知床半島の下側・羅臼の知られざる魅力を満喫する2泊3日の観光モデルコース | 北海道 網走・北見・知床 | おすすめ旅行プラン・モデルコース

東京発

出発する地域を選択

  • 東京発
    [羽田空港]
  • 名古屋発
    [中部国際空港空港、小牧空港]
  • 大阪発
    [伊丹空港、関西国際空港]
    神戸発
    [神戸空港]
  • 福岡発
    飛行機利用 [福岡空港、北九州空港]
    JR利用 [博多駅、小倉駅]
    船利用 [福岡、鹿児島]
知床半島の下側・羅臼の知られざる魅力を満喫する2泊3日の観光モデルコース

知床半島の下側・羅臼の知られざる魅力を満喫する2泊3日の観光モデルコース

更新日:
2020年4月27日

8,860

views

知床といえば知床五湖やカムイワッカ湯の滝、プレぺの滝などウトロの観光スポットが有名ですが、知床峠の反対側・羅臼にも魅力のある隠れた観光スポットや食材があります。団体観光客があまり訪れない羅臼に滞在し、一味違った知床の魅力を求めてみませんか。

1日目

1 女満別空港

2 知床峠

羅臼岳・国後島を見渡せる広大なパノラマ

知床峠

国道知床半島の斜里町ウトロと羅臼町を結ぶ知床横断道路の頂上にある知床峠は広大なパノラマが楽しめるスポット。11月上旬から4月下旬の間は積雪のため通行止め晴れとなり、日本で一番開通期間の短い国道と呼ばれています。晴れていれば迫力の羅臼岳、北方領土の国後島を望むことができます。羅臼方面へ向かう知床峠からの車窓からの風景が素晴らしいです。敷地内には展望スペース、駐車場、トイレ以外の施設はありません。広い駐車場の中央には町の境界線があり、斜里町と羅臼町のカントリーサインが表裏に表示している珍しい光景です。

【観光地・店舗】の基本情報
名称 知床峠
住所 北海道目梨郡羅臼町湯ノ沢町
電話番号 0152-22-2125(知床斜里町観光協会)
アクセス 車/ウトロから約20分
車/羅臼から約25分
営業期間・時間 4月下旬~11月初旬(冬季通行止め)
平均滞在時間 15分
関連サイト 知床峠|知床斜里町観光協会

約25分

3 知床食堂

羅臼昆布をふんだんに使った贅沢なラーメン

道の駅知床・らうすに併設されている知床食堂では羅臼の特産品を使ったメニューが盛りだくさん。そんな中でも羅臼といえば羅臼昆布! 超高級食材である羅臼昆布をふんだんに使った特製ラーメンをご賞味ください。昆布を練りこんだ麺、スープは昆布と鮭節の出汁に昆布塩を使用。トッピングにはとろろ昆布と刻み昆布と究極の羅臼昆布づくしの一品です。

【観光地・店舗】の基本情報
名称 知床食堂
住所 北海道目梨郡羅臼町本町361-1道の駅深層館
電話番号 0153-87-4460
アクセス 車/釧路から約2時間40分
営業期間・時間 5月~10月 8:00~19:00、11月~4月 8:00~17:00
料金など 羅臼昆布羅~メン 850円など
平均滞在時間 45分
関連サイト 羅臼の海味 知床食堂|世界自然遺産 知床羅臼町

約2分

4 知床ネイチャークルーズ

野生のシャチやマッコウクジラに出会える!

知床ネイチャークルーズ

日本では羅臼でしか見ることのできないオスのマッコウクジラ。7月から9月にかけて羅臼沖に回遊するため、息継ぎが終わって潜水するマッコウクジラを大迫力で観察できます。浸水する際に水面から姿を現す尾ひれがとても美しく、みんなシャッターチャンスを狙っています。6月に最も多く観察できるシャチも日本では和歌山県太地町と羅臼だけ。ブルーチングやホッピングなどの動きに魅了されることでしょう。他にもイシイルカやツチクジラなどの海洋生物やハシボソミズナギドリ等の海鳥に出会えます。。※クジラやイルカは野生の生き物です、100%出会えるとは限りません。

【観光地・店舗】の基本情報
名称 知床ネイチャークルーズ
住所 北海道目梨郡羅臼町本町27-1
電話番号 0153-87-4001
アクセス 車/釧路から約2時間40分
営業期間・時間 【5月上旬~10月中旬】9:00~11:30、13:00~15:30
料金など 大人8,800円 子供4,400円
平均滞在時間 2時間30分
関連サイト 知床ネイチャークルーズ

約5分

5 熊の湯

地元民の愛する天然露天温泉

熊の湯

1783年に見つかったと言われる羅臼温泉。熊の湯は、地元の人にも観光客にも愛され続けている温泉で、町の有志によって羅臼川のほとりに作られ、管理されています。原生林に囲まれた建物には男女別の浴場がそれぞれ1つずつ。こじんまりした女性浴場は囲いに覆われていて、男性浴場は開放感があり野性味あふれる大きな野天風呂です。泉質は硫黄臭が漂う白濁の塩化物泉。お湯の温度が熱いことでも有名で、50度になることも。入る前に手を入れて温度を確認することを忘れずに。

【観光地・店舗】の基本情報
名称 熊の湯
住所 北海道目梨郡羅臼町湯ノ沢町
電話番号 0153-87-3360(羅臼町観光協会)
アクセス 車/羅臼市街から約5分
営業期間・時間 通年(5:00~7:00は清掃のため入浴不可)
料金など 無料
平均滞在時間 30分
関連サイト 熊の湯|羅臼町観光協会

約5分

6 知床食堂

羅臼の隠れた名物! 黒ハモの蒲焼をごはんにのせた丼を

知床食堂

早めの夕食は再び知床食堂へ。羅臼の特産品がのった丼物の中でも他所ではめったに見かけない名物黒ハモ丼に挑戦してみてください。深海に棲んでいる黒ハモはそのほとんどが延縄漁でキンキに混じって揚がってくるのが殆どで、羅臼以外にはめったに出回らない希少な魚。しっかりと脂がのっていますが、さっぱり食感で、ご飯が進むこと間違いなしです。

【観光地・店舗】の基本情報
名称 知床食堂
住所 北海道目梨郡羅臼町本町361-1道の駅深層館
電話番号 0153-87-4460
アクセス 車/釧路から約2時間40分
営業期間・時間 5月~10月 8:00~19:00、11月~4月 8:00~17:00
料金など 黒ハモ丼1,300円 黒ハモ丼ミニ900円など
平均滞在時間 1時間
関連サイト 知床食堂

約5分

7 シマフクロウオブザバトリー

野生のシマフクロウを観察

シマフクロウオブザバトリー

シマフクロウは絶滅に最も近い種の1つで、北海道に約140羽しか生息していません。羅臼はシマフクロウが生息するための自然環境が整っていて、約20ほどの渓流にそれぞれの家族が縄張りを作っています。シマフクロウオブザバトリーはその中の一つの渓流にある、野生のシマフクロウを間近で観察撮影できる施設です。優しい照明と給餌池が設置されていて、シマフクロウの行動を邪魔しないよう配慮した環境下にある観察小屋があり、観察者がシマフクロウが現れるのを待ち構えています。

【観光地・店舗】の基本情報
名称 民宿鷲の宿
住所 北海道目梨郡羅臼町共栄町6
電話番号 0153-87-2877
アクセス 車/羅臼市街から約5分
営業期間・時間 日没~24:00くらい、年末年始を除き年中無休
料金など 1晩3,000円
平均滞在時間 3時間
関連サイト シマフクロウオブザバトリー

約5分

8 羅臼エリア

魚の城下町とよばれる漁業の町で宿泊

羅臼エリア

羅臼町は2005年にユネスコ世界自然遺産に登録された知床半島の中央を二分した南東側にあり、根室海峡を挟んで北方領土の国後島と対峙しています。根室海峡を基盤とする漁業の町で、主にサケ、イカ、スケトウダラ、ホッケ、ウニ、昆布が水揚げされます。宿泊施設はウトロ側に比べると少なく、大型ホテルはありませんが、羅臼町全体で約30軒あります。

【観光地・店舗】の基本情報
名称 羅臼町観光協会
住所 北海道目梨郡羅臼町本町361-1
電話番号 0153-87-3360
アクセス 車/釧路から約2時間40分
関連サイト 知床羅臼町観光協会

2日目

9 羅臼エリア

10:00頃 出発!

羅臼エリア

約6分

10 熊越えの滝

滝つぼで水遊びもできる! 

熊越えの滝

熊が滝を越えて往来したことから名付けられたといわれる熊越えの滝。地図上では知床横断道路から見えるのかな?と思われがちですが、知床横断道のシェルターの真下に位置するため耳をすませば爆音は聞こえますが見ることはできません。シェルターの手前にある駐車場に車を止めて片道約20分の遊歩道を進んだ先にあります。途中、温泉が湧いていたり、沢を渡ったり、短いながらも楽しみながら向かうことができます。滝が見えてから滝つぼまでは川の中を歩きますので、長靴か濡れてもよいサンダルがあると便利。滝つぼでマイナスイオンをたっぷり浴びてみてはいかがでしょうか。

【観光地・店舗】の基本情報
名称 熊越えの滝
住所 北海道目梨郡羅臼町湯ノ沢町
電話番号 0153-87-3360(羅臼町観光協会)
アクセス 熊越えの滝駐車場まで車/羅臼市街から約6分
営業期間・時間 知床横断道路開通時
平均滞在時間 1時間
関連サイト 【熊越の滝遊歩道】(羅臼町)羅臼ビジターセンター

約9分

11 丸魚濱田商店

生簀の中から選んだ新鮮なウニを自分で割って食べよう! 

丸魚濱田商店

流氷の海で1月下旬から6月まで行われる羅臼のウニ漁。羅臼のウニは超高級食材の羅臼昆布を食べて育っているから味は格別! 羅臼で採れた濃厚なバフンウニを生簀の中から選び殻を割る体験と、前浜であがった新鮮な魚介類を同時に楽しむランチが体験できます。ウニ漁期にしか体験できない贅沢をしてみませんか。丸魚濱田商店は自社で水産加工した海産物を販売しているのでお土産にもおすすめです。

【観光地・店舗】の基本情報
名称 丸魚濱田商店
住所 北海道目梨郡羅臼町礼文町365-1
電話番号 0153-87-3311
アクセス 車/羅臼市街から約3分
営業期間・時間 9:00~17:00
【ウニ割体験】2~6月 11:30~13:00
料金など ランチ付きウニ割体験4,800円
平均滞在時間 1時間30分
関連サイト うに割体験|羅臼丸魚濱田商店

約35分

12 ヒグマボートクルーズ

小型ボートで野生のヒグマを観察

ヒグマは日本に生息する陸棲哺乳類で最大の種で、国内では北海道のみに生息しています。知床の森の中にもたくさん生息し、身体が大きく、人間よりもはるかに早く走ることができるヒグマに遭遇した際、対処を間違えると襲われ命を落とすこともあります。ヒグマボートクルーズはヒグマを刺激しない距離を保ちながら、陸上より安全に観察することができる貴重なツアーです。また、知床半島のダイナミックな断崖景色に知床半島の突端にある知床岬、自然の中で暮らす動物をより自然な状態で観察できます。

【観光地・店舗】の基本情報
名称 知床岬ヒグマボートクルーズ
住所 北海道目梨郡羅臼町相泊
電話番号 0153-85-7604(知床らうすリンクル)
アクセス 車/羅臼市街から約32分
営業期間・時間 4月15日~10月15日 9:00~11:30、14:00~16:30
※9月16日~10月15日は13:00~15:30
料金など 大人10,000円 子供5,000円
平均滞在時間 2時間30分
関連サイト 知床峠ヒグマクルーズ|知床らうすリンクル

約2分

13 相泊温泉

日本最東端の温泉

相泊温泉

知床半島・最北東の道の果て、相泊にある相泊温泉は日本最北端にある温泉です。海岸線にある温泉は6月中旬から9月中旬までは地元の有志の人々が砂利を掘って、更に男女別になるように木枠とブルーシートで囲って管理しています。台風や強風、しけで入れないこともあります。テトラポットが積まれているため浴槽から目の前にある海は望めませんが、波の音を聴きながら野天風呂を堪能できます。泉質は塩化物泉なので湯冷めしにくいのが特徴。オフシーズンは自身で砂利を掘って浴槽を掘り出し海水で温度調節すればいつでも入浴できます。

【観光地・店舗】の基本情報
名称 相泊温泉
住所 北海道目梨郡羅臼町相泊
電話番号 0153-87-3360(羅臼町観光協会)
アクセス 車/羅臼市街から約30分
営業期間・時間 5月中旬〜9月上旬、日の出〜日の入(時化の場合入浴不可)
平均滞在時間 30分
関連サイト 相泊温泉|羅臼町観光協会

約30分

14 羅臼エリア

羅臼エリアで連泊

羅臼エリア

1日目同様、羅臼エリアでの宿泊が便利です。

3日目

15 羅臼エリア

9:00頃 出発!

羅臼エリア

約20分

16 羅臼湖

4つの沼を抜けた先にある幻の湖

羅臼湖

羅臼湖は知床半島最大の湖沼です。湖までは入り口から約3㎞、ぬかるみや木道を歩きます。自然保護のため必ず長靴を履いてぬかるみに臨みましょう。向かう途中4つの沼があり、特に3の沼の鏡羅臼岳が美しくビューポイントになっています。羅臼湖は静寂で、知西別岳をバックにした横に広がる大パノラマ。対岸にはエゾシカが戯れていることも。ぬかるみにアップダウンとハードなコースも、湖沼の美しい姿に魅了されよい思い出となるでしょう。周辺には駐車場がありませんのでウトロ、羅臼からバス、知床峠駐車場から徒歩で向かってください。また、周辺はヒグマ生息地なので単独行動は避け、ガイド同行で訪れることをおすすめします。

【観光地・店舗】の基本情報
名称 羅臼湖
住所 北海道目梨郡羅臼町湯ノ沢町
電話番号 0153-87-3360(羅臼町観光協会)
アクセス 羅臼湖入口バス停まで
バス/ウトロから約30分
バス/羅臼から約20分
営業期間・時間 知床横断道路開通時
平均滞在時間 3時間30分
関連サイト 羅臼湖|知床国立公園 羅臼ビジターセンター

約20分

17 そば処しずか

名物カニかき揚げとこだわりの更科そばを堪能

そば処しずか

創業50年、毎日手打ちで作られる無添加の手打ち更科そばが自慢のお店です。おすすめはカニかき揚げ。北海道を代表する海の幸カニをふんだんに使った食べ応えのある大きさのかき揚げで、なかなか見かけることはありません。そばとの相性も絶妙です。そば以外にもラーメンや定食物もそろっているのでファミリーでも楽しむことができます。

【観光地・店舗】の基本情報
名称 そば処しずか
住所 北海道目梨郡羅臼町栄町100-73
電話番号 0153-87-2733
アクセス 徒歩/羅臼営業所バス停から1分
営業期間・時間 11:30~18:30、不定休
料金など カニかき揚げそば1,130円など
平均滞在時間 45分
関連サイト そば処しずか

約1時間30分

18 裏摩周展望台

霧の影響を受けにくい穴場的展望台

裏摩周展望台

弟子屈町にある第1、第3展望台の反対側、清里町と中標津町の町境に位置する展望台です。弟子屈町側の展望台よりも標高が低く、霧のない湖面を見られる確率が高いことでも知られています。他の展望台に比べて知名度が低いこと、ゴールデンルートから外れているため比較的観光客が少なく静寂な摩周湖を楽しめます。

【観光地・店舗】の基本情報
名称 裏摩周展望台
住所 北海道斜里郡清里町
電話番号 0152-25-4111(きよさと観光協会)
アクセス 車/知床斜里駅から約50分(45㎞)
営業期間・時間 4月下旬~10月下旬(冬季通行止め)
平均滞在時間 15分
関連サイト 裏摩周展望台|きよさと観光協会

約15分

19 神の子池

静かな森の中にあるある神秘的な池

神の子池

摩周湖の伏流水からできたという言い伝えから名付けられた神の子池。近年パワースポットとして有名になりました。1日12,000tも湧き出る水は透明度が高く、コバルトブルーの水面の先には倒木が腐らずに化石のように沈んでいます。また、北海道にのみ生息する絶滅危惧種のオショロコマが木々の隙間を泳ぐ姿を目視できます。近年、環境保全のため池の周りに木道が整備されました。池に入ることはできませんが、池から溢れた水が川になり、川にかかる橋の上から伏流水に触れることができます。

【観光地・店舗】の基本情報
名称 神の子池
住所 北海道斜里郡清里町字清泉
電話番号 0152-25-4111(きよさと観光協会)
アクセス 車/知床斜里駅から約45分(38㎞)
営業期間・時間 5月上旬~11月中旬
平均滞在時間 30分
関連サイト 神の子池|きよさと観光協会

約1時間15分

20 肉の割烹田村

〆の食事は美幌の人気店でいただく

肉の割烹田村は美幌では知らない人のいない有名店。2020年1月まで東京・丸の内に支店があり、首都圏でも知られています。女満別空港から車で10分とアクセスがよく、〆の食事に最適な立地です。精肉店が経営しているだけにクオリティは高く、何を食べても大満足ですが、帰路の時間が気になるのでさくっといただける焼き肉がおすすめ。ランチはさらにお得で、牛サガリ定食が1,320円でいただけます!

【観光地・店舗】の基本情報
名称 肉の割烹田村
住所 北海道網走郡美幌町字大通北4
電話番号 0152-73-5008
アクセス 車/美幌駅から5分
営業期間・時間 11:30~14:30、17:00~21:30(日曜、振替休日は17:00-21:00)
料金など 和牛すき焼き・しゃぶしゃぶ1人前2,200円から、スタンダードコース4,400円など
平均滞在時間 1時間
関連サイト 肉の割烹田村

約10分

21 女満別空港

19:00頃 帰路も女満別から! 

知床観光は宿泊施設の充実したウトロを基点に周辺をめぐるプランがほどんどですが、今回は羅臼観光を軸に紹介しました。まだ知られてないアクティビティや名所がある魚の城下町・羅臼でゆっくり過ごしてみませんか。

コースマップ

1日目

  • 1 女満別空港
  • 2 知床峠
  • 3 知床食堂
  • 4 知床ネイチャークルーズ
  • 5 熊の湯
  • 6 知床食堂
  • 7 シマフクロウオブザバトリー
  • 8 羅臼エリア

2日目

  • 9 羅臼エリア
  • 10 熊越えの滝
  • 11 丸魚濱田商店
  • 12 ヒグマボートクルーズ
  • 13 相泊温泉
  • 14 羅臼エリア

3日目

  • 15 羅臼エリア
  • 16 羅臼湖
  • 17 そば処しずか
  • 18 裏摩周展望台
  • 19 神の子池
  • 20 肉の割烹田村
  • 21 女満別空港

【往復航空券+ホテル】羅臼に泊まる格安フリープランはこちら