【山形発】宮古島の人気観光ツアーなら格安国内旅行のオリオンツアー 24時間オンライン予約可能

出発地 出発地を選択
山形発 山形発
  • 北海道
  • 東北
  • 関東
  • 甲信越
  • 北陸
  • 東海
  • 関西
  • 中国
  • 四国
  • 九州
  • 沖縄
本土から南西約310kmに位置する島で、マングローブの原生林や池間大橋、など見所が豊富「東洋一」と呼ばれるパウダーサンドの「与那覇前浜ビーチ」や、日本百景の一つに数えられる「東平安名崎」など、絶景スポットが数多く存在。
  • オプションでレンタカー予約も可能

2つのツアーの違いを比較!

旅行代金
固定型ツアー
旅行代金
変動型ツアー
ツアーの特長 日程限定&フライト限定のため、その分旅行代金を大幅値下げしたツアー フライトの自由度が高く、空席状況に応じて旅行代金が変動するツアー
旅行代金のおトク度 とにかく安く行きたい方におすすめ 予約のタイミングによっては格安になることも
設定期間(出発日) 日程限定のため希望日に出発設定が無いことも(概ね60日先まで予約可能) 180日先まで全日出発設定あり
予約の取りやすさ 席数限定のため人気日程は早めに満席になることも 固定型ツアーが満席の場合でも予約可能なケースあり
フライト選択 JAL便利用、当社指定の便限定(原則往路羽田発朝便、復路新千歳発夜便)。 JAL便利用、ツアー設定複数便の中から自由に選択可能
空港集合の有無 あり
搭乗時間の1時間前に弊社指定カウンターにて集合・受付
なし
搭乗時間に合わせて各自ご搭乗
JALマイル フライトマイルの50%
事前座席指定 当日空港でのご案内
※可能な限り同行者様お隣での座席を配慮しますが、混雑便の場合、席が離れる場合もございます。
予約完了の1時間後から可能
キャンセル規定 出発の21日前まで無料 お支払い完了時点から発生

山形発宮古島おすすめツアー
【航空券+宿泊ダイナミックパッケージ】

山形発宮古島おすすめツアー
【現地交通・体験などセットプラン】

宮古島の地図とホテルから探す

宮古島のホテル一覧を見る
宮古島東急ホテル&リゾーツ マーカー
リゾート
宮古島東急ホテル&リゾーツ
交 通
宮古空港から車で約10分
ホテルブリーズベイマリーナ マーカー
リゾート
ホテルブリーズベイマリーナ
交 通
宮古空港から車で約15分
ヒルトン沖縄宮古島リゾート マーカー
リゾート
ヒルトン沖縄宮古島リゾート
交 通
宮古空港から車で約15分
ホテル・トリフィート宮古島リゾート マーカー
リゾート
ホテル・トリフィート宮古島リゾート
交 通
宮古空港から徒歩で約10分(車で約2分)
ホテル シーブリーズコーラル マーカー
リゾート
ホテル シーブリーズコーラル
交 通
宮古空港から車で約15分
ホテルライジングサン宮古島 マーカー
市街地
ホテルライジングサン宮古島
交 通
宮古空港より車で約10分
ホテルフィオマーレ マーカー
市街地
ホテルフィオマーレ
交 通
宮古空港より車で約10分
ホテルサザンコースト宮古島 マーカー
市街地
ホテルサザンコースト宮古島
交 通
宮古空港から車で約15分
ホテルアトールエメラルド宮古島 マーカー
市街地
ホテルアトールエメラルド宮古島
交 通
宮古空港より車で約10分
たびのホテルlit宮古島 マーカー
市街地
たびのホテルlit宮古島
交 通
宮古空港から車で約15分
ホテルピースアイランド宮古島 マーカー
市街地
ホテルピースアイランド宮古島
交 通
宮古空港より車で約10分
ホテルピースリーイン宮古島NEXUS マーカー
市街地
ホテルピースリーイン宮古島NEXUS
交 通
宮古空港から車で約10分
セントラルリゾート宮古島 マーカー
市街地
セントラルリゾート宮古島
交 通
宮古空港より車で約15分
マリンロッジ・マレア マーカー
リゾート
マリンロッジ・マレア
交 通
宮古空港から車で約15分
ウェルネスヴィラ ブリッサ マーカー
リゾート
ウェルネスヴィラ ブリッサ
交 通
宮古空港から車で約15分

特集&キャンペーン

宮古島の観光スポット情報

  • 与那覇前浜
    宮古島
    与那覇前浜
    「東洋一」とも言われる絶景ビーチが広がる、沖縄・宮古島の「与那覇前浜」。全長7kmにも及ぶ、長く白い砂浜と、水平線まで続く青いグラデーションの海がとても美しく観光に来たほとんどの人が立ち寄るであろう人気の観光スポット
    住所
    宮古島市下地字与那覇
    アクセス
    宮古島空港から車で15分
  • 東平安名崎
    宮古島
    東平安名崎
    宮古島の最東端、紺碧の海に2キロにわたって突き出し、幅最大160m、高さ約20mの隆起珊瑚礁の石灰岩から成る美しい岬。日本の都市公園100選や国の史跡名勝天然記念物にも指定された代表的な観光地。右に太平洋、左に東シナ海を望み、先端にある灯台からはほぼ360度水平線の雄大な風景を見ることができます。
    住所
    宮古島市城辺字保良平安名
    アクセス
    宮古島空港から車で40分
  • 幸せのハート岩
    宮古島
    幸せのハート岩
    池間大橋を渡った後に訪れるのは、池間島の北西部にひっそりとたたずむ「イキヅービーチ」と呼ばれる小さなビーチ。うっかりすると通りすぎてしまいそうになる静かなスポットですが、ここはNHKの連続テレビ小説「純と愛」のロケに使われ、ドラマの中で度々登場したビーチなんです。そして、ここでは見れるとラッキーな「幸せのハート岩」は要チェック!波の浸食により岩場にぽっかりと空いた空間がハート型に見えるところがポイントで、干潮時にしか姿を現さないことから、見れると幸せになれる幻の岩として人気です。近づいて見るよりも、「ハート岩」と書かれた小さな看板のある場所からのほうが、キレイなハートの形が見られます。
    住所
    沖縄県宮古島市平良前里字池間
    アクセス
    宮古島空港から車で40分
  • 池間大橋
    宮古島
    池間大橋
    宮古島といえば目も眩むような光の中で輝きを放つ美しい海。宮古ブルーが煌めく絶景の海の上を、疾走するような感覚で走れる大きな橋が宮古島には3本あります。その中でもNO.1の絶景といわれるのが「池間大橋」。青からエメラルドグリーンへの変化するグラデーションが美しい海を渡る「池間大橋」は、ザ・宮古島というべき絶景ブリッジです。でも、この絶景は運転中のドライバーにとっては、どうしても目がいってしまう辛い橋。だからこそ、わき見運転は要注意!池間大橋を渡る手前に車を止めて海を眺める場所(世渡崎駐車場)があるので、そこで車を止めて海を見るのがおすすめです。
    住所
    沖縄県宮古島市平良狩俣
    アクセス
    宮古島空港から車で35分
  • 伊良部大橋
    宮古島
    伊良部大橋
    宮古島の3大大橋の中で最も新しい2015年に開通した伊良部大橋。全長3,540(さんごのしま)m、無料で渡れる橋としては日本一長い橋です。橋の中ほどは大型の船が通れるように高く隆起しているため、海の上のジェットコースターのような形状は写真に映えること間違いなし。宮古島から伊良部大橋に入る手前、または渡ったあとの伊良部島側ともに駐車場があり撮影スポットになっていますが、おすすめは伊良部島側からの景色。渡ってきた海の青さを実感できるのはもちろん、池間島や来間島まで見渡すことができます。
    住所
    沖縄県宮古島市平良久貝
    アクセス
    宮古島空港から車で15分
  • 渡口の浜
    宮古島
    渡口の浜
    透明度と砂浜の美しさでは沖縄の中でも名高い伊良部島にある渡口の浜。パウダーサンドが800m続く離島ならではの景色のいい天然ビーチです。ビーチからの眺めも抜群で、明るいコバルトブルーの海の上に、緑におおわれた下地島(しもじじま)、来間島(くりまじま)、宮古本島がキラキラまぶしく輝いているかのように一望できます。駐車場やトイレを完備し、シャワー(有料)も利用できます。
    住所
    沖縄県宮古島市伊良部
    アクセス
    宮古島空港から車で25分
  • イムギャーマリンガーデン
    宮古島
    イムギャーマリンガーデン
    宮古島南岸特有の変化に富んだ海岸線や入江を活かした美しい海浜公園。静かなビーチを囲むような岩山も遊歩道や展望スペースがある人気スポット。ここの一番の特徴といえば、入り江の中にあるので、宮古島の他のビーチが波で荒れて泳げないような時でも何ごともなく泳げる時があるという、まさに天然のプールといった点。そのため、子連れの海水浴には最適なビーチでもあります。
    住所
    沖縄県宮古島市城辺友利605-2
    アクセス
    宮古島空港から車で20分
  • 下地島の通り池
    宮古島
    下地島の通り池
    陸側と海側、隣接する2つの池が地下部分でつながっており、さらに海側の池は洞穴を通して海にもつながっていることから「通り池」という名称がつきました。国指定の景勝地として天然記念物にもなっている貴重な場所。潮の満ち引きで池の水面の高さが変わり、それに伴い水温の違う水が接してできる境界面の色の変化が美しく、パワースポットととしても人気の場所です。
    住所
    沖縄県宮古島市伊良部佐和田
    アクセス
    宮古島空港から車で30分
  • 来間大橋
    宮古島
    来間大橋
    宮古島と来間島との海峡は流れが速く、常に海の水が循環しているので透明度がとても高い。さらに適度な深さがあるので海が程よい色合いになり、青の色彩がとても豊かな絶景橋。橋には歩道が整備されており、またスツール付きの展望デッキもあるので、ドライブコースとしてはもちろん、散歩コースとしても人気です。
    住所
    沖縄県宮古島市下地来間
    アクセス
    宮古島空港から車で15分
  • ベイクルーズ宮古島・モンブラン
    宮古島
    ベイクルーズ宮古島・モンブラン
    宮古島の美しい海をクルーズ船から楽しむという贅沢。県内初の海中展望型客船「モンブラン」ではご旅行のスケジュールに取り入れやすい時間帯のクルージングプランをご用意!伊良部大橋モーニングクルーズ・ランチクルーズ・ディナー&サンセットクルーズ・サンセットクルーズをお楽しみいただけます。
    住所
    宮古島市平良字下里108-11 マリンターミナル2F
    アクセス
    宮古島空港から車で15分
  • 雪塩ミュージアム(製塩所)
    宮古島
    雪塩ミュージアム(製塩所)
    雪塩ができるまでを学べるミュージアム。製造工程はもちろん雪塩の使い方から、宮古島に関するさまざまな情報まで、ガイドがご案内いたします。SHOPではミュージアム限定品や雪塩関連商品、人気の雪塩ソフトクリームも販売しています。ガイドの予約は不要。また、おひとり様でもご案内いたします。
    住所
    宮古島市平良字狩俣191
    アクセス
    宮古島空港から車で30分
  • 宮古島海中公園
    宮古島
    宮古島海中公園
    宮古島海中公園の目玉である海中観察施設。24個のアクリルパネルは大海とつながる自然の一部を見ることができます。観察施設では、お子様から年配者まで普段着のまま宮古島の神秘に満ちた海中世界に触れる事が出来ます。水族館では味わう事が出来ない、天候や海洋状況の変化で日々違う表情の海中世界を観察・体感する事により、今現在ありのままの海中世界を学ぶ事が出来ます。
    住所
    宮古島市平良字狩俣2511-1
    アクセス
    宮古島空港から車で25分

宮古島のアクセス・移動手段

宮古空港からの移動手段
宮古島市中心・・・車で約10分
宮古島市中心・・・路線バスで約30分位

宮古島旅行 旅のお役立ち情報

沖縄離島のことは「リトハク」
沖縄離島専門の観光情報サイト! 沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)が運営する観光オフィシャルサイト
沖縄県観光コンベンションビューロー公式サイト「リトハク」
知っておきたい沖縄の気候と服装を紹介!
知っておきたい沖縄の気候と服装を紹介♪
沖縄の平均気温と服装をアドバイス「沖縄の気候と服装!」
沖縄のグルメ&郷土料理の紹介!
沖縄のグルメと郷土料理を紹介!
旅行前に知っておきたい「沖縄のグルメ&郷土料理!」
台風時の対応方法!
台風で旅行に行けなっかった場合のご案内!~ツアーキャンセル時の対応と次回予約割引制度~
台風の際の対応&次回予約割引制度「リベンジ旅行を応援します!」

宮古島旅行のFAQ

宮古島への行き方は?
旅客フェリーの運航はありませんので、宮古島までの交通手段は現在、飛行機のみとなります。沖縄県外からは東京(羽田・成田)、大阪(関西)、名古屋(中部)、福岡より直行便が運航(一部季節運航)されていますが、そのほかの場合、まずは沖縄本島の那覇空港へ向かい、そこから飛行機を乗り継いで宮古島に行くこととなります。同じ空港内での国内線への乗り継ぎ(JALグループ便乗り継ぎの場合)は、通常20分以上(羽田では25分以上)の乗り継ぎ時間が必要ですが、那覇空港での乗り継ぎの場合は、30分以上の乗り継ぎ時間が必要となりますので、ご注意ください。
宮古島への旅行日数のおすすめは?
沖縄県外からの直行便(一部季節運航)のある宮古島では、直行便を利用することで2日間での旅行も可能ではありますが、ゆったりとした島時間を楽しみたいなら最低でも3日間は必要です。宮古島周辺には、伊良部島や池間島、来間島など風光明媚な離島があり、宮古島と橋で結ばれているので、絶景のドライブルートやSNS映え間違いないフォトスポットも多く、島内の観光スポットをめぐるだけでも1日を費やすことでしょう。また、世界屈指の海の美しさともいわれる宮古島には、人気のビーチや景勝地も多く点在しており、1日ゆっくりと海で過ごすのもおすすめ。マリンアクティビティも充実しているので、4日間の旅行であれば、1日はビーチやアクティビティにあてられますのでおすすめです。
宮古島での移動手段は?
宮古島には鉄道が通っていないため、公共の交通手段としては路線バスのみとなります。ただし、本数が少なく、運行している区間も限られるので、運行時間や接続などは事前に確認しておくのがおすすめです。路線バスは、地元の方々に密着したルートとなっているので、ビーチや観光スポットから離れている場合もあります。そのため、効率よく回るなら、行動範囲の自由度が高いレンタカーがおすすめ。宮古島旅行での移動手段はレンタカーが1番人気ということもあり、宮古島空港から店舗まで送迎をしてくれる会社など、島内にはレンタカー業者が多くあります。ただし、市街地は一方通行や道幅の狭い道路なども多くあり、また、郊外では信号が少なく一時停止などわかりにくい箇所もございますので、目的地の事前確認、安全運転を常に心がけてください。
宮古島のおすすめのアクティビティは?
青く透き通る宮古島の海は眺めるだけではもったいない!温暖な沖縄の離島だからこそ、春や秋でもダイビングやシュノーケルなどで宮古島の海の美しさを体感するマリンアクティビティは大人気です。その中でも、池間島の北東部に位置する八重干瀬(やびじ)は、大小100以上のサンゴが棲む日本最大級のサンゴ礁群となっており、その広さは宮古島の3分の1にもおよび、色とりどりの熱帯魚が棲む楽園でのシュノーケルが楽しめます。また、世界中のダイバーたちをも魅了する宮古島にはダイビングショップも多く、ライセンスを取得できるプランもあるので、せっかくなら世界屈指の美しい海でライセンスを取得して、初めて潜るのが宮古島という贅沢はいかがでしょうか。
宮古島のおすすめのグルメは?
太平洋と東シナ海に囲まれた南国の島らしいオシャレなご当地カフェやレストランも多い宮古島。宮古島には自然の河川がない上に、石灰岩からなる土壌は保水力が乏しく、降水量は多いのに古くから水不足に悩まされ続けてきましたが、世界初の大型地下ダムが建設されたことにより、沖縄県屈指の農業地帯に進化を遂げ、現在では基幹作物のさとうきびをはじめ、果樹なども盛んに栽培されており、特に宮古島産の島野菜を使った郷土料理は大人気。また、周辺の海は熱帯海洋域に属し、黒潮の流れに隣接し漁場が近くいため、魚介類も豊富です。島ならではの食文化を味わうのも宮古島旅行の醍醐味です。
宮古島旅行の費用の目安は?
沖縄の観光についての統計・調査資料によると、沖縄宿泊旅行の1人1回あたりの平均旅行費用は2泊3日で約7万円前後です。一般的な旅行費用の内訳は、交通費、宿泊費、現地滞在費の大きく3つに分けられますが、沖縄旅行については、飛行機での移動が中心となるので、交通費は一般的な国内宿泊旅行と比べて高くなる傾向があります。また、沖縄には宿泊特化型ホテル、シティホテル、リゾートホテルなど、さまざまなホテルがあり、目的に応じて費用がさらに上昇することもあります。ただし、沖縄旅行の費用は訪れる時期によって大きく異なります。夏休みや会社の夏季休暇などを利用する観光客が最も多い8月は、旅費が最も高くなります。一方で、海でのアクティビティにはまだ早い1月の冬休み明けから2月初旬や、梅雨時期の5月下旬から6月中旬は、旅費を抑えることができます。また、航空券やホテルの早期予約も旅行費用を節約する方法です。近年、多くの航空会社やホテルがダイナミックプライシング(変動料金制)を導入しており、需要と供給に応じて価格が変動するため、航空機の空席率やホテルの空室率が少なくなるにつれて料金が上昇する傾向があります。そのため、早めの予約を行うことで費用を抑えることができます。目安としては、最も割引率が高いのは75日前の予約です。その後、55日前、45日前、28日前の予約といった区切りで、割引率は徐々に低下していきます。
宮古島旅行に適した服装は?
沖縄の気候は、本州とは大きく異なり。1年を通して温暖な気候ですが、それぞれ季節に特色があります。1年中で最も寒いのは12~2月です。コートや厚手のジャケットが活躍する場面も多く、昼夜の気温差もあるので体調管理には注意が必要です。逆に、本格的な夏の到来となり、最も暑くなるのは7~9月。紫外線は本州の約5倍とも言われ、照りつける日差しは痛いほどです。日焼け対策はもちろん、帽子やサングラス、日傘も重要なアイテムです。とはいえ、室内は冷房が効いているので、長袖の羽織があると便利です。そして、1年でいちばん過ごしやすいのは、日差しもやわらぎ、半袖でも快適な日が多い、3月下旬~5月上旬と10~11月。5月中旬から6月は本格的な梅雨シーズンとなり、雨の日が多くなるので傘は必須。服装は半袖&サンダルの夏モードでOKです。
宮古島旅行に必要な持ち物は?
健康保険証や必要な方は常備薬、メガネやコンタクトレンズのほか、レンタカーを使用する方は運転免許証など現地調達ができなかったり、難しいものは荷造りの最後に改めて確認することが大切です。旅行先の素晴らしい瞬間を写真や動画に残したり、お店や観光情報の収集、地図アプリの活用など、利用シーンの多い携帯電話やスマートフォンも旅行時の必需品です。使用する頻度が高いので、充電器も忘れずに持っていきましょう。また、日常的にキャッシュレス決済を使用している方は、お店によっては利用できない場合も多くありますので、柔軟に対応できるよう現金も用意しておきましょう。航空券は多くの航空会社でスマートフォンでチェックインできますが、予備として印刷して紙でも持っておくことで、スマートフォンの充電がなくなった時でも対応できます。
その他のエリアをみる
北海道関東東海関西(近畿)中国四国九州 沖縄
旅行業公正取引協議会 jata
トップへ戻る