘のブルー体験を気軽に体験できる、沖縄本島真栄田岬にある青の洞窟シュノーケリングはおすすめです。

  • 沖縄旅行に適した服装は?

    沖縄の気候は、本州とは大きく異なり。1年を通して温暖な気候ですが、それぞれ季節に特色があります。1年中で最も寒いのは12~2月です。コートや厚手のジャケットが活躍する場面も多く、昼夜の気温差もあるので体調管理には注意が必要です。逆に、本格的な夏の到来となり、最も暑くなるのは7~9月。紫外線は本州の約5倍とも言われ、照りつける日差しは痛いほどです。日焼け対策はもちろん、帽子やサングラス、日傘も重要なアイテムです。とはいえ、室内は冷房が効いているので、長袖の羽織があると便利です。そして、1年でいちばん過ごしやすいのは、日差しもやわらぎ、半袖でも快適な日が多い、3月下旬~5月上旬と10~11月。5月中旬から6月は本格的な梅雨シーズンとなり、雨の日が多くなるので傘は必須。服装は半袖&サンダルの夏モードでOKです。

  • 沖縄旅行に必要な持ち物は?

    健康保険証や必要な方は常備薬、メガネやコンタクトレンズのほか、レンタカーを使用する方は運転免許証など現地調達ができなかったり、難しいものは荷造りの最後に改めて確認することが大切です。旅行先の素晴らしい瞬間を写真や動画に残したり、お店や観光情報の収集、地図アプリの活用など、利用シーンの多い携帯電話やスマートフォンも旅行時の必需品です。使用する頻度が高いので、充電器も忘れずに持っていきましょう。また、日常的にキャッシュレス決済を使用している方は、お店によっては利用できない場合も多くありますので、柔軟に対応できるよう現金も用意しておきましょう。航空券は多くの航空会社でスマートフォンでチェックインできますが、予備として印刷して紙でも持っておくことで、スマートフォンの充電がなくなった時でも対応できます。