沖縄旅行 7月の沖縄の気候と服装と持ち物|オリオンツアー

沖縄の平均気温と降水量沖縄気候トピックスシーズン別の気候とおすすめの服装

シーズン別の気候とおすすめの服装 シーズン別の気候とおすすめの服装

沖縄の気候は、本州とはガラリと変わります。1年を通してすごしやすい気候ですが、それぞれ季節に特色があります。どんな服装で過ごしたらいいの?旅支度のご参考に!

7月の沖縄の過ごし方の特徴

7月の沖縄の過ごし方の特徴

6月下旬に梅雨が明けていよいよ沖縄旅行のトップシーズンとなる7月。降水量がグッと少なくなり、海に山に出かけるのにピッタリです。特にマリンレジャーを満喫したいのであれば台風の心配が少ない7月の半ばまでがオススメです。この時期の天候は落ち着いており、毎日が文字通り常夏の天候が期待できます。 慶良間諸島のダイビングでは、ケラマブルーと呼ばれるほど綺麗な海の青さを満喫できますし、幻想的な輝きを放つ恩納村の真栄田岬にある「青の洞窟」も人気のスポットです。また、与那国島の海底遺跡も人気のダイビングスポットで、何だかロマンがありますよね。いずれのスポットも特に7月に訪れたいスポットになっており、透明度が高いこの時期の沖縄の海を満喫してみてはいかがでしょうか。 また、7月は県内各地で夏祭りと花火大会が行われています。海から上がった後にゆっくりと祭りの雰囲気を楽しむのもよいかもしれませんね。

7月の沖縄の天気・気候

7月の沖縄の天気・気候

沖縄の7月は最高気温の平均が31度を超えて、まさに夏真っ盛りです。最低気温も27度近く、平均気温は29度弱ととにかく暑い季節です。天候は晴れが続きやすく湿度も控え目ですが、中旬頃からは湿った空気が流れこんできますので湿度が高くなりやすく蒸し暑い気候になります。注意したいのは紫外線対策で、曇り空でも紫外線は思いの外強いため日焼け対策は欠かせません。1年の中でも最も紫外線が強い7月は、日中のお出かけ用に日傘や帽子、サングラスを用意し、日焼け止めのクリームを塗ったおいた方が安心でしょう。本州の1.5倍も強いと言われる紫外線量ですから、何も対策をしないというのは観光客にとっては危険な行為と言えるかもしれませんね。 ただ、本州よりも最高気温が高くなることはありません。これは風の通りが良いからで、熱い空気がこもりにくいので陽射しは強いものの、常に風が吹いているような状態ですので日陰に入れば十分に涼しいと感じられるでしょう。

7月の沖縄の天気・気候にあった服装

7月の沖縄の天気・気候にあった服装

とにかく風通しの良い服装を心がけたいのが7月の沖縄です。陽射しが強くても風が吹いていますので、熱がこもりにくい服装でいれば比較的過ごしやすいといえるでしょう。沖縄ならではの装いのかりゆしウェアなどはまさに沖縄での暮らしに適していますので、訪れる前に購入しておくのも一つの方法かもしれませんね。 基本的に頭のてっぺんからつま先に至るまで夏の格好で問題ありませんが、日焼けを気にされる女性の方などは日焼け対策に羽織るものを持ち歩くのも良いかもしれませんね。この他には前述したように、日焼け対策としてアイテムをしっかりと持ち歩くようにしましょう。 またファミリーで出かける方の場合、子供の熱中症対策と紫外線対策はしっかりとしてあげましょう。大人が受けるダメージよりも大きいと言われていますので、対策を怠らないようにして楽しく過ごしたいものですね。

沖縄気候

沖縄気候

沖縄は亜熱帯気候の高温多湿で年間の降雨量も200ミリを超えます。
夏には日差しも強く南国特有の気候を満喫できます。周りを海で囲まれていることもあり夏でも
最高気温が35℃を超える猛暑日が少なく、日陰に入れば心地よい風が吹いてきます。
また、冬は10℃を下回る事がないため過ごしやすく温暖な沖縄が満喫できます。
旅行するシーズンによっていろいろな沖縄の一面が楽しめます。

沖縄の紫外線

沖縄の紫外線

沖縄の太陽光線は、他県から比べるとかなり強くて、紫外線の照射量も気にしないといけません。
薄曇りでも安心しないで紫外線対策が必要です。
効果の高い日焼け止めをまめに塗る事で、日焼けを防ぐようにしましょう。
泳ぐ際Tシャツやラッシュガードを着るのもオススメです。

沖縄台風

7月の沖縄の台風情報

沖縄の夏は楽しいものの、気になるのが台風です。せっかくの沖縄旅行も台風に見舞われては楽しさが半減してしまいますよね。
7月にやってくる台風は比較的中旬以降になり、統計情報によると7月の上陸は1.4個となっています。
この時期の台風は沖縄付近で方向転換するという特徴を持っており、その際に台風のスピードが落ちるため沖縄に与える影響が大きくなりがちです。
暴風圏内に入っている時間が本州よりも長く、場合によっては24時間以上も暴風圏に入り、足止めされてしまうリスクをはらんでいます。
台風の進路は気まぐれという部分がありますが、この時期の台風は発生すると沖縄めがけて突進してくるようにも見えます。
そのため、訪れる前には気象情報をしっかりと確認しておきましょう。特に足止めされるリスクを考えた場合、現金を少し多めに用意しておくなども良いかもしれませんね。



沖縄旅行を計画する時に台風を心配する方も多いでしょう!
いつ来るか正確な予想は不可能に近いです。
台風の時期を考えなかったためにせっかくの沖縄旅行が残念な結末を迎えるのはさけたいですね。
そこで以下の表は過去のデータを基にデータをまとめてみました。

沖縄への台風接近数
台風の中心が沖縄県の気象官署から300㎞以内に入った場合を「沖縄地方に接近した台風」としてます。
※接近は2か月にまたがる場合があり、各月の接近数の合計と年間の接近数とは必ずしも一致しません。

5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月
2019 1 1 3 2 1
2018 2 3 4 2 1 1
2017 3 1 1 2
2016 1 1 4 1
2015 1 2 2 1
2014 2 3 2 2 2
※気象庁ホームページより

沖縄の島々

沖縄までの距離は東京から沖縄本島まで約1,600㎞。さらに宮古諸島は沖縄本島から約300㎞、八重山諸島は沖縄本島から約400㎞~500㎞離れています。八重山諸島にある日本最西端の与那国島は台湾まで約100㎞の近さにあります。沖縄県全体では、大小約360の島がありそれぞれ自然・伝統・文化が独自のものを持っています。気候・天候も島により違います。

map_detail
  沖縄行くならオリオンツアーの沖縄ツアー お薦めの沖縄ツアーサイト  
     
  沖縄ツアー特集   チョイスプラン  
  ▲沖縄ツアー特集
沖縄本島/宮古島/久米島/石垣島など多彩なツアーをラインナップ
  ▲アレンジ自在!1泊づつホテルの選択可
沖縄本島/久米島/宮古島/石垣島へ行こう
 
         
  直行便で行く沖縄離島   早割60  
  ▲直行便で行く沖縄離島
らくらく直行便で宮古島・石垣島へひとっ飛び
  ▲早期予約が断然お得♪11月出発まで設定あり!
60日前までのお申込みでお得な早得プラン
 
         
  しまりずむクーポン付き   夏休み特集  
  ▲JALしまりずむキャンペーン対象コース
体験や食事で使える1,500円分の金券付き
  ▲夏休みのおすすめツアー特集
体験メニュー付きや人気ホテルなど充実のラインナップ
 
         
  屋内プール   屋外プール  
  ▲屋内プール完備のホテル特集
強い日差しや急な悪天候でも大丈夫!
  ▲屋外プール完備のホテル特集
海だけじゃない!リゾートの醍醐味はプールにあり!
 
           

沖縄旅行 7月の沖縄の気候と服装と持ち物TOPへ