日本で一番最後に夕陽が沈む、日本最西端の国境の島へ!『Dr.コトー診療所』が撮影された沖縄・与那国島1日観光モデルコース | 沖縄 与那国島 | おすすめ旅行プラン・モデルコース

東京発

出発する地域を選択

  • 東京発
    [羽田空港]
  • 名古屋発
    [中部国際空港空港、小牧空港]
  • 大阪発
    [伊丹空港、関西国際空港]
    神戸発
    [神戸空港]
  • 福岡発
    飛行機利用 [福岡空港、北九州空港]
    JR利用 [博多駅、小倉駅]
    船利用 [福岡、鹿児島]
日本で一番最後に夕陽が沈む、日本最西端の国境の島へ!『Dr.コトー診療所』が撮影された沖縄・与那国島1日観光モデルコース

日本で一番最後に夕陽が沈む、日本最西端の国境の島へ!『Dr.コトー診療所』が撮影された沖縄・与那国島1日観光モデルコース

更新日:
2020年4月3日

753

views

与那国島は日本で最も西に位置する沖縄の離島。まさに秘境と言えるような場所ですが、その分手つかずの自然は美しく、海水の透明度や天然記念物に指定されている与那国馬など、見どころは満載。とはいえ、車があれば1日で回ることができるくらいの規模の島です。今回はそんな与那国島の魅力を網羅するモデルコースをご紹介します。

1日目

1 与那国空港

旅のスタートは、与那国空港から10:00頃出発!

与那国空港

約17分

2 東崎

緑と断崖が特徴的な雄大な岬

東崎

与那国島の東の岬である東崎(あがりざき)は、沖縄には珍しい緑の牧草地や断崖絶壁と沖縄らしい美しい海のコントラストを楽しめる場所。先端には灯台と展望台がたっています。岬の先端付近は急峻な崖なので、かなり広範囲を見渡すことができ、与那国島の最大の魅力である手つかずの自然を満喫できます。また天然記念物に指定されている与那国馬に出会える可能性も高く、与那国島の見所がギュッと詰まっている場所でもあります。

【観光地・店舗】の基本情報
名称 東崎(あがりざき)
住所 沖縄県八重山郡与那国町字与那国
電話番号 0980-87-2402(与那国町観光協会)
アクセス 車で/与那国空港から17分
平均滞在時間 約1時間
関連サイト 東崎|与那国観光WEB

約5分

3 軍艦岩

まるで軍艦のような自然の造形

軍艦岩

軍艦岩は島の南東部の海にゴロンと寝転ぶような形で現れる巨大な岩。その名前からもわかる通り、まるで軍艦のような形をしているという特徴があり、青い海の中に浮かぶ姿がとても印象的なスポットです。手前の崖の上には軍艦岩を望める展望台も設置されているので、少し立ち寄って眺めることをおすすめします。不自然なほど大きい岩が荒々しい海風の侵食を受けつつも立ち続ける姿からは、大自然のエネルギーを感じることができますよ。

【観光地・店舗】の基本情報
名称 軍艦岩
住所 沖縄県八重山郡与那国町字与那国
電話番号 0980-87-2402(与那国町観光協会)
アクセス 車で/与那国空港から20分
平均滞在時間 約20分
関連サイト 軍艦岩(サンニヌ台)|与那国観光WEB

約4分

4 立神岩

与那国島のシンボル的存在

立神岩

軍艦岩からほど近い、こちらも海の上にそびえ立っている巨岩が立神岩(たちがみいわ)です。軍艦岩よりも細長く、海に突き刺さったような形でまっすぐ立っており、与那国島のシンボルとも言われています。またこの岩は神の岩として崇められてもおり、立神岩にまつわるある伝説がその所以となっています。「ある若者二人がこの岩の上に卵を取りに行ったところ、下りられなくなってしまいました。そのうちの一人は無理に下りようとして落下してしまい、残された一人は神に祈りながら眠りにつきました。すると翌朝若者は地上まで降ろされていた」というもの。ぜひ軍艦岩とセットで訪問してくださいね。

【観光地・店舗】の基本情報
名称 立神岩(たちがみいわ)
住所 沖縄県八重山郡与那国町字与那国
電話番号 0980-87-2402(与那国町観光協会)
アクセス 車で/与那国空港から14分
平均滞在時間 約20分
関連サイト 立神岩|与那国観光WEB

約10分

5 志木那島診療所

人気ドラマ『Dr.コトー診療所』のロケ地

志木那島診療所

与那国島は、2003年から放送され大人気を博したテレビドラマ『Dr.コトー診療所』のロケ地でもあります。番組内では与那国島のさまざまな場所が登場しましたが、その中でも特に志木那島診療所は最も重要な場所として利用されていました。実はこの建物はドラマのために作られたセット。現在は、ドラマファンの聖地として与那国島の人気観光スポットの一つになっています。沖縄の建物らしい外観だけではなく、内部までしっかり診療所として作られているので、ファンでなくともその世界観に引き込まれること間違いなしです。

【観光地・店舗】の基本情報
名称 志木那島診療所(Dr.コトー診療所)
住所 沖縄県八重山郡与那国町字与那国
電話番号 0980-87-2402(与那国町観光協会)
アクセス 車で/与那国空港から8分
営業期間・時間 10:00~11:30、14:00~17:30
料金など 300円
平均滞在時間 約30分
関連サイト Dr.コトー診療所|与那国観光WEB

約2分

6 わかなそば

こだわりの自家製スープが特徴的なオリジナル沖縄そば

わかなそば

わかなそばは自家製のトンコツスープに加え、料理に使う豚肉も自らで育てているという強いこだわりが感じられるオリジナル沖縄そばのお店です。「ソーキそば」という名前でよく知られている沖縄のそばにはいくつか種類があり、沖縄本島と離島では少し内容が異なります。与那国島を含む八重山地方では丸く縮れていない麺が使われる、いわゆる「八重山そば」が主流。わかなそばでは与那国で製麺されている太めの丸いストレート中華麺が使われています。茹で置きはされていないので、少し提供に時間がかかることもありますが、その分のどごし抜群の一杯を堪能できますよ。

【観光地・店舗】の基本情報
名称 わかなそば
住所 沖縄県八重山郡与那国町字与那国3083
電話番号 0980-87-3338
アクセス 車で/与那国空港から8分
営業期間・時間 11:30~14:00 ※売り切れ次第終了
料金など そば(普通600円)など
平均滞在時間 約40分
関連サイト わかなそば

約8分

7 ナンタ浜

海の透明度が素晴らしい島内随一のビーチ

ナンタ浜

島の北部に位置するビーチ、ナンタ浜。その水の透明度はとても高く、美しい砂浜とも相まって素晴らしい景観を作り上げています。しかも、ナンタ浜から見る海は、グラデーションも楽しめます。波打ち際は浅いため水の透明度が際立っていますが、少し沖の方に目をやるとかなり深い青い色となっていることがわかるでしょう。ただその分、浜を離れると水中は流れがかなり速く危険な場所ということでもよく知られています。できるだけ浜辺付近で美しい景色を楽しむようにしてくださいね。

【観光地・店舗】の基本情報
名称 ナンタ浜
住所 沖縄県八重山郡与那国町字与那国
電話番号 0980-87-2241(与那国町役場観光課)
アクセス 車で/与那国空港から5分
平均滞在時間 約30分

約2分

8 ティンダバナ(ティンダハナタ)

祖納集落とナンタ浜が一望できる高台のパワースポット

ティンダバナ(ティンダハナタ)

ナンタ浜から内陸部を見ると小高い山のような崖が見えており、その頂上には巨大な岩が乗せられたような形となっています。その頂上付近の岩場がティンダバナです。祖納集落やナンタ浜からそれほど距離が離れていないにも関わらず85mもの高さがあり、遠くからでもかなりの迫力を感じます。またその高さから、ティンダバナは遠くを見渡せる天然の展望台としても利用できます。景観の良さの割にアクセスは比較的容易なのも嬉しいポイント。駐車場から頂上付近までは10分ほどで歩いて行けるので、ぜひ上から与那国島最大の集落とその向こうに広がる東シナ海を眺めてみてください。

【観光地・店舗】の基本情報
名称 ティンダバナ(ティンダハナタ)
住所 沖縄県八重山郡与那国町字与那国
電話番号 0980-87-2402(与那国町観光協会)
アクセス 車で/与那国空港から4分
平均滞在時間 約40分
関連サイト ティンダバナ|与那国観光WEB

約5分

9 DiDi与那国交流館

与那国の文化を体感できる施設

DiDi与那国交流館は、与那国島の文化を様々な形で体感できる施設です。島民たちがこれまで外の世界とどのように交流し関わってきたかを学ぶことができる「風ラボ」、島の伝統的な祭事やイベントをワークショップ形式で体験できる「唄ラボ」、そして島の食材や特産品を通じて与那国の食文化に触れることができる「食ラボ」、と内部は大きく分けて3つのゾーンに分けられます。また、常設展だけではなく、企画展が行われていることもあるので訪問の際にはホームページで内容をあらかじめチェックしましょう。

【観光地・店舗】の基本情報
名称 DiDi与那国交流館
住所 沖縄県八重山郡与那国町与那国1107
電話番号 0980-87-2166
アクセス 車で/与那国空港から8分
営業期間・時間 9:00〜17:00
料金など 一般200円、小中学生100円
平均滞在時間 約30分
関連サイト DiDi与那国交流館

約18分

10 西崎

日本最西端の島の“最西端”は絶好の夕日スポット

西崎

日本最西端の島の西端にあたるのが西崎(いりざき)です。入り口には周辺の名産であるカジキのモニュメントが置かれており、岬の先端付近には東屋と灯台、日本最西端の碑があります。日本の最も西に位置するということで、国内で最後の夕日が見られることから夕日の名所としても知られているスポット。台湾まで111kmしかないため、条件が良い日には遠くに島影が見えることもあります。日本は島国のため、国内で国境を意識する機会なんてほぼありませんが、西崎で国境の海を眺めてみてはいかがでしょうか。

【観光地・店舗】の基本情報
名称 西崎
住所 沖縄県八重山郡与那国町字与那国
電話番号 0980-87-2402(与那国町観光協会)
アクセス 車で/与那国空港から10分
平均滞在時間 約1時間
関連サイト 西崎

約4分

11 島料理 海響

与那国の自然の幸を堪能

与那国島は秘境と言えるほど外界から隔離された土地ですが、その分周辺は豊かな自然で満たされています。そのため、食材も豊富なのは当然。そんな与那国の食材を堪能できるお店が島料理 海響(いすん)です。お店のすぐそばには久部良(くぶら)港があるので、新鮮な海産物が手に入ります。久部良港は、カジキ漁が盛んな場所でもあるため、日によっては他の場所ではなかなか味わえない希少部位を食べることができますよ。

【観光地・店舗】の基本情報
名称 島料理 海響(いすん)
住所 沖縄県八重山郡与那国町字与那国4022-6
電話番号 0980-87-2158
アクセス 車で/与那国空港から6分
営業期間・時間 18:00~23:00
平均滞在時間 約1時間
関連サイト 島料理 海響(いすん)

約6分

12 与那国空港周辺

約10時間の与那国旅行!

与那国島を1日で満喫できるモデルコースをご紹介しました。かなりのスポットを巡るので大変かと思われるかもしれませんが、島自体がコンパクトなので、それぞれのスポットでの時間も取れ、島の魅力は充分に感じられるでしょう。また今回はご紹介しませんでしたが、与那国島は海底遺跡などがあり、ダイビングの人気がとても高いアクティビティとなっています。ダイビング好きの方なら島内に泊まって、島を楽しんでからダイビング、という2日間の旅程でもいいかもしれません。沖縄の中でも少し異色な魅力溢れる与那国島を楽しんでください。

コースマップ

1日目

  • 1 与那国空港
  • 2 東崎
  • 3 軍艦岩
  • 4 立神岩
  • 5 志木那島診療所
  • 6 わかなそば
  • 7 ナンタ浜
  • 8 ティンダバナ(ティンダハナタ)
  • 9 DiDi与那国交流館
  • 10 西崎
  • 11 島料理 海響
  • 12 与那国空港周辺

このモデルコースに最適なツアーはこちら