四季折々の絶景と美食に出会える白浜・勝浦・熊野古道! 南紀和歌山2泊3日の鉄道旅モデルコース | 関西(近畿) 和歌山 | おすすめ旅行プラン・モデルコース

東京発

出発する地域を選択

  • 東京発
    [羽田空港]
  • 名古屋発
    [中部国際空港空港、小牧空港]
  • 大阪発
    [伊丹空港、関西国際空港]
    神戸発
    [神戸空港]
  • 福岡発
    飛行機利用 [福岡空港、北九州空港]
    JR利用 [博多駅、小倉駅]
    船利用 [福岡、鹿児島]
四季折々の絶景と美食に出会える白浜・勝浦・熊野古道! 南紀和歌山2泊3日の鉄道旅モデルコース

四季折々の絶景と美食に出会える白浜・勝浦・熊野古道! 南紀和歌山2泊3日の鉄道旅モデルコース

「せっかくなら穴場巡りのような国内旅行をしてみたい」、「田舎でのんびりとした時間を過ごしたい」そんなちょっとした旅行通な方、南紀地方はいかがでしょうか? 絶品の海の幸を味わいつつ自然の中で山と海の景色をのんびりと眺める、そんな贅沢な非日常を体験しに行きましょう!

1日目

1 白浜駅

13:00頃 出発

約5分

2 とれとれ市場 南紀白浜

BBQから温泉まで楽しめる日本最大級の海鮮市場!

とれとれ市場 南紀白浜

地元の漁協が直営している日本最大級の海鮮市場。広大な売り場には地元でとれた新鮮な魚介類やおいしそうな干物や佃煮がずらりと並び、店員さん達の威勢のいい掛け声が飛び交っていて活気があります。魚介類の他にも和歌山県の特産品である梅酒やお菓子も購入可能。市場の外にはBBQガーデンも併設されており、市場の魚介類をその場で堪能できますよ。そして、とれとれ市場の隣には南紀白浜温泉の湯に日帰りで浸かることのできる温浴施設「とれとれの湯」があります。酸素風呂や炭酸風呂といった珍しい湯も体験できる人気の立ち寄りスポットです。

【観光地・店舗】の基本情報
名称 とれとれ市場 南紀白浜
住所 和歌山県西牟婁郡白浜町堅田2521
電話番号 0739-42-1010
アクセス 白浜駅からバスで5分
営業期間・時間 8:30~18:30
不定休
平均滞在時間 2時間
関連サイト とれとれ市場

約15分

3 白良浜

絵に描いたような青い海と白い砂浜!

白良浜

620mの白い砂浜が続く白浜随一の景勝地です。昔から近畿の海水浴場として不動の人気を誇ってきた海水浴場で、海水浴客でにぎわう夏場は白い砂浜の上にカラフルなパラソルが並び南国の雰囲気を感じられます。冬場12〜2月はイルミネーションイベント「砂浜のプロムナード」が開催され、浜辺に光で彩られたオブジェが出現しロマンチックな雰囲気に。

【観光地・店舗】の基本情報
名称 白良浜
住所 和歌山県西牟婁郡白浜町864
電話番号 0739-43-5511(白浜観光協会)
アクセス 白浜駅から明光バスで15分「白良浜」すぐ
平均滞在時間 1時間
関連サイト 白良浜/白浜町ホームページ

約15分

4 南紀白浜温泉

2日目

5 南紀白浜温泉

8:00頃出発

約3分

6 白浜駅

特急くろしおを利用し串本駅へ移動

串本駅より約30分

7 潮岬観光タワー

本種最南端で訪問証明書を貰おう!

潮岬観光タワー

誰もが1度は聞いたことのある本州の南端、潮岬。海抜100mの展望台を持つ潮岬観光タワーからは潮岬灯台や紀伊大島、そして紺碧の太平洋を一望でき、串本観光のマストスポットとなっています。併設されたレストランでは勝浦ならではの「マグロカツバーガー」などマグロ料理を頂けます。訪れた際には「本州最南端訪問証明書」を日付入りで貰えるので、よい旅の記念になるでしょう。

【観光地・店舗】の基本情報
名称 潮岬観光タワー
住所 和歌山県東牟婁郡串本町潮岬2706−26
電話番号 0735-62-0810
アクセス 串本駅から串本町コミュニティバス潮岬線で20分程度
営業期間・時間 8:30~16:30(ただし12〜2月は16:00まで)
料金など 大人 300円、小人 100円(関連サイトに大人100円引クーポンあり)
平均滞在時間 2時間
関連サイト 潮岬観光タワー

バスと徒歩で約1時間

8 道の駅 くしもと橋杭岩

大自然の力を感じよう!

道の駅 くしもと橋杭岩

海の浸食作用によって硬い石英斑岩だけが残り、岩が整然と海に向かって並んでいる不思議な光景。国の名勝天然記念物にも指定されており、浜辺に座ってのんびり眺めていると時間を忘れてしまうほど雄大な景色です!干潮時には対岸の弁天島まで歩いて渡ることも可能。道の駅「くしもと橋杭岩」が併設されており、お土産の購入や紀州名物ぽんかんのソフトクリームなども味わえます。

【観光地・店舗】の基本情報
名称 道の駅 くしもと橋杭岩
住所 和歌山県東牟婁郡串本町䰗野川1549-8
電話番号 0735-62-5755
アクセス 串本駅からバスで5分、徒歩30分
営業期間・時間 9:00~17:00(4月〜9月は18:00まで)
平均滞在時間 1時間
関連サイト 道の駅くしもと橋杭岩

徒歩約30分で串本駅、その後紀勢線に乗車し紀伊勝浦駅まで約30分

9 串本駅〜紀伊勝浦駅間の車窓

太平洋に沈む夕陽を車窓から

串本駅〜紀伊勝浦駅間の車窓

JR紀勢線は紀伊半島をぐるりと囲むように三重県の亀山駅と和歌山県の和歌山市駅を結んでいます。途中の勝浦、串本、白浜といった区間においては海沿いを走る場合が多く、海側の座席の車窓から見える海岸や川の景色の数々は風光明媚そのもの!そんな絶景路線の紀勢線ですが、夕暮れの時間帯の景色もおすすめです。車窓から茜空の太平洋と西の海に沈む夕陽を見るという非日常感を味わえるのもローカル路線ならではの旅情ですね。

【観光地・店舗】の基本情報
名称 串本駅
住所 和歌山県東牟婁郡串本町串本33-2

約5分

10 竹原

勝浦の新鮮なマグロを堪能

竹原

勝浦は生鮮マグロの水揚げ高日本一! 冷凍していない新鮮なマグロは普段なかなかお目にかかれませんが勝浦の町では味わえます。濃厚な味とともにねっとりとした食感をもつマグロの刺身に加え、尾ヒレやワタといった珍しい部位など数々の絶品を味わいましょう。

【観光地・店舗】の基本情報
名称 竹原
住所 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町大字築地4丁目3-23
電話番号 0735-52-1134
アクセス JR紀伊勝浦駅から徒歩3分
営業期間・時間 11:00~14:00、17:00~21:00
不定休
料金など 2,000円程度
平均滞在時間 1時間

約10分

11 紀伊勝浦市街

20:00頃 勝浦市内に宿泊

船で渡ることで有名なホテル浦島やホテル中の島などの有名な温泉宿や、駅近のホテルなど選択肢たくさんあります。夕飯の店は早く閉まるところが多いため注意が必要です。

3日目

12 紀伊勝浦市街

8:00頃出発

約10分

13 勝浦漁港にぎわい市場

勝浦漁港のマグロ競り

勝浦漁港にぎわい市場

勝浦に泊まった際はぜひ早起きをして勝浦漁港の競りを見に行きましょう! 土曜日を除く毎朝7時ごろに漁港に行くと、水揚げされたばかりのマグロがずらりと並び、競りの様子を2階のデッキから眺められます。漁業関係者の方々が体長1mを超えるマグロを見定めて落札していく雰囲気は一見の価値ありです。見学のあとはにぎわい広場でマグロの潮汁や串焼きを味わってみてはいかがでしょうか。

【観光地・店舗】の基本情報
名称 勝浦漁港にぎわい市場
住所 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町大字築地7丁目12
電話番号 0735-29-3500
アクセス 紀伊勝浦駅から徒歩5分
営業期間・時間 8:00~16:00 ※火曜日を除く
平均滞在時間 1時間
関連サイト 勝浦漁港 にぎわい市場ホームページ

約20分

14 熊野古道 大門坂

世界遺産 紀伊山地の参詣道

熊野古道 大門坂

世界遺産の熊野古道というと、少しアクセスの難しい山中のイメージがあるかもしれませんが、実はこの大門坂は紀伊勝浦駅から路線バスで20分ほど。かつて多くの旅人が熊野本宮大社参拝のために歩いた参詣道の「中辺路」に当たり、苔むした石畳と杉林がなんとも風情ある参道となっています。大門坂から次の那智の滝まで3km弱はバスの利用も可能ですが、1時間ほどの丁度良いハイキングコースもあるので、山道の雰囲気を味わいたい方は歩きやすい靴と服装で訪れると良いでしょう!

【観光地・店舗】の基本情報
名称 熊野古道 大門坂
住所 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山
アクセス 紀伊勝浦駅からバスで20分
関連サイト 熊野古道 大門坂ー那智勝浦町観光協会

約10分

15 那智の大滝

高さ、水量共に日本一!

那智の大滝

旅の最後を締めくくるのは高さ、水量共に日本一の滝、那智の大滝です! 那智の滝はそれ自体が信仰の対象であり、熊野三山の1つである熊野那智大社に祀られたご神体です。神聖なスポットとしても有名で、五重塔と滝の組み合わせはなんとも日本らしくていいですね。那智の滝前バス停の周辺は茶屋やお土産屋が並び、那智黒の工芸品など珍しいお土産を買うこともできます。

【観光地・店舗】の基本情報
名称 那智の滝
住所 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町大字那智山
電話番号 0735-55-0321
アクセス 紀伊勝浦駅から熊野交通路線バス「那智山行き」で約30分、「那智の滝前」バス停下車、徒歩5分
営業期間・時間 7:00~16:30
料金など 大人300円、中学生以下200円
平均滞在時間 1時間
関連サイト 那智の滝ー那智勝浦観町観光協会

約30分

16 紀伊勝浦駅

14:00頃 おつかれさまでした!

非日常感溢れる南紀地方の旅はいかがでしたでしょうか?夏の白い砂浜、紅葉色づく雄大な山の景色、海を眺めて浸かる温泉などいつの季節でも楽しめる要素満載の旅路はこの上ない癒しの時間を過ごせます。旅行先としてはちょっとマイナーだけど自然の魅力溢れる、そんな南紀地方で新たな発見に満ちた旅に出かけましょう!

コースマップ

1日目

  • 1 白浜駅
  • 2 とれとれ市場 南紀白浜
  • 3 白良浜
  • 4 南紀白浜温泉

2日目

  • 5 南紀白浜温泉
  • 6 白浜駅
  • 7 潮岬観光タワー
  • 8 道の駅 くしもと橋杭岩
  • 10 竹原
  • 11 紀伊勝浦市街

3日目

  • 12 紀伊勝浦市街
  • 13 勝浦漁港にぎわい市場
  • 14 熊野古道 大門坂
  • 15 那智の大滝
  • 16 紀伊勝浦駅

このモデルコースに最適なツアー(航空券+ホテル)はこちら