早割でおトクな沖縄離島旅行特集(宮古島・石垣島) | 格安国内旅行ならオリオンツアー

早割でおトク!JALで行く!宮古島・石垣島ツアー

Feature

早めの予約でお得な旅へ!
早割プランの魅力

  • 60日前までの早期予約プラン!
    早めの予約で旅行費用を節約しよう。

    近年、多くの航空会社やホテルがダイナミックプライシング(変動料金制)を導入しており、需要と供給に応じて価格が変動するため、航空機の空席率やホテルの空室率が少なくなるにつれて料金が上昇する傾向があります。そのため、早めの予約を行うことで費用を抑えることができます。例えば、JAL国内線航空券の目安としては、最も割引率が高いのは75日前の予約です。その後、55日前、45日前、28日前の予約といった区切りで、割引率は徐々に低下していきます。オリオンツアーでは、ホテルも60日前までのご予約は早期割引料金が適用になるプランを多くご用意しておりますので、合わせてのご予約はさらにお得です。

  • 早割で行く沖縄旅行ポイント

    JAL(日本航空)グループ便確約!
    フルキャリアならではのおもてなし。

    快適におくつろぎいただける座席や清潔な機内など品質の高さ、空港スタッフや客室乗務員のお客さま一人一人に寄り添ったおもてなしも人気のJAL(日本航空)グループ便利用。価格重視のLCC(ローコストキャリア)とは違い、お一人様につき手荷物のお預けは20kgまで無料であり、機内Wi-Fiも無料で利用できるので、最大3時間超えとフライト距離の長い沖縄路線でも楽しく快適に過ごすことができます。また、ツアーご予約完了後よりJALホームページにて事前座席指定の手続きを行なえますので、小さいお子様連れでも安心です。(ご指定いただける座席数には限りがあります。詳しくはJALホームページにてご確認ください。)

  • 早割で行く沖縄旅行ポイント

    JAL利用ならお子さまもおトク!
    3~11歳は全コースで子供料金が適用。

    3~11歳のお子さまは全コースで子供料金が適用!JAL国内線航空券はツアー用の大人運賃(個人包括旅行運賃)より25%割引となるので、子供料金も予約が早ければ早いほどお得です。2歳以下のお子様は、航空座席を利用せず、大人のお膝の上にお座りいただき、宿泊は寝具を利用しなければ、ツアー料金は無料です。3~5歳のお子さまは、寝具を利用しなければ、往復航空券だけの子供料金よりもお得な添い寝料金があります。

早割プランのおすすめポイント

  • Point1

    早めに予約すると安くなる!

    JAL国内線航空券とホテルの早割料金を組み合わせることで、憧れの沖縄旅行へお得に行けます。また、人気のホテルや売り切れ必至のレンタカーも取れる確率が高くなります。

  • Point2

    人気日程の予約も取りやすい

    訪日観光客の需要の高まりもあり、連休や夏休みなどはもちろん、通常の週末も飛行機やリゾートホテルを中心に混み合いますので、お早めのご検討とご予約をおすすめします。

  • Point3

    事前座席指定も取りやすい

    事前に指定ができる席には限りがあり、事前座席枠は都度埋まっていくので、早い方が取りやすい。オリオンツアーなら予約後すぐにJALホームページにて手続きができます。

  • Point4

    オリジナルの旅を作れる

    早めの予約ならホテルの空室も豊富。往復航空券とホテル1泊だけを組み合わせた「1泊4日」などの旅程や1泊づつホテルを変更することもできたりとアレンジ自在です。

Recommend

早めの予約でお得に行こう!
おすすめホテル12選
in 宮古島・石垣島・久米島

ダイナミックパッケージ

(JAL往復航空券+宿泊フリープラン)

Information

久米島・宮古島・石垣島について

地上の楽園・ハテの浜は必見!
島全体が自然公園に指定される久米島

沖縄本島から西へ約100kmの東シナ海に位置する「久米島」。貿易が盛んだった琉球王朝時代には、数ある琉球列島の島々の中でもっとも美しい島であることから、「球美(くみ)の島」とも呼ばれ、島全体が県立自然公園に指定された自然豊かな島。離島ならではの美しいビーチや景勝地、旧跡など、ここでしか出会えない風景も満載。美味しい島グルメを味わいつつ、離島ならではのゆったりとしたリズムに身を委ねて癒しの時間を過ごすことができます。

所在地
沖縄県島尻郡久米島町
行き方
沖縄県外からの直行便は夏季限定で東京~久米島の夏季限定運航便がありますが、そのほかの場合、まずは沖縄本島の那覇空港へ向かい、そこから飛行機かフェリーを乗り継いで久米島に行くこととなります。フェリーを利用する場合は、那覇空港から那覇市内の泊港へ移動する必要がありますので、乗船当日に港を間違えてあわてないよう、事前に乗り場やアクセスを充分に確認するのはもちろん、那覇空港からの乗り継ぎ時間も余裕を持ったスケジュールで向かいましょう。フェリーでは久米島まで約3時間で結んでいるところ、飛行機であれば約30分となるため、多くの場合は、飛行機を乗り継いで久米島に行く方が多いです。那覇空港での飛行機の乗り継ぎの場合は、30分以上の乗り継ぎ時間が必要となりますので、ご注意ください。
その他
オリオンツアーなら久米島ツアーや旅行情報が充実!
久米島ツアー特集はコチラ >

リピーター続出のリゾート!宮古島
SNS映えフォトジェニックスポット満載!

どこまでも広がるサトウキビ畑と青い海を飛び越えて、島から島へと渡る3本の架け橋。そして次から次へと現れる白砂ビーチなど、絶景スポットも多い宮古島。もっとも寒い1~2月でも最低平均気温は16℃程度と温暖で、春夏秋冬問わず一年中マリンアクティビティを楽しめるほか、本格的なリゾートホテルやお洒落なカフェも多く、日本にいながら南国リゾートを満喫することができます。

所在地
沖縄県宮古島市
行き方
旅客フェリーの運航はありませんので、宮古島までの交通手段は現在、飛行機のみとなります。沖縄県外からは東京(羽田・成田)、大阪(関西)、名古屋(中部)、福岡より直行便が運航(一部季節運航)されていますが、そのほかの場合、まずは沖縄本島の那覇空港へ向かい、そこから飛行機を乗り継いで宮古島に行くこととなります。同じ空港内での国内線への乗り継ぎ(JALグループ便乗り継ぎの場合)は、通常20分以上(羽田では25分以上)の乗り継ぎ時間が必要ですが、那覇空港での乗り継ぎの場合は、30分以上の乗り継ぎ時間が必要となりますので、ご注意ください。
その他
オリオンツアーなら沖縄ツアーや旅行情報が充実!
>宮古島ツアー特集はコチラ

SNS映えフォトジェニックスポット満載!
八重山諸島の玄関口!石垣島

石垣島旅行の代表的な楽しみ方が島めぐり。日本最南端の有人島「波照間島」や、沖縄の原風景が今に残る「竹富島」、世界自然遺産に登録されたことでも話題の「西表島」など、島ごとに個性あふれる離島めぐりができるのも、八重山諸島の玄関口となる石垣島ならでは。もっとも寒い1~2月でも平均気温は18℃程度と温暖で、春夏秋冬問わず一年中マリンアクティビティを楽しめるほか、日本初でアジア全体でも2番目の「星空保護区」に認定されています。

所在地
沖縄県石垣市
行き方
旅客フェリーの運航はありませんので、石垣島までの交通手段は現在、飛行機のみとなります。沖縄県外からは東京(羽田・成田)、大阪(関西)、名古屋(中部)、福岡より直行便が運航(一部季節運航)されていますが、そのほかの場合、まずは沖縄本島の那覇空港へ向かい、そこから飛行機を乗り継いで石垣島に行くこととなります。同じ空港内での国内線への乗り継ぎ(JALグループ便乗り継ぎの場合)は、通常20分以上(羽田では25分以上)の乗り継ぎ時間が必要ですが、那覇空港での乗り継ぎの場合は、30分以上の乗り継ぎ時間が必要となりますので、ご注意ください。
その他
オリオンツアーなら沖縄ツアーや旅行情報が充実!
>石垣島ツアー特集はコチラ
  

FAQ

早得プランのよくあるご質問

  • 早期予約がお得な理由をおしえてください?

    JAL国内ツアーはダイナミックプライシング(変動料金制)を導入しており、需要と供給に応じて価格が変動します。この仕組みにより、航空機の空席やホテルの空室状況がリアルタイムに反映され、旅行代金が算出されるので、間際の予約では高くなる傾向にあります。そのため、航空機やホテルの空席・空室が比較的多い時期に早めに予約することがお得です。

  • JALフライトマイルはたまりますか?

    JALマイレージバンク(JMB)会員は、区間マイルの約50%が積算されます。マイルの登録方法は航空会社へご確認ください。

  • 航空機の事前座席指定ができなかったのですが、座席は確保されていますか?

    座席指定ができない場合でも「座席の確保」はできており、問題なく飛行機にご搭乗いただけます。事前に指定できる座席数には制限がございます。事前に指定できない場合は、ご搭乗日当日空港で自動チェックイン機または航空会社カウンターにてお手続きください。(指定できる座席がない場合はご搭乗便出発の48時間前から座席指定できる席が追加される場合がございます。)

  • 子供は何歳から旅行代金が必要になりますか?

    添い寝幼児(0~2歳)代金は原則無料となり、航空座席、宿泊・食事・ベッド(布団)等の提供はありません。3歳以上の未就学児のお子様は、宿泊・食事・ベッド(布団)等を利用されない場合でも、航空機の座席は必要になりますので、添い寝幼児(3~5歳)代金が必要となります。3歳以上で宿泊・食事・ベッド(布団)等の提供を希望される場合は子供(3~11歳)代金となります。そのほか、添い寝利用であっても宿泊施設使用料が別途かかるホテルもございますので、お客様各自にて宿泊施設にご確認の上、現地にてお支払いください。

  • 一度に何名まで予約できますか?

    1回の予約操作で1名様から最大6名様までお申し込み可能です。7名様以上のご予約については、再度新たにお申し込みください。

  • 未成年のみの予約はできますか?

    ご予約いただけます。ただし、旅行開始時点で15歳未満の方は親権者(法定代理人)の同行が必要です。(15歳未満の方だけのお申込みはできません。)

  • 沖縄旅行のおすすめのアクティビティはありますか?

    久米島では、見渡す限りコバルトブルーの海と大空が広がる砂浜だけの無人島・ハテの浜でのシュノーケル体験。宮古島では、神秘のパワースポットを目指し、秘境探検隊気分で楽しめる鍾乳洞探検ツアー。日本唯一の星空保護区に認定された石垣島では、海の上から星空を眺めるナイトクルーズプランも人気です。

  • 沖縄旅行に適した服装はありますか?

    沖縄の気候は、本州とは大きく異なり。1年を通して温暖な気候ですが、それぞれ季節に特色があります。1年中で最も寒いのは12~2月です。コートや厚手のジャケットが活躍する場面も多く、昼夜の気温差もあるので体調管理には注意が必要です。逆に、本格的な夏の到来となり、最も暑くなるのは7~9月。紫外線は本州の約5倍とも言われ、照りつける日差しは痛いほどです。日焼け対策はもちろん、帽子やサングラス、日傘も重要なアイテムです。とはいえ、室内は冷房が効いているので、長袖の羽織があると便利です。そして、1年でいちばん過ごしやすいのは、日差しもやわらぎ、半袖でも快適な日が多い、3月下旬~5月上旬と10~11月。5月中旬から6月は本格的な梅雨シーズンとなり、雨の日が多くなるので傘は必須。服装は半袖&サンダルの夏モードでOKです。

  • 沖縄旅行に必要な持ち物はありますか?

    健康保険証や必要な方は常備薬、メガネやコンタクトレンズのほか、レンタカーを使用する方は運転免許証など現地調達ができなかったり、難しいものは荷造りの最後に改めて確認することが大切です。旅行先の素晴らしい瞬間を写真や動画に残したり、お店や観光情報の収集、地図アプリの活用など、利用シーンの多い携帯電話やスマートフォンも旅行時の必需品です。使用する頻度が高いので、充電器も忘れずに持っていきましょう。また、日常的にキャッシュレス決済を使用している方は、お店によっては利用できない場合も多くありますので、柔軟に対応できるよう現金も用意しておきましょう。航空券は多くの航空会社でスマートフォンでチェックインできますが、予備として印刷して紙でも持っておくことで、スマートフォンの充電がなくなった時でも対応できます。

  • 沖縄本島・那覇の早割プランはありますか?

    沖縄本島・那覇の早割プランもございます。>早割でおトクな沖縄旅行特集はコチラ