癒しの森『世界遺産 白神山地』弘前から気軽に行けるトレッキング!日帰りモデルコース | 東北 青森 | おすすめ旅行プラン・モデルコース

東京発

出発する地域を選択

  • 東京発
    [羽田空港]
  • 名古屋発
    [中部国際空港空港、小牧空港]
  • 大阪発
    [伊丹空港、関西国際空港]
    神戸発
    [神戸空港]
  • 福岡発
    飛行機利用 [福岡空港、北九州空港]
    JR利用 [博多駅、小倉駅]
    船利用 [福岡、鹿児島]
癒しの森『世界遺産 白神山地』弘前から気軽に行けるトレッキング!日帰りモデルコース

癒しの森『世界遺産 白神山地』弘前から気軽に行けるトレッキング!日帰りモデルコース

更新日:
2020年10月14日

14,111

views

世界遺産の「白神山地」は青森県南西部と秋田県北西部にまたがる、人為的な影響をほとんど受けていない世界最大級のブナの原生林が広がる貴重なエリア。青森県側の白神山地玄関口である暗門から、日帰りで行けるトレッキングコースや「世界遺産の径(みち)ブナ林 小回りコース」を中心としたモデルコースをご紹介します。

1日目

1 JR弘前駅

8:20頃 レンタカーで岩木山を眺めながら白神山地へ出発

JR弘前駅

白神山地の青森県側の最寄り都市である弘前(ひろさき)市は、レトロな街並みや「ねぷた」、雄大な岩木山、アップルロードで有名です。日帰りで白神山地トレッキングをすれば、弘前観光も楽しめます。公共のバスでも白神山地に行くことができますが、日帰りで白神山地を楽しむならば時間を有効に使えるレンタカーを使うのがお勧め。

白神山地の世界遺産地域は核心地域と緩衝地域に区分されています。核心地域は次世代に貴重な自然環境を引き継いでいくために、人の手を加えることができません。秋田県側にはもともと登山道がなく、核心地域へのトレッキングが可能なのは基本的に世界遺産登録前からあった青森県の既存の歩道と27の指定ルートのみなのです。

約25分

2 白神山地ビジターセンター

日本初の世界遺産「白神山地」の魅力を学べる施設

白神山地ビジターセンター

世界遺産の白神山地を知る第一歩として立ち寄っておきたいのが、白神山地ビジターセンターです。白神山地ビジターセンターは弘前駅から車で約30分の場所にあり、西目屋村の中心地に位置しています。白神山地登山コースや散策路の案内の他に、ブナと生態系との関わりを学べる展示ホール、四季の白神山地を見ることができる映像体験ホールなどがあります。ブナの木は日本全国で見ることができますが、白神山地は他の木を交えない純林の割合や若木が育ち世代交代の進む勢いは世界的に見てもほとんど例がありません。このブナの原生林と貴重な動植物が分布する価値の高い生態系を有することが認められ、1993年に日本初の世界遺産として登録されました。

【観光地・店舗】の基本情報
名称 白神山地ビジターセンター
住所 青森県中津軽郡西目屋村大字田代字神田61−1
電話番号 0172-85-2810
アクセス 車でJR弘前駅から約35分
弘南バスでJR弘前駅より約40分(6/1〜10/30)
営業期間・時間 8:30~17:00(4/1〜10/31)、9:00〜16:30(11/1〜3/31)
【休館日】
4月〜12月 第2月曜日(祝日の場合は翌日)※8月は第4月曜日、
1月~3月 毎週月曜日と木曜日(祝日の場合は翌日)、
12月29日~1月3日

料金など 入館料無料 (大型映像観覧は大人200円、小人100円)
平均滞在時間 30分
関連サイト 白神山地ビジターセンター

約15分

3 白神山地観光案内所(暗門)

青森県側の白神山地散策拠点

白神山地観光案内所(暗門)

アクアグリーンビレッジANMON施設内にある白神山地観光案内所はトレッキングコースのスタート地点であり、白神山地散策の拠点です。人気のトレッキングルートは核心地域の自然や渓谷を満喫できる暗門渓谷ルートです。このルートにはいくつかのコースがあり、暗門第3の滝往復コースは川の横断箇所に簡易な歩み板を設置し、歩きやすく整備していますので、川に入らずに通行できます。所要時間は約120分から160分。暗門第2の滝から第1の滝へのコースは歩道として整備されていませんので、上級者向けです。所要時間は3時間以上。ガイドの同行が推奨されています。トレッキングコース以外にも、初心者でも楽しめる散策道もあります。

【観光地・店舗】の基本情報
名称 白神山地観光案内所
住所 青森県中津軽郡西目屋村大字川原平字大川添
電話番号 0172-85-3021
アクセス 車でJR弘前駅より約60分
弘南バスでJR弘前駅より約1時間半(6/1〜10/30)
営業期間・時間 冬期休業期間11月10日~4月下旬
料金など 無料
平均滞在時間 15分間
関連サイト 白神公社

約1分

4 アクアグリーンビレッジANMONセンターハウス

トレッキングガイド予約受付や問い合わせに対応

アクアグリーンビレッジANMONセンターハウス

トレッキングガイドを依頼するには基本的に予約が必要です。アクアグリーンビレッジANMONセンターハウスにあるインフォメーションでは、白神公社所属ガイドに関する詳しい問い合わせに対応しています。ガイド料金はコースにもよりますが、ガイド1名に付き参加者6〜15名までで11,000円〜、3〜5名の場合は10,000円〜です。散策道は整備されていますので、初めての方でもガイドを依頼する必要はありませんが、豊富な知識と経験を持ったガイドはクマゲラや植物などの話などをして、パンフレットや書籍からでは知ることのできないような充実した案内をしてくれます。お子さん連れの方にもガイドとの散策は人気があります。

【観光地・店舗】の基本情報
名称 アクアグリーンビレッジANMON
住所 青森県中津軽郡西目屋村大字川原平字大川添417
電話番号 0172-85-3021
アクセス JR弘前駅より車で約55分
営業期間・時間 冬期休業期間11月10日~4月下旬
料金など ガイド料金
「暗門第3の滝往復コース」ガイド1名(1〜2名)13,000円
「世界遺産の径(みち)ブナ林 小回りコース」ガイド1名(1〜2名)9,000円など
平均滞在時間 15分間
関連サイト 2019年度 世界自然遺産白神山地トレッキングガイド(解説員)料金表

約1時間半(スタートからゴールまで)

5 世界遺産の径(みち)ブナ林散策道

家族で楽しめる白神山地初心者トレッキングコース

世界遺産の径(みち)ブナ林散策道

程良く整備された歩道があり、手軽に白神山地の自然を楽しめるのがこの世界遺産の径(みち)ブナ林散策道です。一周約2kmで所要時間は往復で約30分から1時間半。周回型でショートカットできるコースもあります。起伏がありますが、ファミリーでも無理なく散策できます。雪がまだ歩道に残る早春、萌黄色のブナが芽吹く春、葉が生い茂り太陽の光がこぼれる夏、紅葉の秋。春・夏・秋、3シーズンを通じて楽しめる散策コースです。

【観光地・店舗】の基本情報
名称 世界遺産の径(みち)ブナ林
住所 青森県中津軽郡西目屋村
電話番号 0172-85-3021
アクセス JR弘前駅より車で約55分
営業期間・時間 冬期閉鎖11月初旬~4月下旬
平均滞在時間 1時間半
関連サイト 白神公社 散策道情報

6 暗門の湯(アクアグリーンビレッジANMONのセンターハウス内)

お風呂があるので白神山地で思いっきりエンジョイできる

暗門の湯(アクアグリーンビレッジANMONのセンターハウス内)

トレッキングで汗をかいたり川を横断したりした後は、お風呂に入ってさっぱりしたいもの。アクアグリーンビレッジANMONのセンターハウス内には入浴施設「暗門の湯」があります。インフォメーションで料金を支払い、横にあるのれんをくぐり歩いて行くと、そこは壁に白神山地の写真が飾られた長い渡り廊下。廊下を抜けると、靴を脱ぐ場所となり、その奥に男女別の脱衣所があります。浴室には大きな窓があり、自然を眺めながらお風呂に入ることができます。

【観光地・店舗】の基本情報
名称 暗門の湯
住所 青森県中津軽郡西目屋村大字川原平字大川添417
電話番号 0172-85-3021
アクセス JR弘前駅より車で約55分
営業期間・時間 7月1日〜10月31日
入浴時間/9:00~17:00
料金など 入浴料金/大人550円、小人・65歳以上350円、幼児は無料
平均滞在時間 45分間

7 ANMONレストラン(アクアグリーンビレッジANMONのセンターハウス内)

西目屋村の特産が味わえるお食事処

ANMONレストラン(アクアグリーンビレッジANMONのセンターハウス内)

西目屋村特産のそばの芳醇な香りと味を楽しむには、まずは何もつけずに一口、次に塩で一口、そして天つゆで一口。そばのおいしさ目覚める人も少なくありません。オススメのメニューは「白神舞茸天ざるそば」。白神山地の舞茸の天ぷらとの絶妙なコラボレーションが自慢です。他にも、そばつゆをベースにしたラーメンに山菜をトッピングし、このレストラン自慢のカレーをかけた「白神カレーラーメン」など、白神を舌でも堪能できるメニューがそろっています。白神の水を使ったりんごソフトクリームやコーヒーも好評です。

【観光地・店舗】の基本情報
名称 暗門の湯
住所 青森県中津軽郡西目屋村大字川原平字大川添417
電話番号 0172-85-3021
アクセス JR弘前駅より車で約55分
営業期間・時間 7月1日〜10月31日
食事11:00~15:00・喫茶9:00~16:00
料金など 白神舞茸天ざるそば1,000円、白神カレーラーメン800円、りんごソフトクリーム350円
(価格やメニューは変わる場合があります)
平均滞在時間 45分間
関連サイト 白神公社

約20分

8 乳穂ヶ滝(におがたき)

滝の裏側を歩ける神聖な滝

乳穂ヶ滝(におがたき)

暗門と道の駅「津軽白神・ビーチにしめや」の間にも見所があります。乳穂ヶ滝は高さ33m、白絹のような美しい滝。滝の裏には自然にできた洞窟があり、不動尊が祀られています。
昔から冬に結氷した滝の太さや形状などによって、翌年の農作物の豊凶占いの神事式が行われてきました。滝つぼまで結氷した乳穂ヶ滝は神々しく迫力があります。
※結氷の状況はHPでも確認できます。気候の影響などにより結氷しない年もあります。

【観光地・店舗】の基本情報
名称 乳穂ヶ滝
住所 青森県中津軽郡西目屋村大字田代字名坪平47−1
電話番号 0172-85-2111
アクセス JR弘前駅より車で約40分
平均滞在時間 15分間
関連サイト 西目屋村

約1分

9 ニシメヤ・ダムレイクツアー(※道の駅津軽白神インフォメーションセンター「津軽白神ツアー」で受付)

水陸両用バスで白神山地と津軽白神湖を満喫

ニシメヤ・ダムレイクツアー(※道の駅津軽白神インフォメーションセンター「津軽白神ツアー」で受付)

道の駅「津軽白神」のインフォメーションセンターでは、水陸両用バスで津軽ダム湖「津軽白神湖」を遊覧するニシメヤ・ダムレイクツアーを行っています。毎年4月末頃から10月末まで、毎日4便(水曜定休)を運行。ツアーは約60分間。出発の15分前にインフォメーションセンターに集合します。津軽白神湖の水上を約20分間、陸上を往復約40分間走り、トレッキングとはまたひと味違う白神山地の自然を楽しむことができます。毎月第一火曜日は「津軽ダム」の内部見学付きの2時間スペシャルツアーも開催されます。

【観光地・店舗】の基本情報
名称 津軽白神ツアー
住所 青森県中津軽郡西目屋村大字田代字神田219−1
電話番号 0172-85-3315
アクセス JR弘前駅より車で約35分
営業期間・時間 2019年4月27日(土)~10月31日(木)毎週水曜運休
料金など 大人2,500円、小人1,500円、幼児500円
平均滞在時間 1時間15分
関連サイト 西目屋村・水陸両用バス ダムレイクツアー

10 道の駅津軽白神・ビーチにしめや

ティータイムや白神山地のお土産を買うならココ

道の駅津軽白神・ビーチにしめや

道の駅「津軽白神」には、白神山地の農産物直売所やレストランなどが入っている「ビーチにしめや」もあります(ビーチとはブナのこと)。春は白神の天然山菜、夏は野菜、秋は天然きのこ、冬は限定「目屋豆腐」などが販売されており、お土産にすると喜ばれる品がたくさんあります。イート・コーナーには白神生ハチミツをトッピングするご当地アイスや、自家焙煎のコーヒーショップがあり、隣接する建物ではそば打ち体験もできます。白神山地への旅の最後にぴったりの場所です。

【観光地・店舗】の基本情報
名称 道の駅津軽白神・ビーチにしめや
住所 青森県中津軽郡西目屋村大字田代字神田219−1
電話番号 0172-85-2855
アクセス JR弘前駅より車で約35分
営業期間・時間 4月〜10月
売店 8:30〜17:00、レストラン 11:00〜15:00
11月〜3月
売店 9:00〜16:00、レストラン 11:00~14:00
平均滞在時間 60分間
関連サイト 道の駅津軽白神・ビーチにしめや

約30分

11 JR弘前駅

17:00頃 おつかれさまでした!

世界遺産に登録された白神山地を満喫するには、やはりブナの木の深い森の中を歩きたいもの。登山上級者でなくても気軽に行ける、日帰りで白神山地を満喫できるコースもあるのです。貴重な大自然に触れることのできる白神山地に、ぜひ一度いらしてみてください。

コースマップ

1日目

  • 1 JR弘前駅
  • 2 白神山地ビジターセンター
  • 3 白神山地観光案内所(暗門)
  • 4 アクアグリーンビレッジANMONセンターハウス
  • 5 世界遺産の径(みち)ブナ林散策道
  • 6 暗門の湯(アクアグリーンビレッジANMONのセンターハウス内)
  • 7 ANMONレストラン(アクアグリーンビレッジANMONのセンターハウス内)
  • 8 乳穂ヶ滝(におがたき)
  • 9 ニシメヤ・ダムレイクツアー(※道の駅津軽白神インフォメーションセンター「津軽白神ツアー」で受付)
  • 10 道の駅津軽白神・ビーチにしめや
  • 11 JR弘前駅

【往復航空券+ホテル】弘前に泊まる格安フリープランはこちら