『白川郷・五箇山の合掌造り集落』せっかく行くなら両方見たい!2つの世界遺産をバスでめぐるモデルコース | 東海 富山・岐阜・石川・金沢 | おすすめ旅行プラン・モデルコース

東京発

出発する地域を選択

  • 東京発
    [羽田空港]
  • 名古屋発
    [中部国際空港空港、小牧空港]
  • 大阪発
    [伊丹空港、関西国際空港]
    神戸発
    [神戸空港]
  • 福岡発
    飛行機利用 [福岡空港、北九州空港]
    JR利用 [博多駅、小倉駅]
    船利用 [福岡、鹿児島]
『白川郷・五箇山の合掌造り集落』せっかく行くなら両方見たい!2つの世界遺産をバスでめぐるモデルコース

『白川郷・五箇山の合掌造り集落』せっかく行くなら両方見たい!2つの世界遺産をバスでめぐるモデルコース

更新日:
2020年2月5日

7,722

views

日本の原風景ともいうべき美しい景色が広がる白川郷・五箇山の合掌造り集落。一度は行ってみたい世界遺産として人気がありますが、知名度としては「白川郷」が圧倒的に有名で、意外と「五箇山」を知らない方も多いのでは。白川郷は岐阜県、五箇山は富山県にあり、金沢や富山を起点にめぐるのが一般的です。車があればベストですが、現地で運行しているバスをうまく組み合わせれば大丈夫!バスで白川郷・五箇山の両方を一日で見て回ることが可能です。せっかく行くなら両方見たい!そんな方におすすめのモデルコースです。

白川郷・五箇山をバスでめぐる一日コース

1 JR高岡駅

高岡駅前7番のりば(北口)8:10出発

旅のスタートは高岡駅から。加越能バスが運行している「世界遺産バス」は高岡から五箇山を経由して白川郷を結ぶ路線となっていて、五箇山へ行くには欠かせない観光路線バスです。今回はこのバスに乗車して、まずは五箇山の合掌造り集落に向かいます。運賃はバス車内で大丈夫ですが、片道一方方向のみ乗り降り自由の「高岡⇒白川郷「片道」フリーきっぷ(大人2,000円)」を購入した方が金額的に得なので、高岡駅北口にある加越能バス乗車券センターで乗車前に購入しましょう。この世界遺産バスは、平日は高岡⇔白川郷を5往復(城端⇔白川郷は6往復)、さらに土日祝は城端⇔白川郷が3往復追加となります。このモデルコースでは平日でも乗車可能なバスの便を利用してご紹介しますが、土日祝なら、追加になる運行便を利用すればさらにまわりやすくなります。

【観光地・店舗】の基本情報
アクセス JR高岡駅北口を出てすぐ
関連サイト 世界遺産バス(高岡・城端・五箇山・白川郷) | 加越能バス

1時間18分

2 相倉口バス停

9:28到着

5分

3 五箇山「相倉合掌造り集落」

美しくてどこか懐かしい日本の原風景

五箇山「相倉合掌造り集落」

「五箇山(ごかやま)」とは40の小さい集落の総称で、そのうち、相倉(あいのくら)と菅沼(すがぬま)の2つの集落が世界遺産に登録されています。相倉集落には20棟の合掌造り家屋が現存しており、合掌造りをそのまま利用した資料館や宿泊施設、食事処、土産店などがあります。五箇山の魅力といえば、合掌造り集落としての規模はそれほど大きくはないものの、白川郷ほどは観光地化されておらず、静かで素朴、昔ながらの集落の雰囲気をより味わえるところかと思います。相倉口バス停から集落の入り口までは徒歩5分ほどです。

集落の全景が一望できるビュースポット。集落に入るとすぐに撮影ポイントの案内版があり、それに従い5分ほど畑沿いの道を登ると到着します。上り坂が少し疲れますが、必ず行くべきスポットです。

【観光地・店舗】の基本情報
名称 五箇山(ごかやま)「相倉(あいのくら)合掌造り集落」
住所 富山県南砺市相倉
電話番号 0763-66-2123(世界遺産相倉合掌造り集落保存財団)
アクセス ・JR高岡駅前から世界遺産バスで1時間、五箇山相倉口下車
・JR城端線城端駅からバスで25分、相倉口下車徒歩3分
・東海北陸自動車道五箇山ICから車で20分(国道156号線経由)
営業期間・時間 8:30~17:00 無休
平均滞在時間 1~2時間
関連サイト 世界遺産 相倉合掌造り集落|【公式】世界遺産五箇山 観光情報サイト

5分

4 相倉口バス停

12:03出発

15分

5 菅沼バス停

12:18到着

1分

6 五箇山「菅沼合掌造り集落」

ほのぼのとした里山の原風景

五箇山「菅沼合掌造り集落」

菅沼集落には9戸の合掌造り家屋が現存しており、五箇山の歴史と伝統を体験できる五箇山民俗館や先人の文化や暮らしを体感することができる塩硝の館などがあります。もちろん、食事処や土産店、カフェなどもあります。相倉集落よりもさらにこじんまりとした雰囲気で、のんびりとした時間を過ごすことができます。

展望広場からはコンパクトな菅沼集落を一望できます。菅沼集落と隣の合掌の里をつなぐ歩行者用トンネルを進み、途中にあるエレベーターで上がると展望広場です。

【観光地・店舗】の基本情報
名称 五箇山「菅沼(すがぬま)合掌造り集落」
住所 富山県南砺市菅沼
電話番号 0763-67-3008(菅沼世界遺産保存組合)
アクセス ・JR高岡駅前から世界遺産バスで1時間15分、菅沼下車
・JR城端線城端駅から五箇山行バス40分、菅沼下車
・東海北陸自動車道五箇山ICから車で2分
営業期間・時間 8:00~17:00(4~11月) 9:00~17:00(12~3月)
※休場日 :12月31日~1月1日
平均滞在時間 1~2時間
関連サイト 世界遺産 菅沼合掌造り集落|【公式】世界遺産五箇山 観光情報サイト

1分

7 菅沼バス停

14:53出発

37分

8 白川郷バスターミナル

15:30到着

バスターミナルから徒歩すぐ

9 白川郷合掌造り集落

全国最大規模の合掌集落

白川郷合掌造り集落

岐阜県大野郡白川村の荻町地区にある大小100棟余りの合掌造り。これらを総称して「白川郷合掌造り集落」と呼んでいます。1995年に、富山県の「五箇山」とともに『白川郷・五箇山の合掌造り集落』としてユネスコの世界遺産に登録されました。まるで日本昔話にでてくるような山里の景色は、まさに日本の原風景といえます。集落には、飛騨牛コロッケや五平餅などの食べ歩き系から、郷土料理、手打ちそばなどの食事処、地元の名産品が買える土産店など、いろいろなお店があります。また、見学が可能な合掌造りの家屋や郷土館、展示館などで、合掌造り集落の生活を知ることもできます。五箇山の合掌造り集落と比べると、良く言えば観光客でにぎわっている、悪く言えば観光地化され過ぎている、とも言えますが、集落の大きさゆえ見どころも多く、展望台から見る集落全景の景色はやはり最大規模の白川郷ならではです。

【城山天守閣展望台】
城山天守閣展望台は、合掌造り集落のある荻町全体を見下ろす高台にあり、白川郷の全景を見ることができる絶景スポットです。ポスターやパンフレットでも見かけるあの景色はここからのものです。白川郷のバスターミナルから徒歩でも行けますが、片道約20分の坂道となるため、シャトルバスの利用をおすすめします。城山天守閣展望台へ行く場合、往復の移動時間もあるので、できれば白川郷に到着して最初に行ってしまった方が安心で、戻ってきてからの時間も有効に使えると思います。ちなみに、徒歩5分ほどのところにもうひとつの展望台「荻町城跡展望台」があり、ここからの景色も素晴らしいのですが、城山天守閣展望台の方が少し高い位置にあり、シャトルバスの停留所にもなっているので、多くの方は城山天守閣展望台に行かれているようです。
【シャトルバス】
■ 展望台行き(最終 15:40)
・乗場:国重文 和田家スイレン池前 ( → 城山天守閣駐車場)
・運行時間:9:00~15:40 ※20分毎に出発(00,20,40)
・運賃:片道一人200円(大人)
■ 展望台帰り(最終 16:10)
・乗場:城山天守閣駐車場( → 国重文 和田家スイレン池前)
・運行時間:9:10~16:10 ※20分毎に出発(10,30,50)
・運賃:片道一人200円(大人)
※車内精算となります。

【国指定重要文化財「和田家」】
展望台へのバス乗り場のすぐ目の前が「和田家」です。300年以上の歴史を誇る白川郷最大規模の合掌造りの家屋で、庭や生垣、周囲の田畑や水路などの周辺環境の保存状態も良く、国の重要文化財に指定されています。「和田家」という名のとおり、現在も住居として活用しつつ、1階と2階部分は公開されており、当時からの合掌造りでの暮らしぶりを垣間みることができます。

【観光地・店舗】の基本情報
名称 白川郷合掌造り集落
住所 岐阜県大野郡白川村荻町
電話番号 05769-6-1013 (白川郷観光協会)
アクセス ・JR金沢駅よりバスで約75分
・JR高山駅よりバスで約50~60分
・JR名古屋駅よりバスで約165分
平均滞在時間 2~3時間
関連サイト 白川郷観光協会|公式サイト

和田家から徒歩3分

10 白川郷バスターミナル

17:30出発

戻りは、北陸鉄道(北鉄)と濃飛乗合自動車(濃飛)で共同運行している高速乗り合いバスで一路金沢へ。こちらのバスは事前予約制となっており、インターネット、電話で予約・購入できます(予約は乗車の1ヶ月前から当日30分前まで)。運賃は白川郷⇒金沢駅東口の片道が大人2,000円です。

【観光地・店舗】の基本情報
関連サイト 金沢↔︎五箇山・白川郷・高山|高速バス情報 |北陸鉄道株式会社

1時間15分

11 JR金沢駅東口

18:45到着 お疲れさまでした。

白川郷・五箇山の合掌造り集落をバスでめぐるモデルコースはいかがだったでしょうか。せっかくなら世界遺産登録されている両方の合掌造り集落に行ってみたいですよね。バスを利用してめぐる場合、現地での見学時間を考慮すると、どうしてもひとつのバスだけでは難しく、今回のように高岡出発⇒金沢到着というようなパターンになってしまいます。また今回は便数の少ない平日をベースとしたコースですが、土日祝であれば便数が増えますので、下記のようにバスを乗り継ぐのがよいかと思います(白川郷で長く時間を取ることができます)。
----------------------------------------
高岡駅前8:10出発⇒相倉口バス停9:28到着/11:28出発(相倉集落に2時間滞在)⇒菅沼バス停11:43到着/13:23出発(菅沼集落に1時間40分滞在)⇒白川郷バスターミナル14:00到着/17:30出発(白川郷に3時間30分滞在)⇒金沢駅東口18:45到着
----------------------------------------
白川郷・五箇山の合掌造り集落は、季節ごとに素晴らしい景色を見せてくれます。特に集落全体が真っ白な雪で覆われる冬の景色は人気が高く、できれば夏と冬の2回は訪れてみたい場所です。

コースマップ

白川郷・五箇山をバスでめぐる一日コース

  • 1 JR高岡駅
  • 2 相倉口バス停
  • 3 五箇山「相倉合掌造り集落」
  • 4 相倉口バス停
  • 5 菅沼バス停
  • 6 五箇山「菅沼合掌造り集落」
  • 7 菅沼バス停
  • 8 白川郷バスターミナル
  • 9 白川郷合掌造り集落
  • 10 白川郷バスターミナル
  • 11 JR金沢駅東口

【JR(新幹線・特急)+宿泊】北陸に泊まる格安パックはこちら