沖縄本島北部(名護・本部)の人気観光ツアーなら格安国内旅行のオリオンツアー 24時間オンライン予約可能

東京発

出発する地域を選択

  • 東京発
    [羽田空港]
  • 名古屋発
    [中部国際空港、小牧空港]
    静岡発
    [静岡空港]
  • 大阪発
    [伊丹空港、関西国際空港]
    神戸発
    [神戸空港]
  • 福岡発
    飛行機利用 [福岡空港、北九州空港]
    JR利用 [博多駅、小倉駅]
    船利用 [新門司港]
    鹿児島発
    船利用 [鹿児島本港]
東京発
沖縄本島北部旅行・ツアー
北部地域はその海のみならずやんばるの森が広がり、海と山の両方が観光できるエリア。特に北部エリアの中でも本部半島には人気観光スポットが多数存在。また、やんばるの森ではトレッキングなどで緑と触れ合うことができます。

新着!東京発 沖縄本島北部おすすめツアー情報

沖縄本島北部の地図とホテルから探す

沖縄本島北部のホテル一覧を見る
ザ・ブセナテラス マーカー
名護
ザ・ブセナテラス
交 通
那覇空港から車で約75分
ホテルリゾネックス名護 マーカー
名護
ホテルリゾネックス名護
交 通
那覇空港から車で約90分
沖縄サンコーストホテル マーカー
名護
沖縄サンコーストホテル
交 通
那覇空港から車で約90分
ホテルルートイン名護 マーカー
名護
ホテルルートイン名護
交 通
那覇空港より車で約100分
ホテルゆがふいんBISE マーカー
本部
ホテルゆがふいんBISE
交 通
那覇空港から車で約100分
本部グリーンパークホテル マーカー
本部
本部グリーンパークホテル
交 通
那覇空港から車で約110分
Four Season Resorts 古宇利島 マーカー
今帰仁
Four Season Resorts 古宇利島
交 通
那覇空港より車で約120分

特集&キャンペーン

沖縄本島北部の観光スポット情報

  • パイナップルパーク
    名護
    パイナップルパーク
    ナゴパイナップルパークは、自動で動くパイナップル号に乗って園内を見学できます。パイナップルの畑を眺めて散策ができたり、沖縄県産のパイナップルを使用した商品の試食・試飲ができたりと楽しい時間が過ごせます。
    住所
    名護市為又1195
    アクセス
    那覇空港から車で120分
  • 美ら海水族館
    本部
    美ら海水族館
    全長8.7mものジンベエザメやナンヨウマンタをはじめ、多種多彩な魚たちが泳ぐ大水槽。その感動的な光景が一望できる巨大アクリルパネルは、高さ8.2m、幅22.5m、厚さ60cmもあります。サメやエイ、そのほか黒潮の回遊魚にも手が届きそうな感動と興奮をお楽しみいただけます。また、沖縄美ら海水族館では、その世界最大級の水槽で、ジンベエザメの繁殖を目指した複数飼育を実現しました。未だ謎が多いジンベエザメの生態。沖縄美ら海水族館では、その解明に挑み、世界初の試みに挑戦します。
    住所
    国頭郡本部町字石川424番地
    アクセス
    那覇空港から車で120分
  • 瀬底ビーチ
    本部
    瀬底ビーチ
    沖縄本島の魅力の一つは、車で手間なく島へも行けること。その中でも海の透明度やビーチの白さが群を抜いているのが瀬底島のビーチです。沖縄本島と橋で結ばれ、豊かな自然に包まれた瀬底島。サンゴ礁の碧色の水面、夕日が美しい約800mの天然ビーチ。 モンガラやルリスズメダイなど熱帯の魚達が多く棲む海でスノーケルなどをお楽しみ下さい。
    住所
    国頭郡本部町字瀬底
    アクセス
    那覇空港から車で120分
  • 琉宮城蝶々園
    本部
    琉宮城蝶々園
    日本最大の蝶「オオゴマダラ」をいつでも見る事ができる。園内には随時2千~3千の蝶が飛び交い人々の目を楽しませている。ここの蝶は警戒心が非常に薄く、赤色や整髪料の香りに惹かれて人間の頭などにとまる光景もよく見られる。
    住所
    国頭郡本部町山川390-1
    アクセス
    那覇空港から車で120分
  • 今帰仁城跡
    今帰仁
    今帰仁城跡
    国指定の史跡であり、世界遺産「琉球王国のグスク及び関連遺産群」のひとつでもある今帰仁城跡(なきじんじょうあと)。曲線を描き全長1,500メートルも続く雄大な城壁の向こうにエメラルドグリーンの海を望む、標高約100メートルに位置した山城です。県内に現存するグスクの中でも保存状態が良く、平成18年には公益財団法人日本城郭協会により、日本100名城にも選定されました。
    住所
    国頭郡今帰仁村今泊5101
    アクセス
    那覇空港から車で110分
  • ハートロック(ティーヌ浜)
    今帰仁
    ハートロック(ティーヌ浜)
    沖縄版のアダムとイブに似た伝説が残ることから“恋島(くいじま)”とも呼ばれる古宇利島。この島で外せない人気観光スポットがティーヌ浜にある「ハートロック」。嵐が出演するJAL先得のCMで一気に有名になったところです。美しい海と空が織りなす浜辺に佇み、長年の波の浸食によりハート型に削られた2つの岩が寄り添っている光景はなんともロマンティック。
    住所
    国頭郡今帰仁村字古宇利
    アクセス
    那覇空港から車で110分
  • 古宇利島
    今帰仁
    古宇利島
    古宇利島は、沖縄本島北部にあるエメラルドグリーンの海に囲まれた小さな島です。2005年に隣の屋我地島との間に古宇利大橋が開通し、車で行ける離島となりました。橋を渡る際には、うちなーんちゅ(沖縄人)も絶賛するほど透明度が高い海の間を車で走り抜けることができ、その景色の素晴らしさからたくさんの観光客が訪れる島となっています。島の入り口にはすぐビーチがあり、シュノーケリングでサンゴ礁を覗いてみれば、岸からそう遠くない場所でも南国特有の鮮やかな魚たちを見ることができます。この本島有数の美しい海での海水浴はもちろんのこと、夕暮れには綺麗な夕日が、夜になれば満天の星空を臨むことができるのも古宇利島の魅力です。
    住所
    国頭郡今帰仁村字古宇利
    アクセス
    那覇空港から車で90分
  • 大石林山
    やんばる国立公園
    大石林山
    昔から聖なる地として伝えられてきた安須杜(アシムイ)と呼ばれる四連の岩山にある大石林山。辺戸岬から眺める険しい姿とは違って、一歩踏み入ると、そこは亜熱帯の自然と触れ合う楽園となっており、奇岩や巨石、亜熱帯の森、大パノラマなどさまざまな表情を見せる大石林山の2つの散策コースが琉球神話の杜に広がります。沖縄随一のパワースポットとしても知られており、子どもからご年配の方まで家族みんなが歩きやすいトレッキングコースとなっております。
    住所
    国頭村宜名真1241
    アクセス
    那覇空港から車で140分

沖縄本島北部のアクセス・移動手段

那覇空港からの移動手段
名護・・・車で約90分
本部・・・車で約75分
※沖縄自動車道・那覇空港自動車道(南風原道路)利用
那覇空港・・・リムジンバスで各ホテル約80~135分/2,200~2,500円/沖縄バス
※料金は変更になる場合があります。詳しくは各交通機関へお問合わせください。

沖縄本島北部旅行 旅のお役立ち情報

“笑う旅には福来たる”国内宿泊キャンペーン
“笑う旅には福来たる”国内宿泊キャンペーン
次回の宿泊を伴う旅行で使える『次回割クーポン1万円』を抽選でプレゼント!旅行が新しい様式に変わっても「旅はいつもみんなを笑顔にする!!」そんな願いを込めたキャンペーンです。
※次回割クーポンは期間中であれば「Go Toトラベルキャンペーン」との併用も可能です。
キャンペーンの詳細・応募方法はこちら
『新しい旅のエチケット』感染リスクを避けて安心で楽しい旅行
『新しい旅のエチケット』感染リスクを避けて安心で楽しい旅行
都道府県境をまたぐ移動自粛の全面解除を受け、国土交通省は6月19日、旅行者向けに新型コロナウイルスの感染防止のための注意事項をまとめた「新しい旅のエチケット」を公表しました。今後は感染リスクを避けながら安全に旅行していただくことが重要となります。
「新しい旅のエチケット」の詳細はこちら
JALグループの新型コロナウイルス感染症予防対策の取り組みについて
JALグループの新型コロナウイルス感染症予防対策の取り組みについて
JALグループはすべてのお客さまに安全・安心な空の旅をお届けするため、新型コロナウイルス感染症予防対策を講じています。
取り組みの詳細はこちら
150店舗以上で使えるオリジナル特典ブック「ちゅらナビ」をもれなくプレゼント
150店舗以上で使えるオリジナル特典ブック「ちゅらナビ」をもれなくプレゼント
150店舗以上で使える!沖縄クーポンブックプレゼント!!
配布期間:2020年10月1日(木)~2021年4月7日(水)(ご搭乗日)
対象路線:JAL・JTA対象便*ご搭乗のお客さま全員
*沖縄(那覇)・石垣・宮古到着便(JTA・RAC沖縄県内路線、JAC路線を除く)
クーポンが使える店舗検索はこちら
沖縄観光情報WEBサイト!「おきなわ物語!沖縄の旅をもっと楽しく!」
沖縄の観光地・イベント・グルメ・フォトスポットなどが満載!沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)が運営するオフィシャルサイト!
おきなわ物語!沖縄の旅をもっと楽しく!
知っておきたい沖縄の気候と服装を紹介!
知っておきたい沖縄の気候と服装を紹介♪
沖縄の平均気温と服装をアドバイス「沖縄の気候と服装!」
沖縄のグルメ&郷土料理の紹介!
沖縄のグルメと郷土料理を紹介!
旅行前に知っておきたい「沖縄のグルメ&郷土料理!」
台風時の対応方法!
台風で旅行に行けなっかった場合のご案内!~ツアーキャンセル時の対応と次回予約割引制度~
台風の際の対応&次回予約割引制度「リベンジ旅行を応援します!」

沖縄本島北部旅行のFAQ

2021年ゴールデンウィークの沖縄旅行でおすすめの日程は?
カレンダー通りであれば、前半の4月29日(木)はポツンと1日の休みとなり、そのあと5連休となります。そして、平日の4月30日(金)を休めば4月29日~5月5日が休みとなり7連休、5月6日(木)と5月7日(金)も休めば5月1日~5月9日が休みとなり9連休、さらにその平日3日間を休めるなら最大11連休も可能です。沖縄旅行の主流は4日間の旅程という例年の傾向から、5月1日(土)出発がピークとなり、次に5月2日(日)、4月30日(金)となります。航空券の価格も往路は5月1日(土)と5月2日(日)、復路は5月3日(月)~5月5日(水)が最も高くなり、次に5月2日(日)となるため、旅行代金も同様にピークに近いほど高価になります。だからこそ後半の平日を休めるのであれば、5月4日(水)~5月6日(木)出発は旅行代金が抑えられるおすすめの期間。ピークを上手にずらせば、安くお得に沖縄へ行くことができる日並びです。
沖縄本島への旅行日数のおすすめは?
那覇空港からも近く、県内随一の繁華街として人気の国際通りがある那覇市内や神話や歴史の地として知られる南部エリアの観光だけなら2日間でも可能ですが、異国文化が色濃く根付きアメリカンムード満点の中部エリア、沖縄屈指の観光スポットである美ら海水族館や美しい自然が多く残る北部エリアなど、北の端から南の端まで魅力満載の沖縄本島を周遊する場合は最低でも3日間は必要です。また、沖縄にはビーチに面し、施設も充実する大型リゾートホテルが多く、ビーチやプールでゆったりとリゾートライフを楽しむのも沖縄旅行の醍醐味。その場合は、観光に要する日数、プラス1日の余裕をもって計画するといいでしょう。
沖縄の旅行費用の目安は?
沖縄本島への一般的なツアー(航空券+ホテル)代金の一例として、羽田空港発着、往復JAL便利用、那覇市内エコノミークラスホテル2名1室利用、2泊3日の場合、大人1人あたり3万円台半ばが目安になります。年間で最も旅行代金が安くなる時期は、GW期間を除く4~5月、年末年始を除く12~1月となり、2万円台後半から3万円台前半で行くことができることもあります。この時期は、繁忙期には高くて泊まれないようなリゾートホテルもお安くなるので、おすすめです。沖縄の離島については、沖縄本島のツアーと比べると、久米島はほぼ同額、宮古島は2,000~6,000円増、石垣島は3,000~8,000円増が目安(エコノミークラスホテル利用の場合)となります。年末年始やお盆期間、直行便の利用や宿泊ホテルのランクによって旅行費用は上がります。
沖縄のおすすめのアクティビティは?
青く透き通る沖縄の海は眺めるだけではもったいない!温暖な沖縄だからこそ、春や秋でもダイビングやシュノーケルなどで沖縄の海の美しさを体感するマリンアクティビティは大人気です。その中でも、神秘のブルー体験を気軽に体験できる、沖縄本島真栄田岬にある青の洞窟シュノーケリングはおすすめです。久米島では、見渡す限りコバルトブルーの海と大空が広がる砂浜だけの無人島・ハテの浜でのシュノーケル体験。宮古島では、神秘のパワースポットを目指し、秘境探検隊気分で楽しめる鍾乳洞探検ツアー。日本唯一の星空保護区に認定された石垣島では、海の上から星空を眺めるナイトクルーズプランも人気です。また、冬は冬で遭遇率98%の高確率を誇るザトウクジラのホエールウォッチングが楽しめます。
沖縄旅行に適した服装は?
沖縄の気候は、本州とは大きく異なり。1年を通して温暖な気候ですが、それぞれ季節に特色があります。1年中で最も寒いのは12~2月です。コートや厚手のジャケットが活躍する場面も多く、昼夜の気温差もあるので体調管理には注意が必要です。逆に、本格的な夏の到来となり、最も暑くなるのは7~9月。紫外線は本州の約5倍とも言われ、照りつける日差しは痛いほどです。日焼け対策はもちろん、帽子やサングラス、日傘も重要なアイテムです。とはいえ、室内は冷房が効いているので、長袖の羽織があると便利です。そして、1年でいちばん過ごしやすいのは、日差しもやわらぎ、半袖でも快適な日が多い、3月下旬~5月上旬と10~11月。5月中旬から6月は本格的な梅雨シーズンとなり、雨の日が多くなるので傘は必須。服装は半袖&サンダルの夏モードでOKです。
その他のエリアをみる
北海道東北北陸関西(近畿)中国四国九州 沖縄
jata
トップへ戻る