沖縄人気ホテルランキング2024|格安沖縄旅行ならオリオンツアー

沖縄本島&離島の人気ホテルランキング2024

Feature

2024年最新の売れ筋ホテルをご紹介

  • 売れ筋ホテルをご紹介

    2024年の売れ筋おすすめホテル
    ホテル選びに迷ったらここをチェック!

    ホテル選びに迷ったらまずはこちらをチェック!沖縄本島から宮古島や石垣島などの離島のホテルを2024年の実際の予約数に基づいてランキング化してご紹介します。全国各地発のJAL往復航空券とセットにしたプランもご用意。せっかくの沖縄旅行を楽しむためには、その旅行の拠点となるホテル選びは重要です。各ホテルのポイントも記載しているので、ホテル選びの参考にしてみてください。

  • 売れ筋ホテルをご紹介

    JAL(日本航空)グループ便確約!
    フルキャリアならではのおもてなし。

    快適におくつろぎいただける座席や清潔な機内など品質の高さ、空港スタッフや客室乗務員のお客さま一人一人に寄り添ったおもてなしも人気のJAL(日本航空)グループ便利用。価格重視のLCC(ローコストキャリア)とは違い、お一人様につき手荷物のお預けは20kgまで無料であり、機内Wi-Fiも無料で利用できるので、最大3時間超えとフライト距離の長い沖縄路線でも楽しく快適に過ごすことができます。また、ツアーご予約完了後よりJALホームページにて事前座席指定の手続きを行なえますので、小さいお子様連れでも安心です。(ご指定いただける座席数には限りがあります。詳しくはJALホームページにてご確認ください。)

  • 売れ筋ホテルをご紹介

    JAL利用ならお子さまもおトク!
    3~11歳は全コースで子供料金が適用。

    3~11歳のお子さまは全コースで子供料金が適用!ツアーで使用するJAL国内線航空券の小児運賃(個人包括旅行運賃)はツアー用の大人運賃(個人包括旅行運賃)より25%割引となるので、子供料金もお得です。2歳以下のお子様は、航空座席を利用せず、大人のお膝の上にお座りいただき、宿泊は寝具を利用しなければ、ツアー料金は無料です。3~5歳のお子さまは、寝具を利用しなければ、往復航空券だけの子供料金よりもお得な添い寝料金があります。

  • 売れ筋ホテルをご紹介

    空席が多い早めの予約がおトク!
    思い立ったら即予約で旅行費用を節約。

    近年、多くの航空会社やホテルがダイナミックプライシング(変動料金制)を導入しており、需要と供給に応じて価格が変動するため、航空機の空席率やホテルの空室率が少なくなるにつれて料金が上昇する傾向があります。例えば、JAL国内線航空券の目安としては、最も割引率が高いのは75日前までの予約です。その後、55日前、45日前、28日前の予約といった区切りで、割引率は徐々に低下していきます。つまり、空席が比較的多い「早めに予約」をすればするほど旅行代金がおトクになります。※空席状況(空席数の増加など)によっては、間際の旅行代金が安くなる場合もあります。

Ranking

沖縄本島 & 離島
人気ホテルランキング2024

更新日:2024年5月20日

ダイナミックパッケージ

(JAL往復航空券+宿泊フリープラン)

FAQ

よくあるご質問

  • 沖縄本島への旅行日数のおすすめは?

    那覇空港からも近く、県内随一の繁華街として人気の国際通りがある那覇市内や神話や歴史の地として知られる南部エリアの観光だけなら2日間でも可能ですが、異国文化が色濃く根付きアメリカンムード満点の中部エリア、沖縄屈指の観光スポットである美ら海水族館や美しい自然が多く残る北部エリアなど、北の端から南の端まで魅力満載の沖縄本島を周遊する場合は最低でも3日間は必要です。また、沖縄にはビーチに面し、施設も充実する大型リゾートホテルが多く、ビーチやプールでゆったりとリゾートライフを楽しむのも沖縄旅行の醍醐味。その場合は、観光に要する日数、プラス1日の余裕をもって計画するといいでしょう。

  • 沖縄離島への旅行日数のおすすめは?

    沖縄本島から台湾の間に連なる沖縄の離島。離島それぞれに、豊かな自然と独自の伝統文化が受け継がれており、本島とはまた違った魅力に溢れています。離島への旅行は、飛行機で行くことができる、久米島・宮古島・石垣島がメイン。東京・大阪からは宮古島と石垣島へ直行便も出ていますが、便数が少ないので予約がとりづらいことも。多くの場合、まずは沖縄本島の那覇空港へ向かい、そこから飛行機を乗り継ぎ、各離島を目指します。そのため、各離島での滞在時間を考えると最適でも3日間は必要です。八重山諸島の玄関口として人気の石垣島の場合は、竹富島、小浜島、西表島などの離島観光も加えると4日間は必要でしょう。

  • 沖縄の旅行費用の目安は?

    沖縄の観光についての統計・調査資料によると、沖縄宿泊旅行の1人1回あたりの平均旅行費用は2泊3日で約7万円前後です。一般的な旅行費用の内訳は、交通費、宿泊費、現地滞在費の大きく3つに分けられますが、沖縄旅行については、飛行機での移動が中心となるので、交通費は一般的な国内宿泊旅行と比べて高くなる傾向があります。また、沖縄には宿泊特化型ホテル、シティホテル、リゾートホテルなど、さまざまなホテルがあり、目的に応じて費用がさらに上昇することもあります。ただし、沖縄旅行の費用は訪れる時期によって大きく異なります。夏休みや会社の夏季休暇などを利用する観光客が最も多い8月は、旅費が最も高くなります。一方で、海でのアクティビティにはまだ早い1月の冬休み明けから2月初旬や、梅雨時期の5月下旬から6月中旬は、旅費を抑えることができます。また、航空券やホテルの早期予約も旅行費用を節約する方法です。近年、多くの航空会社やホテルがダイナミックプライシング(変動料金制)を導入しており、需要と供給に応じて価格が変動するため、航空機の空席率やホテルの空室率が少なくなるにつれて料金が上昇する傾向があります。そのため、早めの予約を行うことで費用を抑えることができます。目安としては、最も割引率が高いのは75日前の予約です。その後、55日前、45日前、28日前の予約といった区切りで、割引率は徐々に低下していきます。

  • 沖縄旅行でのおすすめの移動手段はありますか?

    沖縄本島では、那覇市街の一部区間のみモノレールが通っていますが、公共の交通手段としては路線バスが中心となります。那覇市内や那覇空港から主要なリゾートホテルの移動であれば、路線バスや空港リムジンバスでも問題なく移動できますが、エリアによっては本数が少なく、運行している区間も限られる場合もあるので、運行時間や接続などは事前に確認しておくのがおすすめです。路線バスは、地元の方々に密着したルートとなっているので、ビーチや観光スポットから離れている場合もあります。そのため、効率よく回るなら、行動範囲の自由度が高いレンタカーが1番人気!時期によっては、満車で借りられないということも多いので、早めの予約がおすすめです。また、近年は、レンタカーがなくても観光スポットを無駄なく回れる観光バスツアーも注目されています。

  • 沖縄旅行のおすすめのアクティビティはありますか?

    青く透き通る沖縄の海は眺めるだけではもったいない!温暖な沖縄だからこそ、春や秋でもダイビングやシュノーケルなどで沖縄の海の美しさを体感するマリンアクティビティは大人気です。その中でも、神秘のブルー体験を気軽に体験できる、沖縄本島真栄田岬にある青の洞窟シュノーケリングはおすすめです。久米島では、見渡す限りコバルトブルーの海と大空が広がる砂浜だけの無人島・ハテの浜でのシュノーケル体験。宮古島では、定番になりつつある新マリンメニューのSUP(スタンドアップパドル)。日本唯一の星空保護区に認定された石垣島では、海の上から星空を眺めるナイトクルーズプランも人気です。また、冬は冬で遭遇率98%の高確率を誇るザトウクジラのホエールウォッチングが楽しめます。

  • 沖縄旅行に適した服装はありますか?

    沖縄の気候は、本州とは大きく異なり。1年を通して温暖な気候ですが、それぞれ季節に特色があります。1年中で最も寒いのは12~2月です。コートや厚手のジャケットが活躍する場面も多く、昼夜の気温差もあるので体調管理には注意が必要です。逆に、本格的な夏の到来となり、最も暑くなるのは7~9月。紫外線は本州の約5倍とも言われ、照りつける日差しは痛いほどです。日焼け対策はもちろん、帽子やサングラス、日傘も重要なアイテムです。とはいえ、室内は冷房が効いているので、長袖の羽織があると便利です。そして、1年でいちばん過ごしやすいのは、日差しもやわらぎ、半袖でも快適な日が多い、3月下旬~5月上旬と10~11月。5月中旬から6月は本格的な梅雨シーズンとなり、雨の日が多くなるので傘は必須。服装は半袖&サンダルの夏モードでOKです。

  • 沖縄旅行に必要な持ち物はありますか?

    健康保険証や必要な方は常備薬、メガネやコンタクトレンズのほか、レンタカーを使用する方は運転免許証など現地調達ができなかったり、難しいものは荷造りの最後に改めて確認することが大切です。旅行先の素晴らしい瞬間を写真や動画に残したり、お店や観光情報の収集、地図アプリの活用など、利用シーンの多い携帯電話やスマートフォンも旅行時の必需品です。使用する頻度が高いので、充電器も忘れずに持っていきましょう。また、日常的にキャッシュレス決済を使用している方は、お店によっては利用できない場合も多くありますので、柔軟に対応できるよう現金も用意しておきましょう。航空券は多くの航空会社でスマートフォンでチェックインできますが、予備として印刷して紙でも持っておくことで、スマートフォンの充電がなくなった時でも対応できます。