美しい教会群と絶景の島旅『五島列島』と長崎の定番観光2泊3日モデルコース | 九州 長崎 | おすすめ旅行プラン・モデルコース

東京発

出発する地域を選択

  • 東京発
    [羽田空港]
  • 名古屋発
    [中部国際空港空港、小牧空港]
  • 大阪発
    [伊丹空港、関西国際空港]
    神戸発
    [神戸空港]
  • 福岡発
    飛行機利用 [福岡空港、北九州空港]
    JR利用 [博多駅、小倉駅]
    船利用 [福岡、鹿児島]
美しい教会群と絶景の島旅『五島列島』と長崎の定番観光2泊3日モデルコース

美しい教会群と絶景の島旅『五島列島』と長崎の定番観光2泊3日モデルコース

更新日:
2019年7月24日

4,079

views

九州の最西端、長崎港から西の海上約100㎞に位置し、大小140あまりの島々からなる五島列島。2018年6月「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」として登録され話題にもなり、一度は訪れてみたいという方も多いのでは。今回は、五島列島の一番大きな島で九州本土からもアクセスしやすい「福江島」の観光と、せっかくなのであわせて訪れたい長崎市内の定番観光地を2泊3日でめぐるモデルコースをご紹介します。
世界文化遺産の島となった五島列島ですが、実は福江島自体には世界遺産の構成資産となる教会はありません。しかしながら、潜伏キリシタンの歴史を物語る悲しくも美しい教会群はもちろん自然豊かな絶景も楽しめ、初めての五島列島への旅としてはおすすめの島です。
福江島へのアクセス方法はいくつかありますが、今回は長崎港からジェットフォイルを利用する行程でご紹介します。

1日目

1 長崎空港

旅のスタートは長崎空港から 10:00出発

長崎空港から長崎市内への移動手段は空港リムジンバスとなります。「出島道路経由」長崎市内行きにご乗車いただくと長崎港ターミナル最寄りの「大波止」バス停で降車することができ便利です(※長崎市内への運行ルートが複数ありますのでご注意ください)。
・長崎駅前まで所要約45分~55分(運行ルートによる)
・運賃(片道)大人1,000円、小人500円

【観光地・店舗】の基本情報
名称 長崎空港

長崎空港リムジンバス「出島道路経由」長崎市内行き乗車約40分「大波止」バス停下車、徒歩3分

2 長崎港ターミナル

長崎の海の玄関口(10:45頃着/11:30出航)

長崎港ターミナル

地域・離島の人々や観光客が利用する長崎の海の玄関口です。ターミナル内には食事処やお土産品店もあります。長崎港から福江島へは約1時間25分の船旅。九州商船が運航するジェットフォイルに乗船します。このモデルコースでは、長崎港11:30発⇒福江港12:55~13:20着の便を利用します。

【観光地・店舗】の基本情報
名称 長崎港ターミナル
住所 長崎県長崎市元船町17-3
電話番号 095-826-3033(長崎港ターミナルビル)、095-822-9153(九州商船株式会社)
アクセス 路面電車「大波止」電停より徒歩3分
料金など 運賃・料金(片道):大人5,610円~、小人3,650円~
※運航ダイヤ、運賃は、シーズン(乗船日)により異なります。詳しくは九州商船のホームページでご確認ください。
関連サイト 九州商船株式会社(公式ホームページ)

ジェットフォイルで約1時間25分~1時間50分

3 福江港ターミナル

五島の海の玄関口(12:55~13:20頃着)

福江港ターミナル

五島市の玄関口でもある福江港ターミナル。長崎・福岡・奈留島・久賀島・上五島の他、椛島・赤島・黄島への航路があります。ターミナル内には軽食コーナーのほか、五島土産もそろっており、2階の展望デッキからは福江島の景勝地「鬼岳」を望むことができます。
島内の移動手段として、路線バスは本数が少なく観光地をめぐるには適しておらず、基本的にはレンタカーの一択と考えてよいかと思います。観光タクシーのチャーターも可能ですが非常に割高です。どうしても運転に不安があるという場合は、島内の観光地をめぐる定期観光バスを利用するという方法もあります。島内には数多くのレンタカー会社があるものの、観光客が多い夏場は台数が足りなくなることもありますので予定が決まったら早めの予約をおすすめします。
※今回のモデルコースではレンタカーの利用を想定しています。

【観光地・店舗】の基本情報
名称 福江港ターミナル
住所 長崎県五島市東浜町2-3-1
電話番号 0959-72-2963
営業期間・時間 7:00~20:00頃(最終便到着)まで

約20分

4 水ノ浦教会

丘の上に建つ白亜の教会

水ノ浦教会

水ノ浦の入江を望む丘に立つ天主堂。昭和13年(1938年)現在の聖堂が建設され、木造教会堂としては最大規模の建物です。白を基調とした聖堂内は見事なコウモリ天井と色鮮やかなステンドグラスを通して注がれるやわらかな光が印象的で、厳粛な雰囲気をつくりだしています。目の前に美しい入江を望む景観が有名な五島を代表する美しい教会です。

【観光地・店舗】の基本情報
名称 水ノ浦教会
住所 五島市岐宿町岐宿1644
電話番号 0959-82-0103
アクセス 福江港から車で約20分
営業期間・時間 9時~16時
料金など 無料
平均滞在時間 20~30分

約15分

5 高浜海水浴場

日本一美しいと言われる白砂の絶景ビーチ

高浜海水浴場

天然の海水浴場としては、日本一の美しさを誇る白砂の海浜。輝くほどの砂浜を取り囲むように連なる山々の緑、波打ち際から水色、青色、藍色となって東シナ海に広がる様は美しいの一言。ビーチからの眺めはもちろんですが、すぐ近くの「魚藍(ぎょらん)観音展望所」からの眺めは、まさに息をのむ絶景。写真やポスターなどで見る高浜海水浴場の景色は、ここから撮影されたものが多いです。

【観光地・店舗】の基本情報
名称 高浜海水浴場
住所 五島市三井楽町貝津1054-1
電話番号 0959-84-3163
アクセス 福江港から車で約35分
平均滞在時間 約30分

約40分

6 井持浦教会

日本で最初のルルドのある教会

井持浦教会

1895年、フランス人宣教師ペルー神父によって創設された教会。レンガ造りの聖堂は五島最初のロマネスク様式として知られていましたが、1987年の台風による甚大な被害を受け、1988年にコンクリート造の現教会となりました。当時の五島列島司牧の責任者ペルー神父は、1899年、五島の信徒に呼びかけて島内の奇岩・珍石を集め、フランスのルルドを模して日本で最初のルルドを作りました。このルルドの霊水は本場の奇跡の泉から取り寄せたものを洞窟横の泉水に注ぎ入れたもので、この霊水を飲むと病が治ると言われ、日本全国の信者の聖地となっています。
※ルルドとは、フランス南西部ピレネー山脈の山麓にある町でカトリック信者の巡礼地のひとつ。聖母マリアのお告げにより、ルルドの洞窟から湧き出た泉の水を持ち帰り、病気の人に飲ませたところ病気が治ったと言われ奇跡の泉とされている。

【観光地・店舗】の基本情報
名称 井持浦教会
住所 五島市玉之浦町玉之浦1243
電話番号 0959-87-2023
アクセス 福江港から車で約50分
営業期間・時間 9時~17時
料金など 無料
平均滞在時間 約20~30分

約10分

7 大瀬崎灯台

映画のロケ地、断崖の上に建てられた白亜の灯台

大瀬崎灯台

海に突き出た断崖の上に立つ白亜の灯台で、日本の灯台50選のひとつ。映画「悪人」のロケ地としても知られています。展望所から望む東シナ海の大パノラマと断崖絶壁が作り出す壮大な風景は圧巻です。展望所からの景色で十分満足できるスポットですが、岬の灯台まで行かれる場合は駐車場から徒歩で片道20分の道のりです。

【観光地・店舗】の基本情報
名称 大瀬崎灯台
住所 五島市玉之浦町玉之浦
電話番号 0959-87-2211 (玉之浦支所)
アクセス 福江港から車で約1時間
平均滞在時間 約30~60分

約1時間

8 福江港周辺ホテル

ご宿泊は福江港周辺のホテルにて(17:30頃到着予定)

福江島の中心地は福江港周辺となっていて、宿泊施設、飲食店などが多く集まっています。周辺の宿泊施設は、民宿、ビジネスホテルが中心ですが、中心地から車で10分ごどの福江空港周辺には本格的なリゾートホテルもあります。

【観光地・店舗】の基本情報
名称 福江港周辺ホテル

【往復航空券+ジェットフォイル(またはフェリー)+ホテル】福江島に泊まる格安フリープランはこちら

2日目

9 福江港周辺ホテル

9:00頃出発

約20分

10 堂崎教会

五島のシンボル的教会。県指定有形文化財

堂崎教会

海辺に佇むこの教会は、明治6年禁教令解禁後、五島に初めて建てられた天主堂で、長崎で殉教した二十六聖人の一人、ヨハネ五島を記念して創立されました。赤レンガのゴシック様式の天主堂内には、現在キリスト教弾圧時の様子をうかがえる資料が展示され、資料館として残されています。世界遺産を構成する教会の一つとして当初推薦されていましたが、現在は資料館として利用されミサとしては使われていないこともあり、最終的には世界遺産の構成資産から除外される結果となりました。それにより福江島内で世界遺産を構成する教会はなくなってしまいましたが、それでも、堂崎教会が五島を代表する教会であることに変わりなく、多くの人々が訪れています。

【観光地・店舗】の基本情報
名称 堂崎教会
住所 長崎県五島市奥浦町堂崎2019
電話番号 0959-73-0705
アクセス 福江港から車で約20分
営業期間・時間 11/11-3/20:9:00-16:00、3/21-11/10:9:00-17:00、夏休みは9:00-18:00
料金など 大人300円、中高生150円、小学生100円

約25分

11 福江城(石田城)

城壁の三方を海に囲まれた日本唯一の海城

福江城(石田城)

五島藩主の居城跡で、第30代盛成公の時に黒船の来航に備えて造られました。お城は15年の歳月をかけて1863年に完成。城郭は東西291メートル、周囲1346メートルで、城壁の三方を海に囲まれた日本唯一の海城として有名です。江戸幕府の最後に築かれた最も新しい城ですが、時代はまもなく明治維新となり、築城からわずか9年にして解体されてしまいました。城の裏門である蹴出門は修復を重ねながら現存しており、また石橋や自然石を積み上げた石垣も当時の面影を残しています。

【観光地・店舗】の基本情報
名称 福江城(石田城)
住所 長崎県五島市池田町1番2号
電話番号 0959-74-2300
アクセス 福江港から徒歩約10分
料金など 無料
平均滞在時間 20~30分

3分

12 武家屋敷通り

当時のたたずまいを残す通り

武家屋敷通り

福江(石田)城址近くに、ほとんど当時のたたずまいを残している武家屋敷通りがあります。城を思わせる石垣塀は、こぼれ石と称される丸い小石を積み重ね、その両端を蒲鉾型の石で止めて作られており、外敵を防ぐために、このこぼれ石を用いたといわれています。この石垣塀、そのいかめしい門構えと共に全国的に類を見ないと高く評価されています。
通りの一角にある「武家屋敷通りふるさと館」は、市指定史跡「福江武家屋敷跡」に建てられたもので、武家屋敷通りを中心とした写真パネル等の展示、五島家庭園と同じ様式の林泉式庭園を眺めることができる和室や喫茶コーナーなどがあります。喫茶コーナーでは五島名物の「五島うどん」や「かんころ餅」も食べることができます。また館内では、五島に伝わる民芸品「バラモン凧」作りや草木染めなどの体験もできます。

【観光地・店舗】の基本情報
名称 武家屋敷通り
住所 長崎県五島市武家屋敷二丁目
電話番号 0959-72-2083(武家屋敷通りふるさと館)
アクセス 福江港から徒歩約10分
営業期間・時間 【武家屋敷通りふるさと館】
営業時間:8:30~17:00(7月~8月は8:30~18:00)
定休日:毎週月曜日(7月~10月は無休)、12月29日~1月3日
料金など 無料
平均滞在時間 20~30分

約5分

13 福江港ターミナル

12:00頃着/13:40頃出航

福江港から長崎港へは約1時間25分の船旅。九州商船が運航するジェットフォイルに乗船します。このモデルコースでは、福江港13:40発⇒福江港15:05着の便を利用します。出航時間まで余裕がありますので、福江港周辺で昼食をすませ乗船いただくのがよいと思います。
※運航ダイヤ、運賃は、シーズン(乗船日)により異なります。詳しくは九州商船のホームページでご確認ください。

ジェットフォイルで約1時間25分~1時間50分

14 長崎港ターミナル

15:00~15:10頃着

船旅を終え長崎港ターミナルに到着。ここからの長崎市内の移動には路面電車がおすすめです。比較的運行路線がわかりやすく市内の主な観光地へほぼアクセスできます。時間帯や路線にもよりますがおおむね5~10分おきには運行していますのでそれほど待つこともありません。運賃は乗車区間に関わらず一律130円となっていて、乗り放題の「一日乗車券/大人500円」もあります(※一日乗車券は電車車内での販売はしていません)。スマホからモバイル乗車券を購入することもでき、モバイル乗車券の場合は24時間乗車券も購入可能です。

路面電車「大波止」電停乗車約17分「平和公園」電停下車、徒歩3分

15 平和公園

平和を願う祈りの空間

平和公園

長崎は、第二次世界大戦で原爆が落とされた悲劇の歴史を持つ街としても知られています。平和公園は、原爆落下の中心地とその北側に、悲惨な戦争を二度と繰り返さないという誓いと、世界平和への願いを込めてつくられた公園です。毎年8月9日には、原爆で亡くなった約7万5000人の人々の慰霊祭と平和記念式典が平和祈念像の前で行われます。 高さ 9.7メートルの平和祈念像を中心に、水を求めてさまよった少女の手記がきざまれた「平和の泉」や世界各国から寄贈されたモニュメントなどが設置されています。
※このあとに立ち寄る「原爆資料館」の閉館時間の都合上、到着が遅くなった場合は、先に原爆資料館からまわるとよいです(原爆資料館、最終入館時間/17:00※5~8月は18:00)。

【観光地・店舗】の基本情報
名称 平和公園(平和祈念像・平和の泉)
住所 長崎県長崎市松山町 平和公園内
アクセス 路面電車「平和公園下車」、徒歩3分
平均滞在時間 30~45分
関連サイト 平和公園(平和祈念像・平和の泉)|観光スポット|【公式】長崎観光/旅行ポータルサイト ながさき旅ネット

約5分

16 原爆落下中心地公園

長崎のグラウンド・ゼロ

原爆落下中心地公園

原爆落下中心地公園の中に「原子爆弾落下中心地碑」が立っています。昭和20年(1945年)8月9日11時2分。この碑の上空500メートルの場所で人類史上二発目の原子爆弾が炸裂しました。現在この場所には、祈念碑のほか「浦上天主堂」の被爆当時の側壁が移築されています。また散乱したガラスなどが眠る被爆時の地層の様子を見られる場所もあります。

【観光地・店舗】の基本情報
名称 原爆落下中心地公園
住所 長崎県長崎市松山町
アクセス 路面電車「平和公園」電停下車、徒歩1分
平均滞在時間 約15分

約5分

17 原爆資料館

原爆の脅威と平和の尊さを体感できる施設

原爆資料館

長崎原爆資料館は原爆による被害の事実を伝え、原爆が投下されるに至った経過、被爆から現在までの長崎の復興の様子、核兵器開発の歴史、そして核兵器のない平和希求までがストーリーを持たせわかりやすく展示されています。

【観光地・店舗】の基本情報
名称 原爆資料館
住所 長崎県長崎市平野町7番8号
電話番号 095-844-1231
アクセス 路面電車「原爆資料館」電停下車、徒歩5分
営業期間・時間 8:30~17:30(5~8月は18:30まで。8月7~9日は20:00まで)入館は閉館時間の30分前まで
休館日12/29~12/31
料金など 【観覧料】一般:200円、小・中・高校生:100円 
平均滞在時間 45~60分
関連サイト https://nagasakipeace.jp/japanese/abm.html

路面電車「原爆資料館」電停乗車約11分「長崎駅前」電停下車

18 長崎市内ホテル

ご宿泊は長崎市内にて(18:00頃到着予定)※モデルコース上は長崎駅前周辺

長崎市内ホテル

長崎市内のホテルは比較的長崎駅周辺に多くあり、新地中華街、長崎市内の繁華街思案橋付近にもホテルが集まっています。また坂の街長崎らしく、稲佐山周辺には長崎の夜景を一望できるホテルもあります。ホテルにチェックインして少し休憩した後、夜景見学に行かれてはいかがでしょうか。
※写真はJR長崎駅

【往復航空券+ホテル】長崎市内に泊まる格安フリープランはこちら

長崎駅前から無料循環バスで約8分

19 長崎ロープウェイ(乗り場:淵神社駅)

5分間の空中散歩、長崎市のシンボル稲佐山へ

長崎ロープウェイ(乗り場:淵神社駅)

1,000万ドルの夜景と称される長崎の夜景のビュースポットとしても有名な稲佐山。その稲佐山山頂まで5分で運行するロープウェイです。乗り場の淵神社駅から稲佐山頂の稲佐岳駅まで所要約5分、15~20分間隔で運行しています。
【無料循環バスについて】
市内中心部にある5つのホテル等を回遊し、 長崎ロープウェイ淵神社駅までの往復を無料で毎日運行します。
1便:始発ホテル発19:00/淵神社駅発20:30
2便:始発ホテル発19:30/淵神社駅発21:00
3便:始発ホテル発20:00/淵神社駅発21:30
4便:始発ホテル発20:30/淵神社駅発22:10
※無料循環バスの乗車は、完全予約制です。必ずお客様各自にて予約を行い、予約確認画面をバス運転手にご提示ください。
※当日の12時より各便発車時刻(ホテルベルビュー長崎出島)の30分前まで乗車のご予約が可能です。
※往路及び復路ともに、同便のご利用となります。
※当日の予約状況によってはご乗車できない場合もございます。

【観光地・店舗】の基本情報
名称 長崎ロープウェイ
住所 長崎県長崎市淵町8-1
電話番号 095-861-3640
アクセス 【路線バスで】長崎駅から長崎駅前バス停より長崎バス3、4番系統(下大橋・小江原・相川行き)に乗車し約7分、「ロープウェイ前」バス停下車、徒歩約2分
【無料循環バスで】下記の「無料循環バスについての詳細はこちら」にてご確認ください。
営業期間・時間 【営業時間】午前9時から午後10時(通年)
※平常は始発より15~20分間隔にて運行
料金など 大人往復1,230円
関連サイト 1,000万ドルの夜景は稲佐山から「長崎ロープウェイ」

20 稲佐山山頂展望台

世界新三大夜景に認定された「1,000万ドルの夜景」

稲佐山山頂展望台

標高333mの稲佐山は、長崎市のランドマーク的存在で長崎屈指の夜景観賞スポットです。山頂からは長崎市内全景を望む360度のパノラマ、天候の良い日は雲仙・天草・五島列島までも望むことができます。1,000万ドルの夜景とも称され、2012年10月にはモナコ、香港とともに「世界新三大夜景」に認定されました。

【観光地・店舗】の基本情報
名称 稲佐山山頂展望台
住所 長崎県長崎市稲佐町
電話番号 095-861-7742(管理事務所)
アクセス ■ロープウェイで山頂まで行く場合
・「無料循環バス」で「淵神社駅」下車、ロープウェイで約5分
・「長崎駅前バス停」より長崎バス3・4番系統(下大橋、上小江原、相川行)乗車、淵神社下「ロープウェイ前バス停」下車、ロープウェイで約5分
営業期間・時間 【展望塔】:8:00~22:00
※長崎ロープウェイの営業終了時間に閉鎖されます。(屋上展望所は24時間開放)
平均滞在時間 45~60分
関連サイト 長崎市 稲佐山公園の施設紹介、アクセス、主なイベントをご紹介

長崎駅前まで無料循環バスで約8分

21 長崎市内ホテル

※モデルコース上は長崎駅前周辺

3日目

22 長崎市内ホテル

9:00頃出発 ※モデルコース上は長崎駅前周辺

路面電車「長崎駅前」電停乗車(新地中華街電停乗り換え)約18分「石橋」電停下車、徒歩2分

23 グラバースカイロード

坂の街長崎ならではの交通手段

グラバースカイロード

まずは、グラバースカイロードを利用して鍋冠山公園へ向かい、その後グラバー園(第二ゲートより入場)⇒大浦天主堂という順番で観光します。「大浦天主堂」電停で下車して大浦天主堂へ向かってしまいがちですが、そのあとに観光するグラバー園までの道のりがまあまあの坂道であることと、グラバー園自体も斜面を利用した敷地のため、通常多くの方が利用する第一ゲートを利用すると園内の観光が坂を上りながらになってしまうからです(一応園内にところどころ動く歩道はあります)。その点、このルートであれば、グラバー園園内の最高所付近に位置する第二ゲートから入場し、終始下りながら、らくに観光することができます。
グラバースカイロードは、基本的には市民の生活の交通手段ですが、一般、観光に関係なく無料で利用できます。また、途中展望スペースなどもあり長崎らしい坂のある風景を見ることができます。観光スポットではありませんが、日本で初めて「道路」として位置づけられた「斜めに動くエレベータ」という珍しいものでもあるので、ぜひ利用してみてください。

【観光地・店舗】の基本情報
名称 グラバースカイロード(斜行エレベーター)
住所 長崎県長崎市相生町上田町2号線
アクセス 路面電車「石橋」電停下車、徒歩約2分
営業期間・時間 運行時間 6:00~23:30
料金など 無料
関連サイト グラバースカイロード|バリアフリー|長崎市公式観光サイト「 あっ!とながさき」

グラバースカイロード1階の乗降口から約15分

24 鍋冠山公園

長崎港を一望する大パノラマ

鍋冠山公園

長崎港を一望する景色、そして夜景の美しさでは、稲佐山とならび長崎で1、2を競う美しさと言われています。標高333mの稲佐山に比べ、鍋冠山は半分ほどの169mに位置し、見下ろす街の景色を身近に感じることができます。長崎の展望スポットとしては稲佐山があまりに有名なため、グラバー園の第2ゲートから徒歩約10分の距離にありながら、観光客にはあまり知られていない穴場的なスポットです。前日の「稲佐山」の夜景に対して、ここ「鍋冠山」では長崎の昼景を楽しんでみてください。

【観光地・店舗】の基本情報
名称 鍋冠山(なべかんむりやま)公園
住所 長崎県長崎市出雲2丁目144-1
アクセス ・路面電車「石橋」電停からグラバースカイロード1階乗降口まで徒歩2分、グラバースカイロード(斜行エレベーターと垂直エレベータを乗継ぎ)を利用しグラバー園第2ゲートまで約3分、グラバー園第2ゲートから徒歩約10分
※グラバー園第2ゲートから鍋冠山公園の展望台までは所々に設置されてい案内板に従って進みます。ここからは上りの坂道と階段が続きますでの、多少きついですが絶景を見るためと思って頑張ってください。
平均滞在時間 15~30分

グラバー園の第2ゲートまで約10分

25 グラバー園

クラシカルな洋館から歴史を感じる

グラバー園

「グラバー園」は、国指定重要文化財の旧グラバー住宅・旧リンガー住宅・旧オルト住宅のほか、市内に点在していた6つの明治期の洋館を移築復元したものです。園内は長崎独特の坂の地形のため、動く歩道、エスカレーターを設け、壁泉・石畳による回遊道路をめぐらし、異国情緒あふれる観光名所となっています。長崎港、稲佐山をはじめとする緑したたる山々、人々の息づかいが感じられる街並み。偉人たちも魅せられた絶景が広がるビュースポットでもあります。「旧グラバー住宅」は2015年7月に「明治日本の産業革命遺産」の構成資産の一つとして世界遺産に登録されました。

グラバー園には「ハートストーン伝説」なるものがあり、園内のどこかにあるハート形の敷石をみつけると幸せになれると言われています。

【観光地・店舗】の基本情報
名称 グラバー園
住所 長崎県長崎市南山手町8-1
電話番号 095-822-8223
アクセス 第一ゲート:路面電車「大浦天主堂」電停下車、徒歩7分

第二ゲート:路面電車「石橋」電停からグラバースカイロード1階乗降口まで徒歩2分、グラバースカイロード(斜行エレベーターと垂直エレベータを乗継ぎ)を利用しグラバー園第2ゲートまで約3分
営業期間・時間 通年8:00~17:40(閉園18:00)年中無休
※入園受付終了時間は、閉園の20分前
料金など 入園料:大人610円、高校生300円、小・中学生180円
平均滞在時間 約1時間
関連サイト グラバー園公式ウェブサイト

約3分

26 大浦天主堂

現存する日本最古の教会建築

大浦天主堂

幕末の開国にともなって造成された長崎居留地の中に、在留外国人のために建設した中世ヨーロッパ建築を代表するゴシック調の教会堂です。現存するものでは国内最古となり、聖堂内を飾るステンドグラスには、約100年前のものもあります。建立間もない1865年3月17日、浦上の潜伏キリシタンが訪れ、信仰を告白したことにより、世界の宗教史上にも類を見ない「信徒発見」の舞台となりました。また、2018年にユネスコの世界文化遺産に登録された「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成資産のひとつです。

【観光地・店舗】の基本情報
名称 大浦天主堂
住所 長崎県長崎市南山手町5-3
電話番号 095-823-2628
アクセス 路面電車「大浦天主堂」電停下車、徒歩5分
営業期間・時間 8:00~18:00(入館は17:45まで)
料金など 拝観料:大人/1,000円 中高生/400円 小学生/300円
平均滞在時間 約30~45分
関連サイト 国宝 大浦天主堂

約4分

27 中華料理 四海樓

ちゃんぽん、皿うどん発祥の店

中華料理 四海樓

大浦天主堂を出る頃にはちょうどお昼時になりますので、近くのお店、四海樓(しかいろう)へ。創業明治32年の老舗中華料理店で「ちゃんぽん」「皿うどん」発祥のお店といわれている有名店です。ちゃんぽんや皿うどんなどの単品からコース料理まであり、定番メニューは1,000円前後からあります。1階は長崎の名産品が揃った土産店で、2階の「ちゃんぽんミュージアム」では、ちゃんぽんのルーツや貴重な資料が展示され誰でも無料で見学できます。 3・4階には大広間から個室対応の部屋があり、5階の海側は全面ガラス張りの展望レストランで、長崎港を一望しながら食事が楽しめます。

【観光地・店舗】の基本情報
名称 中華料理 四海樓(しかいろう)
住所 長崎県長崎市松が枝町4-5
電話番号 095-822-1296
アクセス 路面電車「大浦天主堂」電停より徒歩1分
営業期間・時間 営業時間: 11:30~15:00 | 17:00~21:00(20:00ラストオーダー)
店休日:不定休(但し、年末年始の12/30~1/1は店休)

路面電車「大浦天主堂」電停乗車約12分「めがね橋」電停下車、徒歩3分

28 眼鏡橋

日本最古のアーチ型石橋

眼鏡橋

眼鏡橋は、江戸時代の寛永11年(1634年)に作られ、日本初のアーチ式石橋として有名です。川面に映った影が双円を描き、「メガネ」に見えることから、この名前がついたと言われ、東京の「日本橋」、山口の「錦帯橋」と並び日本三名橋に数えられます。最近では、石橋近くの護岸にハート型のストーンが発見されたことから、恋が叶うパワースポットとしても話題になりました。緑の柳並木が美しい川沿いの道には昔ながらお店が立ち並び、レトロな雰囲気ただよう散策にぴったりな観光スポットです。

【観光地・店舗】の基本情報
名称 眼鏡橋
住所 長崎県長崎市魚の町・栄町と諏訪町・古川町の間
アクセス 路面電車「めがね橋」電停下車、徒歩3分
平均滞在時間 20~30分
関連サイト 眼鏡橋|観光スポット|【公式】長崎観光/旅行ポータルサイト ながさき旅ネット

路面電車「めがね橋」電停乗車(市民会館電停乗り換え)約12分「長崎駅前」電停下車

29 長崎駅前

長崎の名産品が揃う長崎駅前(14:30~15:00頃到着予定)

長崎駅前

お土産を買うなら、長崎空港もよいですが地元の名品が揃う長崎駅前がおすすめです。駅直結の駅ビル「アミュプラザ長崎」にある「おみやげ街道」には、長崎名物の「長崎カステラ」や「長崎ちゃんぽん」「皿うどん」はもちろん、地元で話題のスイーツなまでバラエティ豊かなお土産が揃っています。

※長崎市内から長崎空港への移動手段は空港リムジンバスとなります。長崎駅前以外にも乗車可能なバス停はありますので、ご都合に合わせて空港に向かわれてください。
・所要約45分~55分(運行ルートによる)
・運賃(片道)大人1,000円、小人500円

長崎空港リムジンバス「長崎駅前ターミナル」乗車約45分~55分

30 長崎空港

お疲れさまでした。(16:00頃到着予定)

五島列島の福江島と長崎市内の定番観光スポットをめぐるモデルコースはいかがだったでしょうか。3日目の長崎市内観光については、お帰りのフライト時間に合わせて見学時間や昼食時間を調整してみてください。また1日目長崎空港に到着するフライト時間によっては、1日目に先に長崎市内を観光して、2日目の朝一の便で福江島へ移動するパターンでもよいかと思います。このコースでは福江島だけでしたが、他の島も含め五島列島全体をめぐるなら2泊3日は必要です。五島列島の魅力をもっと深く知りたくなったら、再訪してじっくり観光してみてはいかがでしょうか。

コースマップ

1日目

  • 1 長崎空港
  • 2 長崎港ターミナル
  • 3 福江港ターミナル
  • 4 水ノ浦教会
  • 5 高浜海水浴場
  • 6 井持浦教会
  • 7 大瀬崎灯台
  • 8 福江港周辺ホテル

2日目

  • 9 福江港周辺ホテル
  • 10 堂崎教会
  • 11 福江城(石田城)
  • 12 武家屋敷通り
  • 13 福江港ターミナル
  • 14 長崎港ターミナル
  • 15 平和公園
  • 16 原爆落下中心地公園
  • 17 原爆資料館
  • 18 長崎市内ホテル
  • 19 長崎ロープウェイ(乗り場:淵神社駅)
  • 20 稲佐山山頂展望台
  • 21 長崎市内ホテル

3日目

  • 22 長崎市内ホテル
  • 23 グラバースカイロード
  • 24 鍋冠山公園
  • 25 グラバー園
  • 26 大浦天主堂
  • 27 中華料理 四海樓
  • 28 眼鏡橋
  • 29 長崎駅前
  • 30 長崎空港

このモデルコースに最適なツアーはこちら