JAL利用!沖縄値下げセール情報 | 格安国内旅行オリオンツアー

JALで行く!沖縄ホテル値下げセール情報!

JALで行く!沖縄ホテル値下げ情報!

Feature

まずはここをチェック!
値下げセールのホテルラインナップ

  • ホテル協力により驚きセール価格を実現

    旅行に行きたい気持ちを全力応援!
    ホテル協力により驚きセール価格を実現

    突然休みがもらえた、ギリギリまで予定が立てられなかったという方も必見です!航空会社とホテルからの全面協力により、直前割や期間限定価格など、驚きのセール価格を実現。オリオンツアーは、お客様の「旅行に行きたい!」気持ちを全力で応援します!値下げセール中のホテルは随時更新しておりますので、JALで行く沖縄ツアーをお探しの方は、先ずはこちらをチェックしてみてください。節約できるところは上手に節約して、その分現地で楽しもう!

  • JAL(日本航空)グループ便確約!
    フルキャリアならではのおもてなし。

    快適におくつろぎいただける座席や清潔な機内など品質の高さ、空港スタッフや客室乗務員のお客さま一人一人に寄り添ったおもてなしも人気のJAL(日本航空)グループ便利用。価格重視のLCC(ローコストキャリア)とは違い、お一人様につき手荷物のお預けは20kgまで無料であり、機内Wi-Fiも無料で利用できるので、最大3時間超えとフライト距離の長い沖縄路線でも楽しく快適に過ごすことができます。また、ツアーご予約完了後よりJALホームページにて事前座席指定(座席数に限りあり)の手続きを行なえますので、小さいお子様連れでも安心です。

  • 2024年4月22日~5月12日出発限定
    15,000円割引キャンペーン実施中!!

    ゴールデンウィーク出発も割引対象!お子様連れの国内旅行を応援するお得な「JAL家族応援キャンペーン」実施中!

    ■対象予約期間:2024年3月15日(金)~2024年4月21日(日)
    ■対象出発期間:2024年4月22日(月)~2024年5月12日(日)
    ■利用人数:3~11歳のお子様を含む2名以上のグループ
    ■対象条件:旅行代金総額100,000円以上
    ■対象商品:JAL(変動型運賃適用)全ツアー対象
    ※ツアー名に「固定型商品」の記載があるツアーは対象外。
    ※JAL以外の航空会社利用ツアーは対象外。

    こちらのキャンペーンはお電話での割引適用となります。
    1.ツアーをオンラインにてご予約完了・ご決済ください。(この時点では割引適用されません)
    2.予約完了日の翌日までに当社予約センターへお電話いただき『JAL家族応援クーポン』適用希望である旨お申し出いただいたうえで、割引適用の手続きをさせていただきます。
    ※詳しくはこちらのページをご覧ください。

おすすめの4つのポイント

  • Point1

    JALフライトマイル加算対象

    JALフライトマイル加算対象

    人気のJALグループ便を往復利用!こちらの値下げツアーもJAL区間マイルの50%フライトマイルが貯まります。また、機内Wi-Fiを無料で利用できるので、機内で旅行予定の確認や気になる観光スポット検索など有意義な時間を過ごせます。

  • Point2

    飛行機の事前座席指定可

    飛行機の事前座席指定可

    ツアーご予約完了後よりJALホームページにて事前座席指定の手続きを行なえます。事前に航空便の座席指定をお済ませいただくと、空港でチェックイン手続きをせずに保安検査場へ直行いただけるので、スムーズでスマートな旅となります。

  • Point3

    全コース子供料金設定あり

    全コース子供料金設定あり

    3~11歳のお子様は全コースで子供料金が適用!航空券はもちろん、大人に準じたお食事や寝具が含まれます。但し、小学生でも出発日前に誕生日を迎え12歳になっている場合は大人の旅行代金(12歳以上)が適用されますのでご注意ください。

  • Point4

    幼児・添い寝料金もおトク

    幼児・添い寝料金もおトク

    2歳以下のお子様は、航空座席を利用せず、大人のお膝の上にお座りいただき、宿泊は寝具を利用しなければ、ツアー料金は無料です。3~5歳のお子様は、寝具を利用しなければ、往復航空券だけの子供料金よりもお得な添い寝料金があります。

Recommend

JALで行く格安沖縄ツアー!
値下げセールのホテルラインナップ

値下げセール中のホテルラインナップ

沖縄本島エリアの値下げホテル

値下げセール中のホテルラインナップ

宮古島エリアの値下げホテル

値下げセール中のホテルラインナップ

石垣島エリアの値下げホテル

値下げセール中のホテルラインナップ

久米島エリアの値下げホテル

値下げセール中のホテルラインナップ

沖縄全エリアすべての値下げホテル

Information

沖縄の基本情報

沖縄本島ってどんなところ?

大きく5つのエリアに分かれ、南北に約120kmと意外と大きい沖縄本島。沖縄随一の繁華街と歴史・文化が共存する「那覇エリア」、沖縄の神話と歴史が織り成す原点「南部エリア」、アメリカの文化が色濃く根付く「中部エリア」、ホテルやビーチが並ぶ沖縄屈指のリゾート地「西海岸エリア」、亜熱帯林が広がるネイチャーゾーン「北部エリア」。春夏秋冬問わず一年中マリンアクティビティを楽しめるほか、本格的なリゾートホテルやお洒落なカフェも多く、日本にいながら南国リゾートを満喫することができます。

中核都市
沖縄県那覇市
アクセス
那覇空港から那覇市街(国際通り)へ
ゆいレールで13~16分(270円)
車で約15分(5km)
タクシーで約15分(1,500円/目安)
バスで約25分(240円)
※2024年1月1日現在の情報です。
その他
オリオンツアーなら沖縄ツアーや旅行情報が充実!
>沖縄ツアー特集はコチラ

宮古島ってどんな所?

どこまでも広がるサトウキビ畑と青い海を飛び越えて、島から島へと渡る3本の架け橋。そして次から次へと現れる白砂ビーチなど、絶景スポットも多い宮古島。もっとも寒い1~2月でも最低平均気温は16℃程度と温暖で、春夏秋冬問わず一年中マリンアクティビティを楽しめるほか、本格的なリゾートホテルやお洒落なカフェも多く、日本にいながら南国リゾートを満喫することができます。

中核都市
沖縄県宮古島市
アクセス
宮古空港から宮古島市街(平良)へ
車で約15分(6km)
タクシーで約15分(1,500円/目安)
バスで約10分(240円)
※2024年1月1日現在の情報です。
その他
オリオンツアーなら宮古島ツアーや旅行情報が充実!
宮古島旅行特集はコチラ>

石垣島ってどんな所?

石垣島旅行の代表的な楽しみ方が島めぐり。日本最南端の有人島「波照間島」や、沖縄の原風景が今に残る「竹富島」、世界自然遺産に登録されたことでも注目を集める「西表島」など、島ごとに個性あふれる離島めぐりができるのも、八重山諸島の玄関口となる石垣島ならでは。もっとも寒い1~2月でも最低平均気温は18℃程度と温暖で、春夏秋冬問わず一年中マリンアクティビティを楽しめるほか、日本初でアジア全体でも2番目の「星空保護区」に認定されています。

所在地
沖縄県石垣市
アクセス
新石垣空港から石垣市街(離島ターミナル)へ
車で約30分(15.5km)
タクシーで約30分(3,300円/目安)
バスで約30~45分(500~540円)
※2024年1月1日現在の情報です。
その他
オリオンツアーなら石垣島ツアーや旅行情報が充実!
石垣島旅行特集はコチラ>

久米島ってどんな所?

沖縄本島から西へ約100kmの東シナ海に位置する「久米島」。貿易が盛んだった琉球王朝時代には、数ある琉球列島の島々の中でもっとも美しい島であることから、「球美(くみ)の島」とも呼ばれ、島全体が県立自然公園に指定された自然豊かな島。離島ならではの美しいビーチや景勝地、旧跡など、ここでしか出会えない風景も満載。美味しい島グルメを味わいつつ、離島ならではのゆったりとしたリズムに身を委ねて癒しの時間を過ごすことができます。

所在地
沖縄県島尻郡久米島町
行き方
久米島空港からホテルガーデンヒルズ久米島へ
車で約10分(5km)
タクシーで約10分(1,500円/目安)
※2024年1月1日現在の情報です。
その他
オリオンツアーなら久米島ツアーや旅行情報が充実!
久米島ツアー特集はコチラ >

FAQ

沖縄旅行のよくあるご質問

  • 沖縄旅行に適した服装はありますか?

    沖縄の気候は、本州とは大きく異なり。1年を通して温暖な気候ですが、それぞれ季節に特色があります。1年中で最も寒いのは12~2月です。コートや厚手のジャケットが活躍する場面も多く、昼夜の気温差もあるので体調管理には注意が必要です。逆に、本格的な夏の到来となり、最も暑くなるのは7~9月。紫外線は本州の約5倍とも言われ、照りつける日差しは痛いほどです。日焼け対策はもちろん、帽子やサングラス、日傘も重要なアイテムです。とはいえ、室内は冷房が効いているので、長袖の羽織があると便利です。そして、1年でいちばん過ごしやすいのは、日差しもやわらぎ、半袖でも快適な日が多い、3月下旬~5月上旬と10~11月。5月中旬から6月は本格的な梅雨シーズンとなり、雨の日が多くなるので傘は必須。服装は半袖&サンダルの夏モードでOKです。

  • 沖縄旅行に必要な持ち物はありますか?

    健康保険証や必要な方は常備薬、メガネやコンタクトレンズのほか、レンタカーを使用する方は運転免許証など現地調達ができなかったり、難しいものは荷造りの最後に改めて確認することが大切です。旅行先の素晴らしい瞬間を写真や動画に残したり、お店や観光情報の収集、地図アプリの活用など、利用シーンの多い携帯電話やスマートフォンも旅行時の必需品です。使用する頻度が高いので、充電器も忘れずに持っていきましょう。また、日常的にキャッシュレス決済を使用している方は、お店によっては利用できない場合も多くありますので、柔軟に対応できるよう現金も用意しておきましょう。航空券は多くの航空会社でスマートフォンでチェックインできますが、予備として印刷して紙でも持っておくことで、スマートフォンの充電がなくなった時でも対応できます。

  • 沖縄旅行のおすすめのアクティビティはありますか?

    青く透き通る沖縄の海は眺めるだけではもったいない!温暖な沖縄だからこそ、春や秋でもダイビングやシュノーケルなどで沖縄の海の美しさを体感するマリンアクティビティは大人気です。その中でも、神秘のブルー体験を気軽に体験できる、沖縄本島真栄田岬にある青の洞窟シュノーケリングはおすすめです。久米島では、見渡す限りコバルトブルーの海と大空が広がる砂浜だけの無人島・ハテの浜でのシュノーケル体験。宮古島では、神秘のパワースポットを目指し、秘境探検隊気分で楽しめる鍾乳洞探検ツアー。日本唯一の星空保護区に認定された石垣島では、海の上から星空を眺めるナイトクルーズプランも人気です。また、冬は冬で遭遇率98%の高確率を誇るザトウクジラのホエールウォッチングが楽しめます。

  • 沖縄旅行のおすすめの観光地はどこですか?

    沖縄にはみんなの心を動かす絶景や観光スポットが満載。まるで沖縄の海の中にいるような感覚で見学できる「沖縄美ら海水族館(沖縄本島)」。世界有数の透明度に小さな島々が浮かび日差しにより色が変化する美しい幻想的な景観が広がる「川平湾(石垣島)」。360度見渡す限りに広がる海と大空の景色が印象的な天国のような白砂だけの絶景無人島「ハテの浜(久米島)」。全長7kmにも及ぶ、白い砂浜と青いグラデーションの海とのコントラストは東洋一と言われる絶景ビーチ「与那覇前浜ビーチ(宮古島)」。思わずSNSに即アップしたくなるような、心奪われる南国らしいビジュアルが広がる絶景スポットはもちろん、食べる前に撮影したくなるようなカラフルでパワフルな映えグルメも多くあります。

  • 沖縄旅行の一人旅におすすめの観光地はどこですか?

    世界自然遺産として有名な西表島や沖縄の原風景が息づく竹富島、牧歌的な風景が広がる小浜島など、それぞれに魅力溢れる八重山諸島の島めぐりが人気です。八重山諸島の玄関口となる石垣島は、沖縄本島から更に南西に約400km離れた場所にあり、また、八重山諸島の各島への移動手段はフェリーとなるため、必然的に移動時間も長くなるとともに、天候の影響による欠航のリスクもあるので、3日間の短い休みでは行きづらく、4日間以上のお休みを合わせるとなると、お友達とのスケジュール調整はなかなか大変。また、ビーチやカフェ、パワースポットなどの癒しスポットは好みや過ごす時間に個人差があり、お友達に合わせて行きたいスポットに行くのを諦めてしまう人も。生活スタイルの多様化から、旅に費やせる時間や求めるものが細分化されてきた今、誰かと一緒の旅とは違い、非日常だからこそ、他人に気兼ねなく、自分のしたいことをのんびり楽しめる「ひとり旅」で、南の島へいざ出発!

  • 子供は何歳から旅行代金が必要になりますか?

    添い寝幼児(0~2歳)代金は原則無料となり、航空座席、宿泊・食事・ベッド(布団)等の提供はありません。3歳以上の未就学児のお子様は、宿泊・食事・ベッド(布団)等を利用されない場合でも、航空機の座席は必要になりますので、添い寝幼児(3~5歳)代金が必要となります。3歳以上で宿泊・食事・ベッド(布団)等の提供を希望される場合は子供(3~11歳)代金となります。そのほか、添い寝利用であっても宿泊施設使用料が別途かかるホテルもございますので、お客様各自にて宿泊施設にご確認の上、現地にてお支払いください。

  • 沖縄の旅行費用の目安はどのようになりますか?

    沖縄の観光についての統計・調査資料によると、沖縄宿泊旅行の1人1回あたりの平均旅行費用は2泊3日で約7万円前後です。一般的な旅行費用の内訳は、交通費、宿泊費、現地滞在費の大きく3つに分けられますが、沖縄旅行については、飛行機での移動が中心となるので、交通費は一般的な国内宿泊旅行と比べて高くなる傾向があります。また、沖縄には宿泊特化型ホテル、シティホテル、リゾートホテルなど、さまざまなホテルがあり、目的に応じて費用がさらに上昇することもあります。ただし、沖縄旅行の費用は訪れる時期によって大きく異なります。夏休みや会社の夏季休暇などを利用する観光客が最も多い8月は、旅費が最も高くなります。一方で、海でのアクティビティにはまだ早い1月の冬休み明けから2月初旬や、梅雨時期の5月下旬から6月中旬は、旅費を抑えることができます。また、航空券やホテルの早期予約も旅行費用を節約する方法です。近年、多くの航空会社やホテルがダイナミックプライシング(変動料金制)を導入しており、需要と供給に応じて価格が変動するため、航空機の空席率やホテルの空室率が少なくなるにつれて料金が上昇する傾向があります。そのため、早めの予約を行うことで費用を抑えることができます。目安としては、最も割引率が高いのは75日前の予約です。その後、55日前、45日前、28日前の予約といった区切りで、割引率は徐々に低下していきます。