インスタ映えスポットがいっぱい!初めての小豆島旅行におすすめの王道観光1泊2日モデルコース | 四国 香川 | おすすめ旅行プラン・モデルコース

東京発

出発する地域を選択

  • 東京発
    [羽田空港]
  • 名古屋発
    [中部国際空港空港、小牧空港]
  • 大阪発
    [伊丹空港、関西国際空港]
    神戸発
    [神戸空港]
  • 福岡発
    飛行機利用 [福岡空港、北九州空港]
    JR利用 [博多駅、小倉駅]
    船利用 [福岡、鹿児島]
インスタ映えスポットがいっぱい!初めての小豆島旅行におすすめの王道観光1泊2日モデルコース

インスタ映えスポットがいっぱい!初めての小豆島旅行におすすめの王道観光1泊2日モデルコース

更新日:
2020年2月5日

30,160

views

美しい海に囲まれ、年間を通して温暖な気候の小豆島。オリーブ公園やエンジェルロードなど、インスタ映えするスポットが多く女子旅にも人気です。高松から日帰りも可能ですが、じっくり観光するなら小豆島に宿泊するのがおすすめ。高松港を起点にして1泊2日で小豆島の主要な観光スポットをくまなくめぐるモデルコースをご紹介します。島内の移動は路線バスかレンタカーになりますが、路線バスは本数がそれほど多くなく、どうしてもバスでは行きにくいスポットもあるため、効率的にまわるならやはりレンタカーがおすすめです。今回は小豆島に着いてからレンタカーを借りて島内をめぐる1泊2日のコースとなっています。

1日目

1 高松港

旅のスタートは高松港から、高速艇またはフェリーで小豆島へ(9:00頃出発)

高松港

高松港から小豆島への移動手段は高速艇かフェリーのいずれかになります。小豆島の土庄港まで、高速艇なら所要35分・大人片道1,170円、フェリーだと所要60分・大人片道690円となり、それぞれ1日15~16往復運航しています。どちらも事前予約は受け付けておらず当日先着順での乗船となります。高速艇の場合は席数も限られるため連休などは長蛇の列になることも。どちらに乗船するかは、所要時間と運賃、その時の状況に応じてお決めになるのがよいと思います。

【観光地・店舗】の基本情報
名称 小豆島フェリー
住所 高速艇のりば:香川県高松市サンポート8-1 / フェリー乗り場:香川県高松市サンポート8-22 サンポート高松 フェリーセンター内
電話番号 高速艇のりば:087-821-9436 / フェリー乗り場:087-822-4383
アクセス JR高松駅から徒歩5分
関連サイト 小豆島へのお仕事・観光・レジャーは四国フェリーグループ・小豆島フェリーで

高速艇で35分、フェリーで60分

2 土庄港

小豆島最大の玄関口、レンタカーを借りて島内観光へ出発

土庄(とのしょう)港は小豆島最大の玄関口で、航路・便数ともに小豆島で最も多い港です。
※島内のレンタカー台数には限りがあるため、繁忙期などの場合は早めの予約をおすすめします。

【観光地・店舗】の基本情報
名称 小豆島フェリー
住所 高速艇・フェリーのりば:香川県小豆郡土庄町甲6194-11
電話番号 高速艇・フェリーのりば:0879-62-0875
関連サイト 小豆島へのお仕事・観光・レジャーは四国フェリーグループ・小豆島フェリーで

約5分

3 エンジェルロード

恋人の聖地「天使の散歩道」

エンジェルロード

エンジェルロードは1日2回、潮の満ち引で現れる砂の道のこと。潮が引いてる時は向かいの余島まで歩いて行くことができます。小豆島の中でも人気のあるフォトジェニックなスポットで「大切な人と手をつないで渡ると、願いが叶う」と言われ「恋人の聖地」としても知られています。エンジェルロードに行くならとにかく時間帯が重要。完全な干潮になってしまうと道が広すぎて単なる砂州といった感じ、また満ち潮の時はただの海になってしまいます。干潮時刻の前後それぞれ3時間くらいは砂の道を見ることができるので、事前に干潮時刻をチェックの上、状況によってはエンジェルロードを訪れる順番を変えるなどしてみてください。

エンジェルロード入口付近に小高い丘があり、登った先にあるのが「約束の丘展望台」。エンジェルロードを眼下に見下ろす一番の展望スポットになっています。展望台には「恋人の聖地」のモニュメントと「幸せの鐘」がありますので、エンジェルロードを眺めながら鐘を鳴らしてみてください。

【観光地・店舗】の基本情報
名称 エンジェルロード
住所 香川県小豆郡土庄町銀波浦
アクセス 土庄港から車で5分、路線バスで10分
平均滞在時間 約30~45分
関連サイト http://www.shodoshima-kh.jp/angel/

約15分

4 道の駅小豆島オリーブ公園

インスタ映え抜群!地中海を思わせる風景

道の駅小豆島オリーブ公園

ギリシャ風車が公園のシンボルとなっている、地中海を思わせる景色の美しい道の駅です。瀬戸内海を見下ろす小高い丘には約2,000本のオリーブ畑が広がっています。2014年に公開された映画「魔女の宅急便」のロケ地になったこともあり、公園内で利用できる「魔法のほうき」を無料で貸出しています(オリーブ記念館事務所でレンタル可能)。キキになりきってほうきにまたがりギリシャ風車の前でジャンプ!この瞬間を切り取るのが人気の写真撮影のようです。敷地内には、小豆島の特産品などのお土産はもちろん、カフェやレストラン、温泉、宿泊施設などさまざまな施設を併設していて、オリーブやハーブを使ったクラフト体験なども開催しています。

日本のオリーブ発祥の地、小豆島から「大切な人に幸せが届くように」という願いを込めて建てられたオリーブ色のポスト。公園内にあるオリーブ記念館の前にあります。オリーブ記念館には小豆島らしいポストカードも販売されてますので、ぜひ、旅先から大切な人に想いを込めて手紙を送ってみてはいかがでしょうか。

公園内にあるカフェやレストランでは、小豆島産オリーブオイルや地元の食材にこだわったメニューが充実しています。

【観光地・店舗】の基本情報
名称 道の駅小豆島オリーブ公園
住所 香川県小豆郡小豆島町西村甲1941-1
電話番号 0879-82-2200
アクセス 車:土庄港から約25分
バス:坂手線・南廻り福田線「オリーブ公園口下車」徒歩約5分
営業期間・時間 8:30-17:00(年中無休)
平均滞在時間 約1時間~1時間30分

約15分

5 醤の郷

醤油蔵が立ち並ぶ風情ある町並み

醤の郷

醤(ひしお)とは、塩を加えて発酵させた調味料や食品のことで、その代表格が醤油や佃煮といった製品。小豆島では、江戸時代に入り醤油づくりが始まり、醤油業の隆盛と共に戦後その醤油を使った佃煮業へと発展し今日に至っています。こうした醤油や佃煮工場が軒を連ねるエリアがあり、「醤の郷(ひしおのさと)」と呼ばれています。明治時代に建てられた漆喰壁の醤油蔵や醤油の発酵によって真っ黒になった屋根など、産業の歴史的な景観が保存されています。通りを歩くとどこからともなく醤油の香りがかすかに漂ってくる、そんな風情ある町並みを歩いてみてください。

大正初期から使われていた醤油工場を改造して、醤油の原料からできるまでを分かりやすく紹介しています。醤油の麹菌で真っ黒になった建物は国の登録有形文化財にも指定されていてます。

20軒以上の醤油蔵や佃煮工場が立ち並ぶ醤の郷では、醤油を使った「しょうゆソフトクリーム」や「佃煮ソフトクリーム」「しょうゆプリン」など、趣向を凝らした限定スイーツを販売しているお店があります。キャラメルのような風味が意外とクセになるかも?

【観光地・店舗】の基本情報
名称 醤の郷(ひしおのさと)
住所 小豆郡小豆島町馬木〜苗羽
アクセス 土庄港から車で約30分、坂手港から車で約3分
平均滞在時間 約1時間

約15分

6 二十四の瞳映画村

昭和レトロな雰囲気が郷愁を誘う

二十四の瞳映画村

映画『二十四の瞳』で使用されたオープンセットを保存公開しています。敷地内では大正から昭和初期にかけての村の町並みが再現され、ノスタルジックな気分に浸れます。小豆島の名を全国に広めた不朽の名作ではあるものの、ずいぶん昔の映画のため『二十四の瞳』を知らない、という方も多いのでは。映画は観たことがなくても、映画村のノスタルジックな雰囲気や、瀬戸内海を望む岬に佇むロケーションは、行ってみる価値ありのスポットです。

敷地内には、土産店やカフェもあり、昭和の懐かしい「給食セット」をを楽しむこともできます。

二十四の瞳映画村から車ですぐのところにある「岬の分教場」。「二十四の瞳」の舞台となった学校で、瓦屋根と木造の校舎は廃校後もそのまま保存されており、教室には、黒板やオルガン、木の机などが当時のまま残されています。

【観光地・店舗】の基本情報
名称 二十四の瞳映画村
住所 香川県小豆郡小豆島町田浦
電話番号 0879-82-2455
アクセス 土庄港から車で約55分、坂手港から車で約13分
営業期間・時間 AM9:00~PM5:00
料金など 大人(中学生以上)790円、小学生380円
二十四の瞳映画村・岬の分教場セット券:大人(中学生以上)880円、小学生440円
平均滞在時間 約1時間
関連サイト 小豆島 観光 | 二十四の瞳映画村 小豆島にある映画と文学の観光施設

約30分

7 寒霞渓

渓谷と海を同時に望む絶景スポット

寒霞渓

日本三大渓谷美のひとつに数えられる、瀬戸内海国立公園を代表する景勝地。瀬戸内海を眼下に望み、渓谷と海を同時に眺められる絶景スポットです。山麓から山頂まではロープウェイで5分間の空中散歩。風雨の浸食によってつくられた奇岩、垂直にそそり立つ大岩壁からなる渓谷美を手軽に楽しむことができます。

春の山桜、夏の新緑も素晴らしいですが、寒霞渓が最も美しいのは何と言っても秋の紅葉。奇岩に沿うように木々が赤や黄色に色づき、渓谷全体が燃えているような風景が見られます。

【観光地・店舗】の基本情報
名称 寒霞渓(寒霞渓ロープウェイ)
住所 香川県小豆島町神懸通乙327-1(こううん駅/山麓)、香川県小豆郡小豆島町神懸通乙168(山頂駅) 
電話番号 0879-82-0904(こううん駅/山麓)、0879-82-2171(山頂駅)
アクセス 小豆島各港から車で約30~40分
営業期間・時間 8:30~17:00(季節により変動あり)
料金など 大人(往復)1,760円
平均滞在時間 約1時間
関連サイト 小豆島の観光なら寒霞渓ロープウェイへ/日本三大渓谷美「国立公園 寒霞渓」- 小豆島観光

約35分

8 リゾートホテル オリビアン小豆島

瀬戸内海に沈む夕陽を望む丘の上のリゾート(17:30頃到着予定)

リゾートホテル オリビアン小豆島

日本の夕陽百選にも選ばれた絶景を望む宿。小豆島随一の16万平米の広さを誇り、天然温泉、露天風呂、スポーツ施設など充実したリゾートホテルです。

【観光地・店舗】の基本情報
名称 リゾートホテル オリビアン小豆島
住所 香川県小豆島夕陽ヶ丘(屋形崎甲63-1)
電話番号 0879-65-2311
アクセス 土庄港から車で約15分
※無料送迎バスあり(土庄港~ホテル間)
関連サイト リゾートホテル オリビアン小豆島|公式サイト

【航空券+宿泊】リゾートホテル オリビアン小豆島に宿泊する格安ツアーはこちら

2日目

9 リゾートホテル オリビアン小豆島

10:00頃出発

約15分

10 中山千枚田

古き良き里山の風景

中山千枚田

日本の棚田百選のひとつ。標高250m~150mの急な斜面に、およそ800枚の大小の田が折り重なり曲線美を描いています。田植え後の水面に景色が映りこむ初夏の様子や、夏の稲が青々と茂る様子、稲穂が実り、辺り一面黄金色の秋など季節毎に景色を楽しめます。どこか懐かしさを感じる里山の風景に心癒されます。

【観光地・店舗】の基本情報
名称 中山千枚田
住所 香川県小豆郡小豆島町中山
アクセス 土庄港から車で約20分、池田港から車で約10分
平均滞在時間 約30分

約15分

11 土渕海峡

ギネス認定!世界一狭い海峡

土渕海峡

土渕海峡は、小豆島本島と前島の間を流れる全長2.5kmの海峡で、その幅は最も狭いところで、9.93mしかありません。世界一短い海峡として、ギネスブックにも認定を受けており、ここを渡ると、海峡横にある土庄町役場で横断証明書(有料100円)を発行してもらうことができます。

【観光地・店舗】の基本情報
名称 土渕海峡(どふちかいきょう)
住所 香川県小豆郡土庄町甲559-2
アクセス 土庄港より車で約5分、土庄港より路線バスで約8分(土庄本町下車)、土庄港より徒歩約15分
平均滞在時間 15~20分

約1分

12 迷路のまち

レトロな町並みで散策を楽しむ

迷路のまち

土渕海峡から歩いてすぐ、土庄港からもほど近い、土庄本町は「迷路のまち」として知られています。かつて海賊の侵入や海風から島民を守るために意図的に造られたといわれ、複雑な迷路のような入り組んだ路地は、うっかりするとその土地の住人でも道に迷うことがあるとか。昔ながらの町並みには、カフェ、土産店、雑貨店、駄菓子屋さんなどがあり、昭和レトロな雰囲気で散策を楽しむことができます。

【観光地・店舗】の基本情報
名称 迷路のまち
住所 香川県土庄町本町 付近一帯
アクセス 土庄港より車で約5分、土庄港より路線バスで約8分(土庄本町下車)、土庄港より徒歩約15分
平均滞在時間 約1時間~1時間30分

約15分

13 重岩

落ちそうで落ちない、小豆島のゴールデンロック

重岩

自然のものか人工のものなのか、落ちそうなのに落ちない不思議な巨岩。小瀬石鎚神社の御神体として祀られています。駐車場から重岩のある場所までは、片道約20分、400段以上の階段を登る、まあまあの険しい道のり。そして登り切った先には、瀬戸内海の大パノラマをバックに絶妙なバランスで「重岩」が鎮座しています。眼下に広がる絶景とともに、巨岩の不思議な光景から「天から自然のパワーが降り注ぐ」パワースポットとして注目を集めています。落ちそうで落ちない巨岩といえばミャンマーのゴールデンロックが有名ですが、まさにゴールデンロックの日本版といった感じの迫力です。

【観光地・店舗】の基本情報
名称 重岩(かさねいわ)
住所 香川県小豆郡土庄町小瀬
アクセス 土庄港より車で約10分
平均滞在時間 約60分

約15分

14 土庄港

レンタカーを返却して高松港へ

高速艇で35分、フェリーで60分

15 高松港

お疲れさまでした。(16:00頃到着予定)

1泊2日の行程で、小豆島をめぐるモデルコースはいかがだったでしょうか。高松からの日帰りだとちょっと物足りない感じになってしまいますが、1泊2日ならじっくりと小豆島の観光スポットをめぐることができます。フォトジェニックなスポットも多く、どこかゆったりとした時間が流れる小豆島。次のご旅行の参考にしていただければと思います。

コースマップ

1日目

  • 1 高松港
  • 2 土庄港
  • 3 エンジェルロード
  • 4 道の駅小豆島オリーブ公園
  • 5 醤の郷
  • 6 二十四の瞳映画村
  • 7 寒霞渓
  • 8 リゾートホテル オリビアン小豆島

2日目

  • 9 リゾートホテル オリビアン小豆島
  • 10 中山千枚田
  • 11 土渕海峡
  • 12 迷路のまち
  • 13 重岩
  • 14 土庄港
  • 15 高松港

【往復航空券+宿泊】このモデルコースに最適なツアーはこちら