【東京発】沖縄の人気観光ツアーなら格安国内旅行のオリオンツアー 24時間オンライン予約可能

出発地 出発地を選択
東京発 東京発
  • 北海道
  • 東北
  • 関東
  • 甲信越
  • 北陸
  • 東海
  • 関西
  • 中国
  • 四国
  • 九州
  • 沖縄
  • オプションでレンタカー予約も可能

2つのツアーの違いを比較!

旅行代金
固定型ツアー
旅行代金
変動型ツアー
ツアーの特長 日程限定&フライト限定のため、その分旅行代金を大幅値下げしたツアー フライトの自由度が高く、空席状況に応じて旅行代金が変動するツアー
旅行代金のおトク度 とにかく安く行きたい方におすすめ 予約のタイミングによっては格安になることも
設定期間(出発日) 日程限定のため希望日に出発設定が無いことも(概ね60日先まで予約可能) 180日先まで全日出発設定あり
予約の取りやすさ 席数限定のため人気日程は早めに満席になることも 固定型ツアーが満席の場合でも予約可能なケースあり
フライト選択 JAL便利用、当社指定の便限定(原則往路羽田発朝便、復路新千歳発夜便)。 JAL便利用、ツアー設定複数便の中から自由に選択可能
空港集合の有無 あり
搭乗時間の1時間前に弊社指定カウンターにて集合・受付
なし
搭乗時間に合わせて各自ご搭乗
JALマイル フライトマイルの50%
事前座席指定 当日空港でのご案内
※可能な限り同行者様お隣での座席を配慮しますが、混雑便の場合、席が離れる場合もございます。
予約完了の1時間後から可能
キャンセル規定 出発の21日前まで無料 お支払い完了時点から発生

東京発 沖縄 日程限定ツアー
【料金重視!日にちが合えばとにかくおトク!】

  • トラベルズー掲載コース

    JALで行く沖縄4つ星リゾート!毎朝食&美ら海水族館入館券&人気スイーツ引換券&レンタカー付!さらに3日間は夕食1回、4・5日間は夕食2回付でこの価格!沖縄本島3~5日間

    設定期間:2024年4月~6月出発(一部除外日あり)

    トロピカルビーチ徒歩圏内、アメリカンビレッジ車15分、那覇空港車30分という観光拠点にぴったりな人気リゾートホテルステイ。美ら海水族館ではなく、青の洞窟シュノーケルやパラセーリングなどの体験付きのプランもあります。
    (東京(羽田)空港発/沖縄(那覇)空港着/往復JAL利用/4名1室利用一例)

    旅行代金(大人1名あたり)
    29,800円~55,800円
    検索
  • 特典付きなのに格安!

    【嬉しい特典付】JALで行く!日程限定スペシャルプライス!往路朝発・復路夜発フライト利用だから滞在時間たっぷり♪人気観光地の複数ホテルより組み合わせOK!沖縄本島3~5日間

    設定期間:2024年4月~6月出発(一部除外日あり)

    美ら海水族館入館券など特典付でこの価格!便選択や事前座席指定ができないなどのデメリットはありますが、とにかく料金を徹底追及!本格的な暑さや観光客の多い時期を避けてゆっくりと過ごしたい方にも4~6月出発はおすすめです。
    (東京(羽田)空港発/沖縄(那覇)空港着/往復JAL利用/5名1室利用一例)

    旅行代金(大人1名あたり)
    27,000円~53,100円
    検索
  • 毎年大好評の人気イベント!

    【沖縄離島】5/25(土)スペシャルイベント「オリオンの日in宮古島」開催!食べ飲み放題の夕食パーティーに伝統芸能鑑賞や豪華景品のビンゴ大会など内容盛り沢山!宮古島2~4日間

    設定期間:2024年5月24日(金)・5月25日(土)出発

    沖縄の離島旅をおトクに満喫!感謝の気持ちに真心こめた謝恩プライスでお届けする、「破格なのに」「内容豊富で」「夕食パーティ(食べ飲み放題)付」スペシャルツアー。
    (東京(羽田)空港発/宮古島空港着/往復JAL・JTA利用/2名1室利用一例)

    旅行代金(大人1名あたり)
    35,800円~81,800円
    検索

日程限定ツアー ご案内・注意事項

  • 出発の21日前まで取消料が無料です。
  • 利用便の指定(複数便からの選択)はできません。便限定または時間帯枠でのご案内となります。
    ※時間帯枠(**時~**時表示)の場合、利用便の確定は最終旅程表でのご案内となります。
  • JALフライトマイルは貯まりません。
  • 航空券は搭乗日当日に出発空港集合場所でのお渡しとなります。
  • 航空機の事前座席指定はできません。搭乗日当日空港でのご案内となります。

※JAL変動型運賃を利用したダイナミックパッケージ、セットプランとは利用条件が異なりますのでご注意ください。

東京発沖縄おすすめツアー
【航空券+宿泊ダイナミックパッケージ】

東京発沖縄おすすめツアー
【現地交通・体験などセットプラン】

特集&キャンペーン

沖縄の人気ホテル ピックアップ!

ホテル日航アリビラ
読谷
ホテル日航アリビラ

目の前のオキナワブルーの海に映える赤瓦屋根に白い壁のスパニッシュコロニアルスタイルの外観。スペイン語のAlivio(くつろぎ)とVilla(別荘)を組み合わせた名のとおり、プライベート感覚を重視したワンランク上のリゾートホテルです。バラエティに富んだレストランやバーが多彩なリゾートライフを演出します…

アクセス情報
那覇空港より車で約60分
本部
ホテルマハイナ ウェルネスリゾートオキナワ

ホテルマハイナは「沖縄美ら海水族館」でもおなじみの「海洋博公園」向かいに位置します。自然、文化、歴史、すべてに沖縄の魅力が詰まったヤンバル。透明度ときれいさの人気No1のビーチがある水納島や、瀬底島などへのアクセスも便利。マハイナを拠点にのんびりと沖縄を満喫してください。マハイナウェルネスリゾートオ…

アクセス情報
那覇空港より車で約110分
ホテルマハイナ ウェルネスリゾートオキナワ
那覇(壺川)
沖縄ハーバービューホテル

那覇空港から車で10分、国際通りまでも徒歩で10分。那覇の中心に位置し、都市と自然と文化が調和した静かで心地良い伝統と洗練のシティホテル。ガーデンプール(5~10月営業)やリラクゼーションスパ、フィットネスジムが備わっており、ごゆっくりお寛ぎいただけます。また、1日の始まりから華やかにをコンセプトと…

アクセス情報
那覇空港より車で約10分、ゆいレール壺川駅より徒歩で約10分
沖縄ハーバービューホテル
久米島
ENリゾート 久米島イーフビーチホテル
ENリゾート 久米島イーフビーチホテル

2023年4月リブランドオープン!ホテルの目の前は「日本の渚百選」に選ばれた天然ロングビーチのイーフビーチに直結した絶好ロケーション!オーシャンビュールームはエメラルドグリーンの海と真っ白なビーチが窓一杯に広がっています。さらには久米島ならではの「海洋深層水」を利用したミネラルたっぷりの「海洋深層水…

アクセス情報
久米島空港より車で30分
リゾート
宮古島東急ホテル&リゾーツ
宮古島東急ホテル&リゾーツ

目の前に広がるのは東洋一の砂浜と呼ばれる与那覇前浜ビーチ!前浜ビーチに隣接している客室は、ゆったりと設計さており、各部屋のバルコニーも大型サイズ。潮風を感じながらバルコニーで眺めるサンセット・シーンが、この上ない贅沢なひと時を与えてくれます。(和洋室・ファミリー洋室を除く)また、リゾート気分たっぷり…

アクセス情報
宮古空港から車で約10分
リゾート
ANAインターコンチネンタル石垣リゾート
ANAインターコンチネンタル石垣リゾート

国立公園の一部であるマエサトビーチを目の前にした、石垣島最大級のリゾートホテル。豊かな自然と文化が根付いた島で、心の琴線に触れる出会いと発見に満ちた、ラグジュアリーでのリゾートライフを存分にお楽しみください。マサエトビーチでのシーカヤックやダイビングなどのマリンアクティビティやゴルフ、テニス、島めぐ…

アクセス情報
南ぬ島石垣空港より車で約20分、石垣港離島ターミナルより車で約10分

沖縄のエリア情報

沖縄の観光スポット情報

  • 国際通り
    那覇
    国際通り
    沖縄最大の都市那覇の最も賑やかな場所。久茂地の交差点から安里の三叉路にかけて約1.6km続く沿道には、デパートやみやげ物店、レストラン、カフェ、居酒屋が立ち並ぶ。終戦直後の焼け野原に築かれ目覚ましい発展をとげたことから、「奇蹟の1マイル」と呼ばれる。片側一車線のこの道は、朝の7~9時と夕方17時30分~19時30分(土・日曜、祝日、1月2・3日除く)はバス専用道路となり、一般車両は通行できない。また毎週日曜12~18時はトランジットモールが行われている。一般車両は通行できないので注意。
    住所
    沖縄県那覇市
    アクセス
    ゆいレール県庁前駅・牧志駅
  • 斎場御嶽
    南城
    斎場御嶽
    沖縄には「御嶽(うたき)」と呼ばれ、信仰を集める聖地が多く点在していますが、斎場御嶽は琉球の創世神話に登場する7御嶽の中でも、最も格の高い琉球王国最高の聖地とされ、国家的な祭事が行われてきた場所であり、2000年に世界遺産に登録され、国の史跡、沖縄県指定名勝にも指定されています。2枚の巨岩のすき間が三角状の洞門になっていて、その向こうには久高島が望めます。手つかずの自然により、厳かで神秘的な雰囲気に満ちている沖縄随一のパワースポットとしても人気です。
    住所
    沖縄県南城市知念字久手堅地内
    アクセス
    那覇空港から車で50分
  • アメリカンビレッジ
    北谷
    アメリカンビレッジ
    観光客はもちろん地元客にも人気のタウンリゾートで、アメリカ西海岸のリゾートモールをモデルとした一大商業エリアです。カラフルな建物が集合したデポアイランドでは、ビーチ沿いの気持ちいい風を感じながら食事や買い物を楽しめます。日が沈むとエリア一帯の建物がライトアップされ、幻想的な雰囲気に包まれます。施設内にはTシャツやアクセサリーが手に入るショップや、ハンバーガーやロブスターなどの豪快な料理を味わうことができるグルメ店などが立ち並んでいます
    住所
    中頭郡北谷町15-69
    アクセス
    那覇空港から車で45分
  • 万座毛
    恩納
    万座毛

    西海岸屈指の景勝地、眼下に広がる絶景の海の象徴!象の鼻を思わせる崖が特徴的な絶景スポット。その魅力は、なんといっても「コバルトブルーの美しい海を望める」という点です。周辺の海は抜群の透明度を誇り、それは海下のサンゴ礁まで綺麗に見えるほど。万座毛からは沖縄美ら海水族館がある本部半島や伊江島を望むこともできます。

    住所
    恩納村恩納
    アクセス
    那覇空港から車で100分
  • 美ら海水族館
    本部
    美ら海水族館
    全長8.7mものジンベエザメやナンヨウマンタをはじめ、多種多彩な魚たちが泳ぐ大水槽。その感動的な光景が一望できる巨大アクリルパネルは、高さ8.2m、幅22.5m、厚さ60cmもあります。サメやエイ、そのほか黒潮の回遊魚にも手が届きそうな感動と興奮をお楽しみいただけます。また、沖縄美ら海水族館では、その世界最大級の水槽で、ジンベエザメの繁殖を目指した複数飼育を実現しました。未だ謎が多いジンベエザメの生態。沖縄美ら海水族館では、その解明に挑み、世界初の試みに挑戦します。
    住所
    国頭郡本部町字石川424番地
    アクセス
    那覇空港から車で120分
  • 古宇利島
    今帰仁
    古宇利島
    古宇利島は、沖縄本島北部にあるエメラルドグリーンの海に囲まれた小さな島です。2005年に隣の屋我地島との間に古宇利大橋が開通し、車で行ける離島となりました。橋を渡る際には、うちなーんちゅ(沖縄人)も絶賛するほど透明度が高い海の間を車で走り抜けることができ、その景色の素晴らしさからたくさんの観光客が訪れる島となっています。島の入り口にはすぐビーチがあり、シュノーケリングでサンゴ礁を覗いてみれば、岸からそう遠くない場所でも南国特有の鮮やかな魚たちを見ることができます。この本島有数の美しい海での海水浴はもちろんのこと、夕暮れには綺麗な夕日が、夜になれば満天の星空を臨むことができるのも古宇利島の魅力です。
    住所
    国頭郡今帰仁村字古宇利
    アクセス
    那覇空港から車で90分
  • ハテの浜
    久米島
    ハテの浜
    久米島からボートで約25分で行ける「楽園の砂浜」。久米島の東5kmの所に位置する砂浜だけの無人島。メーヌ浜、ナカノ浜、ハテの浜の7キロにも及ぶ3つの砂州を総称してそう呼びます。その規 模、美しさは東洋一とも言われています。360度コバルトブルーの海と真っ白な砂浜が美しい、まさに南国の癒し空間そのものです。
    住所
    沖縄県島尻郡久米島町
    アクセス
    久米島空港から車で20分 船で25分
  • 与那覇前浜
    宮古島
    与那覇前浜
    「東洋一」とも言われる絶景ビーチが広がる、沖縄・宮古島の「与那覇前浜」。全長7kmにも及ぶ、長く白い砂浜と、水平線まで続く青いグラデーションの海がとても美しく観光に来たほとんどの人が立ち寄るであろう人気の観光スポット
    住所
    宮古島市下地字与那覇
    アクセス
    宮古島空港から車で15分
  • 伊良部大橋
    宮古島
    伊良部大橋
    宮古島の3大大橋の中で最も新しい2015年に開通した伊良部大橋。全長3,540(さんごのしま)m、無料で渡れる橋としては日本一長い橋です。橋の中ほどは大型の船が通れるように高く隆起しているため、海の上のジェットコースターのような形状は写真に映えること間違いなし。宮古島から伊良部大橋に入る手前、または渡ったあとの伊良部島側ともに駐車場があり撮影スポットになっていますが、おすすめは伊良部島側からの景色。渡ってきた海の青さを実感できるのはもちろん、池間島や来間島まで見渡すことができます。
    住所
    沖縄県宮古島市平良久貝
    アクセス
    宮古島空港から車で15分
  • 川平湾
    石垣島
    川平湾
    島内随一の人気観光地で、世界有数の透明度を誇る海に、小さな島々が浮かぶ様子は絶景。市街地から車で約40分。島の北西部に位置する川平湾は、観光客でにぎわう人気の景勝地。波静かな湾内には緑の小島が点在し「川平湾及び於茂登岳」が国指定の名勝。日本唯一の黒真珠養殖地でもある。
    住所
    沖縄県石垣市字川平
    アクセス
    石垣島空港から車で45分
  • 竹富島重要伝統的建造物群保存地区
    竹富
    竹富島重要伝統的建造物群保存地区
    竹富島は石垣島の南西海上約6kmにあり、サンゴ礁が発達してできた楕円状の低島です。島のほぼ中央部にある東、西、仲筋(なかすじ)の3集落は、かつての農村集落の景観をよくとどめています。集落内を走る白砂を敷きつめた道沿いに、サンゴ石灰岩の石垣やフクギなどの屋敷林で囲まれた、赤い瓦葺きの民家が建ち並び、竹富町町並み保存地区(38.3ヘクタール)に指定されています。
    住所
    八重山郡竹富町字竹富
    アクセス
    竹富港から車で5分 徒歩20分
  • 由布島(亜熱帯植物楽園)
    由布島
    由布島(亜熱帯植物楽園)
    周囲2.15kmの小さな島全体が植物園になっており、約4万本近いヤシ類をはじめとする亜熱帯の木々が生い茂り、ブーゲンビレアやハイビスカスなど色とりどりの花々が咲き誇っています。西表島から由布島へは、遠浅で満潮時でも水深が1mほどしかないため、水牛車で海をのんびりと渡ってゆくのが名物。人が歩くスピードよりも遅い水牛車に身をゆだね、島独特の語り口による水牛のことや由布島のことを聞きながら、約15分かけてのんびりと島へ向かいます。
    住所
    八重山郡竹富町字古見689番地
    アクセス
    大原港から車で約20分、上原港から車で約30分
  • シュガーロード
    小浜島
    シュガーロード
    小浜島の名所。朝の連ドラでも登場した場所ですが、そのドラマ抜きにしても良い感じの景色が広がっています。真っ直ぐな道の両脇にサトウキビ畑が広がっていて、夏から秋にかけては背が伸びたサトウキビが良い景色を形作っています。またこの道は坂道になっていて、サトウキビ畑に向かって下り、そしてその後また登るという感じで奥行きを感じることが出来る景色。写真撮影にはお勧めです。ただし自転車で行くと行きは良いけど帰りは上り坂になるので注意。あと観光バスもよく通るので注意しましょう!
    住所
    沖縄県八重山郡竹富町小浜
    アクセス
    小浜港より徒歩で約20分
  • 海底遺跡
    与那国
    海底遺跡
    日本最西端の与那国島海底で1986年に発見された、ブルーの海底に眠る日本最西端の謎の遺跡。現在も調査が続けられているが、「ムー大陸の遺跡」説や「古代文明跡」説、地殻変動によるものなど諸説あり、未だ謎が多い。ダイビングはもちろん、グラスボートでもみることが出来る。実際に自分で潜って間近で観てみるのも面白い。
    住所
    沖縄県八重山郡与那国町字与那国
    アクセス
    港より船で約15分
  • 星野洞
    南大東島
    星野洞
    東洋一の美しさと称される鍾乳洞。島内には100を超える鍾乳洞があり、その中で最大の規模を誇るのが星野洞です。サトウキビ畑の真ん中に作られた出入り口から降りていくと、様々な鍾乳石が作り出す幻想的な空間が広がります。極めて保存状態が良い鍾乳洞として、学術的にも価値が高いと言われています。
    住所
    沖縄県島尻郡南大東村北64
    アクセス
    南大東空港から車で約15分

沖縄旅行 旅のお役立ち情報

沖縄観光情報WEBサイト!「おきなわ物語!沖縄の旅をもっと楽しく!」
沖縄の観光地・イベント・グルメ・フォトスポットなどが満載!沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)が運営するオフィシャルサイト!
おきなわ物語!沖縄の旅をもっと楽しく!
知っておきたい沖縄の気候と服装を紹介!
知っておきたい沖縄の気候と服装を紹介♪
沖縄の平均気温と服装をアドバイス「沖縄の気候と服装!」
沖縄のグルメ&郷土料理の紹介!
沖縄のグルメと郷土料理を紹介!
旅行前に知っておきたい「沖縄のグルメ&郷土料理!」
台風時の対応方法!
台風で旅行に行けなっかった場合のご案内!~ツアーキャンセル時の対応と次回予約割引制度~
台風の際の対応&次回予約割引制度「リベンジ旅行を応援します!」

沖縄旅行のFAQ

沖縄本島への旅行日数のおすすめは?
那覇空港からも近く、県内随一の繁華街として人気の国際通りがある那覇市内や神話や歴史の地として知られる南部エリアの観光だけなら2日間でも可能ですが、異国文化が色濃く根付きアメリカンムード満点の中部エリア、沖縄屈指の観光スポットである美ら海水族館や美しい自然が多く残る北部エリアなど、北の端から南の端まで魅力満載の沖縄本島を周遊する場合は最低でも3日間は必要です。また、沖縄にはビーチに面し、施設も充実する大型リゾートホテルが多く、ビーチやプールでゆったりとリゾートライフを楽しむのも沖縄旅行の醍醐味。その場合は、観光に要する日数、プラス1日の余裕をもって計画するといいでしょう。
沖縄離島への旅行日数のおすすめは?
沖縄本島から台湾の間に連なる沖縄の離島。離島それぞれに、豊かな自然と独自の伝統文化が受け継がれており、本島とはまた違った魅力に溢れています。離島への旅行は、飛行機で行くことができる、久米島・宮古島・石垣島がメイン。羽田空港からは宮古島と石垣島へ直行便も出ていますが、便数が少ないので予約がとりづらいことも。多くの場合、まずは沖縄本島の那覇空港へ向かい、そこから飛行機を乗り継ぎ、各離島を目指します。そのため、各離島での滞在時間を考えると最適でも3日間は必要です。八重山諸島の玄関口として人気の石垣島の場合は、竹富島、小浜島、西表島などの離島観光も加えると4日間は必要でしょう。
沖縄の旅行費用の目安は?
沖縄の観光についての統計・調査資料によると、沖縄宿泊旅行の1人1回あたりの平均旅行費用は2泊3日で約7万円前後です。一般的な旅行費用の内訳は、交通費、宿泊費、現地滞在費の大きく3つに分けられますが、沖縄旅行については、飛行機での移動が中心となるので、交通費は一般的な国内宿泊旅行と比べて高くなる傾向があります。また、沖縄には宿泊特化型ホテル、シティホテル、リゾートホテルなど、さまざまなホテルがあり、目的に応じて費用がさらに上昇することもあります。ただし、沖縄旅行の費用は訪れる時期によって大きく異なります。夏休みや会社の夏季休暇などを利用する観光客が最も多い8月は、旅費が最も高くなります。一方で、海でのアクティビティにはまだ早い1月の冬休み明けから2月初旬や、梅雨時期の5月下旬から6月中旬は、旅費を抑えることができます。また、航空券やホテルの早期予約も旅行費用を節約する方法です。近年、多くの航空会社やホテルがダイナミックプライシング(変動料金制)を導入しており、需要と供給に応じて価格が変動するため、航空機の空席率やホテルの空室率が少なくなるにつれて料金が上昇する傾向があります。そのため、早めの予約を行うことで費用を抑えることができます。目安としては、最も割引率が高いのは75日前の予約です。その後、55日前、45日前、28日前の予約といった区切りで、割引率は徐々に低下していきます。
沖縄のおすすめのアクティビティは?
青く透き通る沖縄の海は眺めるだけではもったいない!温暖な沖縄だからこそ、春や秋でもダイビングやシュノーケルなどで沖縄の海の美しさを体感するマリンアクティビティは大人気です。その中でも、神秘のブルー体験を気軽に体験できる、沖縄本島真栄田岬にある青の洞窟シュノーケリングはおすすめです。久米島では、見渡す限りコバルトブルーの海と大空が広がる砂浜だけの無人島・ハテの浜でのシュノーケル体験。宮古島では、神秘のパワースポットを目指し、秘境探検隊気分で楽しめる鍾乳洞探検ツアー。日本唯一の星空保護区に認定された石垣島では、海の上から星空を眺めるナイトクルーズプランも人気です。また、冬は冬で遭遇率98%の高確率を誇るザトウクジラのホエールウォッチングが楽しめます。
沖縄旅行のおすすめのグルメは?
本島南部には南国の島らしいオーシャンビューの大パノラマが目の前に広がる海カフェから、自然豊かな緑に囲まれて過ごす森カフェがたくさんあります。自然に溶け込むように建つカフェでのランチやティータイムは沖縄ならでは。事前に行きたいお店へのアクセス等をしっかり調べておきましょう。本島中部にあるアメリカンビレッジには、ハンバーガーやロブスターなどの豪快な料理を味わうことができるグルメ店などが立ち並び、まるで異国に迷い込んだような楽しさを味わうことができます。また、宮城海岸には多くのカフェ・レストランが集中。パンケーキやサンドイッチ・メガ盛りシェイクなどボリュームたっぷりのアメリカングルメを楽しむのもおすすめです。西海岸エリアには数多くのリゾートホテルが立ち並び、更にスペシャルな1日にしてくれるホテルレストランでのお食事はおすすめです。フレンチや中華、イタリアンなどさまざまなジャンルのレストランを併設するリゾートホテルや、県産食材にこだわったフルコースが楽しめるホテルなどホテルによって異なります。いつもの食事に贅沢をプラスして、トロピカルリゾートの空間に、多彩な料理をそろえたダイニングで至福のひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか。また、定番の沖縄そばは沖縄に来たら一度は食べたいところ。本島北部はそば処が多く、県道84号沿いには多くの沖縄そば店が並び、本部そば街道とも呼ばれています。王道スタンダードから個性的なアレンジそばとバラエティ豊かな沖縄そば店。お店独自の個性が出るので、お好みの味を探してみてはいかがでしょうか。他にもB級グルメのタコライス、ステーキが有名ですが、魚介や島素材の珍しい野菜など、ウミノ幸から山の幸まで、島ならではの素材や調理法の食文化を味わうのも沖縄旅行の醍醐味です。
沖縄の気候は?
沖縄の気候は、本州とは大きく異なり、1年を通して温暖なすごしやすい気候ですが、それぞれ季節に特色があります。1年で最も寒いのは12~2月です。北風が吹く日が続いたり、小雨が降れば体感温度は実際の表示温度よりも肌寒く感じられます。3月になると気温も上がり、北風から南寄りの風に変わるとともに、日差しも強まります。例年、ゴールデンウイークを過ぎると梅雨入りし、期間中は1日の中でも雨がシトシトと降り続くというわけではなく、降ったり、やんだり、晴れたりと天気が変わりやすいです。6月下旬頃に梅雨明けし、その後は気温がグッと上がり、本格的な夏日が続きます。1年の中でも最も紫外線が強い7~9月は、直射日光が肌に突き刺すようで痛いと感じるほど。紫外線対策、熱中症対策を適切に行ってください。台風がなければ天候は安定していますが、7月~10月は台風が近づきやすくなります。勢力が強いまま接近し、動きが遅く長期間台風の影響がでることもあるので天気予報をこまめにチェックし注意が必要です。
沖縄旅行に適した服装は?
沖縄の気候は、本州とは大きく異なり、1年を通して温暖な気候ですが、それぞれ季節に特色があります。1年中で最も寒いのは12~2月です。コートや厚手のジャケットが活躍する場面も多く、昼夜の気温差もあるので体調管理には注意が必要です。逆に、本格的な夏の到来となり、最も暑くなるのは7~9月。紫外線は本州の約5倍とも言われ、照りつける日差しは痛いほどです。日焼け対策はもちろん、帽子やサングラス、日傘も重要なアイテムです。とはいえ、室内は冷房が効いているので、長袖の羽織があると便利です。そして、1年でいちばん過ごしやすいのは、日差しもやわらぎ、半袖でも快適な日が多い、3月下旬~5月上旬と10~11月。5月中旬から6月は本格的な梅雨シーズンとなり、雨の日が多くなるので傘は必須。服装は半袖&サンダルの夏モードでOKです。
沖縄旅行に必要な持ち物は?
健康保険証や必要な方は常備薬、メガネやコンタクトレンズのほか、レンタカーを使用する方は運転免許証など現地調達ができなかったり、難しいものは荷造りの最後に改めて確認することが大切です。旅行先の素晴らしい瞬間を写真や動画に残したり、お店や観光情報の収集、地図アプリの活用など、利用シーンの多い携帯電話やスマートフォンも旅行時の必需品です。使用する頻度が高いので、充電器も忘れずに持っていきましょう。また、日常的にキャッシュレス決済を使用している方は、お店によっては利用できない場合も多くありますので、柔軟に対応できるよう現金も用意しておきましょう。航空券は多くの航空会社でスマートフォンでチェックインできますが、予備として印刷して紙でも持っておくことで、スマートフォンの充電がなくなった時でも対応できます。
沖縄島北部及び西表島の世界遺産登録は?
2021年7月26日に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産委員会におきまして、ヤンバルクイナ(沖縄本島北部)やイリオモテヤマネコ(西表島)など貴重な希少種・固有種が数多く息づく生物多様性が評価され、「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」の世界自然遺産登録が正式に決定となりました。白神山地(青森、秋田両県)、屋久島(鹿児島県)、知床(北海道)、小笠原諸島(東京都)に続き、日本では10年ぶり5件目になります。
沖縄旅行のおすすめの観光地は?
沖縄にはみんなの心を動かす絶景や観光スポットが満載。まるで沖縄の海の中にいるような感覚で見学できる「沖縄美ら海水族館(沖縄本島)」。世界有数の透明度に小さな島々が浮かび日差しにより色が変化する美しい幻想的な景観が広がる「川平湾(石垣島)」。360度見渡す限りに広がる海と大空の景色が印象的な天国のような白砂だけの絶景無人島「ハテの浜(久米島)」。全長7kmにも及ぶ、白い砂浜と青いグラデーションの海とのコントラストは東洋一と言われる絶景ビーチ「与那覇前浜ビーチ(宮古島)」。思わずSNSに即アップしたくなるような、心奪われる南国らしいビジュアルが広がる絶景スポットはもちろん、食べる前に撮影したくなるようなカラフルでパワフルな映えグルメも多くあります。
沖縄旅行の一人旅におすすめの観光地は?
世界自然遺産として有名な西表島や沖縄の原風景が息づく竹富島、牧歌的な風景が広がる小浜島など、それぞれに魅力溢れる八重山諸島の島めぐりが人気です。八重山諸島の玄関口となる石垣島は、沖縄本島から更に南西に約400km離れた場所にあり、また、八重山諸島の各島への移動手段はフェリーとなるため、必然的に移動時間も長くなるとともに、天候の影響による欠航のリスクもあるので、3日間の短い休みでは行きづらく、4日間以上のお休みを合わせるとなると、お友達とのスケジュール調整はなかなか大変。また、ビーチやカフェ、パワースポットなどの癒しスポットは好みや過ごす時間に個人差があり、お友達に合わせて行きたいスポットに行くのを諦めてしまう人も。生活スタイルの多様化から、旅に費やせる時間や求めるものが細分化されてきた今、誰かと一緒の旅とは違い、非日常だからこそ、他人に気兼ねなく、自分のしたいことをのんびり楽しめる「ひとり旅」で、南の島へいざ出発!
子供は何歳から旅行代金が必要?
添い寝幼児(0~2歳)代金は原則無料となり、航空座席、宿泊・食事・ベッド(布団)等の提供はありません。3歳以上の未就学児のお子様は、宿泊・食事・ベッド(布団)等を利用されない場合でも、航空機の座席は必要になりますので、添い寝幼児(3~5歳)代金が必要となります。3歳以上で宿泊・食事・ベッド(布団)等の提供を希望される場合は子供(3~11歳)代金となります。そのほか、添い寝利用であっても宿泊施設使用料が別途かかるホテルもございますので、お客様各自にて宿泊施設にご確認の上、現地にてお支払いください。
その他のエリアをみる
北海道東北北陸東海関西(近畿)中国四国九州 沖縄
旅行業公正取引協議会 jata
トップへ戻る