公共交通だけで回る1泊2日観光モデルコース!沖縄・本部半島ローカル体験 | 沖縄 沖縄本島北部 | おすすめ旅行プラン・モデルコース

東京発

出発する地域を選択

  • 東京発
    [羽田空港]
  • 名古屋発
    [中部国際空港空港、小牧空港]
  • 大阪発
    [伊丹空港、関西国際空港]
    神戸発
    [神戸空港]
  • 福岡発
    飛行機利用 [福岡空港、北九州空港]
    JR利用 [博多駅、小倉駅]
    船利用 [福岡、鹿児島]
公共交通だけで回る1泊2日観光モデルコース!沖縄・本部半島ローカル体験

公共交通だけで回る1泊2日観光モデルコース!沖縄・本部半島ローカル体験

更新日:
2020年5月29日

192

views

レンタカーがないとなかなか回りづらい沖縄・本部半島ですが、免許のない人でもバスをフル活用して地元の人にも愛されるスポットを回るコースをご紹介。バスの本数は少ないため、時刻表の確認を忘れずに。古宇利島と2日目の移動はやんばる急行バスの無料シャトルバス利用、その他は地元の路線バス利用してまわります。

1日目

1 那覇空港

9:00頃 出発!

沖縄の玄関口・那覇空港。東京・大阪など本土からの便のほか、沖縄の各離島への便も那覇空港を起点に飛んでいます。

やんばる急行バスで約2時間30分、「ホテルオリオンモトブリゾート&スパ」で下車後徒歩約5分

2 備瀬のフクギ並木

美しいフクギ並木の散歩でリラックス、海岸も楽しめる

備瀬のフクギ並木

およそ2万本のフクギが立ち並ぶ、癒しのスポット。入口には駐車場があります。車が通れない路地も多く、散歩するのに最適です。最近ではカフェなどが多く集落内にできているので、途中で休むもよし、フクギ並木を抜けたところの備瀬崎に座ってリラックスするもよし。集落には民家もありますので、くれぐれもマナーを守って散策しましょう。

【観光地・店舗】の基本情報
名称 備瀬のフクギ並木
住所 沖縄県国頭郡本部町字備瀬389
アクセス 那覇空港から車で1時間40分(フクギ並木の入口に、無料駐車場あり)
平均滞在時間 30分

「備瀬出口」バス停から沖縄バスの「65番本部半島線」を利用し約10分、「今帰仁城跡入口」バス停で下車後徒歩約20分

3 赤墓ビーチ

韓国アイドルMV撮影に使われて有名になった美しい隠れ家ビーチ

赤墓ビーチ

今帰仁村にある穴場の美しいビーチ。大通りからは「商用撮影禁止」と書かれた看板があり、その後ろに「赤墓入口」と手書きで書かれた看板がありますので、細い道を3分ほど歩くと海岸にたどり着きます。最近ではTWICEのMVが撮影された場所として有名になり、訪れる人が増えましたが、元々は地元の人だけが知っている静かなビーチでした。地元のバス停からは少し歩きますが、砂と海の美しさには圧倒されます。

【観光地・店舗】の基本情報
名称 赤墓ビーチ
住所 沖縄県国頭郡今帰仁村字諸志
アクセス 那覇空港から車で約1時間35分
料金など 有料駐車場あり
平均滞在時間 25分

「今帰仁城跡入口」バス停からやんばる急行 シャトルバスを利用し約10分

4 古宇利大橋

古宇利島と名護市の屋我地島を結ぶ、絶景を楽しめる橋

古宇利大橋

2005年に開通した、古宇利島と名護市の屋我地島を結ぶ、全長1,960mの橋。通行が無料の橋としては県内で2番目に長い橋です。車かレンタサイクルでしか渡ることができず、公共交通としてはやんばる急行バスの無料シャトルバスのみになります。今回のスケジュールでは、バスの時間の都合上、車窓から通過します。窓側に座れば、いずれの方向でも、海、橋と古宇利島が近づいてくる様が楽しめるでしょう。

【観光地・店舗】の基本情報
名称 古宇利大橋
住所 沖縄県国頭郡今帰仁村字古宇利 古宇利大橋
アクセス 那覇空港から車で1時間30分
平均滞在時間 5分

「今帰仁城跡入口」バス停からやんばる急行 シャトルバスを利用し約15分

5 古宇利オーシャンタワー

古宇利島でひときわ目立つランドマーク

古宇利オーシャンタワー

古宇利島のランドマークであり、展望台を含む複合施設です。海抜82mのオーシャンタワーは2、3階に屋内展望台、屋上にオーシャンデッキがあり、古宇利大橋や沖縄本島を見おろせます。美しい貝を集めた「シェルミュージアム」や、お土産店などもありますよ。スケジュールの都合上、今回は車窓からの通過です。

【観光地・店舗】の基本情報
名称 古宇利オーシャンタワー
住所 沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利538
電話番号 0980-56-1616
アクセス 那覇空港から車で1時間35分
営業期間・時間 9:00 ~ 18:00 (最終入園 17:30)
料金など 大人850円、中・高校生600円、小学生300円、 小学生未満無料(団体料金あり)
平均滞在時間 1時間
関連サイト 古宇利オーシャンタワー|ようこそ、”恋の島”古宇利島へ

「今帰仁城跡入口」バス停からやんばる急行 シャトルバスを利用し約16分

6 古宇利島物産センター

古宇利島のゲートウェイで買い物と一休み

古宇利島の入口近くにある、売店、飲食店やトイレなどを併設した施設です。古宇利島シャトルはここが始発・終点となっています。周辺は公園となっており、机や椅子もあって広々として休憩に最適。沖縄名物、ブルーシールアイスが食べられるパーラーもあります。今回のスケジュールでは、バスの時間の都合上、乗り換え時間(約30分)での滞在を想定しています。

【観光地・店舗】の基本情報
名称 古宇利島物産センター
住所 沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利323-1
アクセス 那覇空港から車で1時間35分
平均滞在時間 30分

「古宇利島物産センター」からやんばる急行 シャトルバスを利用し約3分

7 橋の駅リカリカワルミ

ワルミ大橋たもとの絶景スポット、お土産も豊富

橋の駅リカリカワルミ

本部半島と屋我地島を結ぶワルミ大橋のたもとにある「橋の駅」。お土産や地元の農産物、食堂などがあり、地元の人も買い物に来ています。「レストランFull里」では、ソーキそばや、アグー豚をつかったカツカレーやソースカツ丼などの料理が楽しめます。また、今帰仁名産のスイカを使った、蛇口からスイカジュースが出てくるスポットが名物です。展望スポットはワルミ大橋、古宇利島まで見渡せて絶景ですよ。

【観光地・店舗】の基本情報
名称 橋の駅リカリカワルミ
住所 沖縄県国頭郡今帰仁村字天底1124-5
電話番号 0980-56-1223
アクセス 那覇空港から車で1時間25分
営業期間・時間 【村産品専門店】9:00~18:00
【レストランFull里】11:00~18:00(ラストオーダー17:00)
【おっぱコーナー】 10:00~16:00
定休日:毎月第一水曜日(ただし、1月、5月、8月は除く)
平均滞在時間 45分
関連サイト 橋の駅リカリカワルミ

「天底」バス停から沖縄バスの「66番本部半島線」で約3分、「今帰仁村役場前」バス停下車後徒歩約3分

8 今帰仁の駅 そーれ

今帰仁の日々の暮らしが見える素朴な道の駅

今帰仁の駅 そーれ

今帰仁村役場近くにある道の駅です。農産物直売所や食堂があり、今帰仁名産のスイカも売っています。名物である手作りのサーターアンダギーは6種類の味があり、地元の人にも人気(6個入り350円)です。周辺は今帰仁村の中心街なので、近所を散策すると沖縄北部の素朴な地域の暮らしがうかがえます。

【観光地・店舗】の基本情報
名称 今帰仁の駅 そーれ
住所 沖縄県今帰仁村字玉城157
電話番号 0980-56-4940
アクセス 那覇空港から車で1時間25分
営業期間・時間 9:00~18:00、月曜定休
平均滞在時間 30分
関連サイト 今帰仁の駅 そーれ

「今帰仁村役場」バス停から沖縄バスの「66番本部半島線」で約15分、「備瀬入口」バス停下車後徒歩約5分

9 ホテルオリオンモトブリゾート&スパ

17:30頃 本部エリアの交通起点となるリゾートホテル

2014年に開業した、本部エリアを代表する大規模リゾートホテル。美ら海水族館には徒歩圏で、エメラルドビーチに面しており、風光明媚なことで有名です。また、ブッフェレストランなどレストランも充実しており、宿泊客以外でも楽しむことができます。付近の交通の要所となっており、本部エリアと那覇エリアを結ぶバスはほぼ全部このホテルを通るため、ここを起点に周遊するのが便利です。

【観光地・店舗】の基本情報
名称 ホテルオリオンモトブリゾート&スパ
住所 沖縄県国頭郡本部町備瀬148-1
電話番号 0980-51-7300
アクセス ・車で/那覇空港から1時間35分
・バスで/
 やんばる急行バス 那覇空港から約2時間30分
 エアポートシャトル 那覇空港から約3時間(特急は約2時間)
 空港リムジンバス(Eエリア) 那覇空港から約2時間15分
 カリー観光 美ら海ライナー 那覇空港から約2時間11分
 新系統117番高速バス(ホテルまで乗換なし) 那覇空港から約2時間15分
関連サイト ホテルオリオンモトブリゾート&スパ【公式】沖縄美ら海水族館隣り

2日目

10 ホテルオリオンモトブリゾート&スパ

10:00頃 本部エリアの交通起点となるリゾートホテルを出発!

ホテルオリオンモトブリゾート&スパからやんばる急行バスにて約10分、「今帰仁城跡入口」下車後徒歩約15分

11 今帰仁城跡

沖縄の歴史を感じる琉球王朝からの城(グスク)跡

今帰仁城跡

世界遺産『琉球王国のグスク及び関連遺産群』の1つにも含まれる琉球王朝時代からの広大な城跡。その歴史は13世紀までさかのぼるといわれ、広さは4ヘクタール、城壁の長さは1.5キロになります。歴史文化センターでは、城跡の昔の姿や、発掘物などから沖縄の歴史や文化を学べます。1月~2月は桜が美しく、桜祭りが行われることでも有名です。

【観光地・店舗】の基本情報
名称 今帰仁城跡
住所 沖縄県国頭郡今帰仁村今泊5101
電話番号 0980-56-4400
アクセス 那覇空港から車で2時間45分
営業期間・時間 今帰仁城趾・今帰仁村歴史文化センター(※両施設統一チケッ ト)
・通常期間(1~4、9~12月)午前8時~午後6時(最終入場午後5時30分)
・夏期延長期間(5~8月)午前8時~午後7時(最終入場午後6時30分)
平均滞在時間 2時間
関連サイト 世界遺産 今帰仁城跡(公式サイト)

約2分

12 今帰仁城跡そば屋 さんぺぇぐぅ

今帰仁城跡のグスク交流センターで味わう本格沖縄そばの店

今帰仁城跡のそばにある「グスク交流センター」にはいっている沖縄そばの店。透明度の高いスープにストレート太麺がよく合い、手ごろな価格でシンプルながら美味しい沖縄そばを味わえます。

【観光地・店舗】の基本情報
名称 今帰仁城跡そば屋 さんぺぇぐぅ
住所 沖縄県国頭郡今帰仁村今泊5101
電話番号 0980-56-4400
アクセス 那覇空港から車で2時間45分
営業期間・時間 11:00~17:00、水曜日定休
料金など 城址そば750円、海ぶどうそば800円など
平均滞在時間 45分

「今帰仁城跡」バス停から、やんばる急行シャトルバスで約6分

13 円錐カルスト

不思議な地形が見られる国定公園

円錐カルスト

やんばる急行バスの無料シャトルバス、本部博物館行き方面のバス乗り場を降りると、不思議な光景が出迎えてくれます。この付近は国内唯一の円錐カルスト地形の地域として知られており、亜熱帯から熱帯の高温多湿な気候条件の地域で見られる円錐状の丘陵や岩山を見ることができます。地元ではパワースポットとしても知られています。

【観光地・店舗】の基本情報
名称 円錐カルスト
住所 沖縄県国頭郡本部町 字山里598
電話番号 0980-47-3641(本部町観光協会)
アクセス 那覇空港から車で1時間30分
平均滞在時間 20分
関連サイト 山里の円錐カルスト – 本部町観光協会【公式】ウェブサイト

「円錐カルスト」バス停からやんばる急行シャトルバス約10分、「今帰仁城跡」バス停下車、沖縄バス「66番本部半島線」に乗り換え約10分、「備瀬入口」バス停下車後徒歩約5分、ホテルオリオンモトブリゾート&スパからやんばる急行バスにて約2時間30分

14 那覇空港

沖縄観光の起点となる空港

沖縄・本部半島を公共交通で回りたいという方のために、見どころを網羅できるコースを紹介しました。少し乗り継ぎは大変ですが、本部エリアで一泊すれば、この地域の自然やレジャーを十分楽しめます。美ら海水族館だけではもったいない!本部半島の美しさをぜひ時間をかけて楽しんでくださいね。

コースマップ

1日目

  • 1 那覇空港
  • 2 備瀬のフクギ並木
  • 3 赤墓ビーチ
  • 4 古宇利大橋
  • 5 古宇利オーシャンタワー
  • 6 古宇利島物産センター
  • 7 橋の駅リカリカワルミ
  • 8 今帰仁の駅 そーれ
  • 9 ホテルオリオンモトブリゾート&スパ

2日目

  • 10 ホテルオリオンモトブリゾート&スパ
  • 11 今帰仁城跡
  • 12 今帰仁城跡そば屋 さんぺぇぐぅ
  • 13 円錐カルスト
  • 14 那覇空港

【航空券+宿泊】このモデルコースに最適なツアーはこちら