【名古屋出発】富良野・美瑛の人気観光ツアーなら格安国内旅行のオリオンツアー 24時間オンライン予約可能

名古屋発

出発する地域を選択

  • 東京発
    [羽田空港]
  • 名古屋発
    [中部国際空港、小牧空港]
    静岡発
    [静岡空港]
  • 大阪発
    [伊丹空港、関西国際空港]
    神戸発
    [神戸空港]
  • 福岡発
    飛行機利用 [福岡空港、北九州空港]
    JR利用 [博多駅、小倉駅]
    船利用 [新門司港]
    鹿児島発
    船利用 [鹿児島本港]
名古屋発
富良野・美瑛旅行・ツアー
広大な敷地に広がる富良野のラベンダー畑、美しい丘陵地帯や幻想的な「青い池」で有名な美瑛など、夏の北海道を代表する人気の観光地富良野・美瑛エリア。冬はスキー・スノボはもちろん様々なアクティビティを体験できる富良野スキー場が人気。

富良野・美瑛の地図とホテルから探す

富良野・美瑛のホテル一覧を見る
新富良野プリンスホテル マーカー
富良野
新富良野プリンスホテル
交 通
JR富良野駅より車で約10分、旭川空港から車で約65分
ホテルベルヒルズ マーカー
富良野
ホテルベルヒルズ
交 通
新千歳空港から車で約2時間45分、旭川空港から車で約1時間、JR富良野駅からバスで約10分下車後徒歩10分
リゾートインノースカントリー マーカー
富良野
リゾートインノースカントリー
交 通
旭川空港より車で60分、JR富良野駅より車で10分
ニュー富良野ホテル マーカー
富良野
ニュー富良野ホテル
交 通
車で新千歳空港より約2時間20分、旭川空港より約1時間。JR富良野駅よりバスで約5分

富良野・美瑛の観光スポット情報

  • ファーム富田
    富良野
    ファーム富田
    富良野市に隣接する中富良野町の「ファーム富田」は、ラベンダー観光発祥の地で、日本最大級のラベンダー畑として有名です。創設者の故・富田忠雄氏は、さまざまの困難のなかプロバンス生まれのラベンダーの子孫を、中富良野で大切に守り続けてきたことが評価され、1990年に南フランスのラベンダー生産組織から「オードプロバンス・ラベンダー修道騎士」の称号を授与されました。園内ではおよそ15ヘクタールのラベンダーが栽培されているほかにも多くの花が栽培されており、花畑はそれぞれ「花人の畑」、「倖の畑」、「春の彩りの畑」、「秋の彩りの畑」、「彩りの畑」、「森の彩りの畑」、「トラディショナルラベンダー畑」に分かれ、畑ごとに咲く花が違い1年を通して楽しむことができます。ラベンダーソフトクリームが人気。
    住所
    北海道空知郡中富良野町基線北15号
    アクセス
    JR中富良野駅から徒歩約25分
  • パッチワークの路
    美瑛
    パッチワークの路
    美瑛の丘でなだらかな丘陵地を走る農道が通称「パッチワークの路」と呼ばれています。育てる作物によって違う色の畑が点在し、まるでパッチワークのように見えることから名付けられました。CMのロケ地としても多く使われ、「ケンとメリーの木」、「マイルドセブンの丘」などが有名です。パッチワークの路は車窓からの眺めだけでも十分素敵ですが、車を停めてゆっくり景色を眺めるなら、ケンとメリーの木からほど近い「北西の丘展望公園」からの景色もおすすめです。
    住所
    北海道上川郡美瑛町大村
    アクセス
    JR美瑛駅より車で約5分
  • 展望花畑 四季彩の丘
    美瑛
    展望花畑 四季彩の丘
    四季彩の丘(しきさい)は雄大な大雪山連峰と丘の景色を背景に7ha(東京ドーム3個分)の花畑が広がる観光スポット。パノラマロードと呼ばれる、起伏した丘風景が広がる一帯があり、緩くうねりのある丘が独特の風景、眺望も素晴らしいと言われています。園内では春から秋にかけて約50種類の花を植え替えられ、5月から10月頃まで長期間にわたって美しい風景が楽しめます。有料でカートやバギーを利用して移動することもでき、広大な園内をゆったりと1周するノロッコ号(トラクターバス)も人気です。冬はバギー・スノーモービル体験もでき、グリーンシーズンとは違う冬の丘の魅力を満喫できます。
    住所
    北海道上川郡美瑛町新星第3
    アクセス
    JR美瑛駅より車で12分 JR美馬牛駅より徒歩30分
  • 青い池
    美瑛
    青い池
    青い池は1988年12月に噴火した十勝岳の堆積物による火山泥流災害を防ぐ防災工事の際、美瑛川本流に複数建設された堰堤のひとつに水が溜まったものです。周囲に自生していたカラマツ、白樺等の樹木は、堰堤が造られた結果、水没し立ち枯れたと言われています。立ち枯れたカラマツが幻想的な雰囲気を醸し出しています。冬季は夜にライトアップされ、昼間と違った青い池を楽しめます。駐車場が整備されており、アクセスが楽なため、休日の午前9~10時には人で混み合うようになります。
    住所
    北海道上川郡美瑛町白金
    アクセス
    美瑛駅から車で約25分
  • 白ひげの滝
    美瑛
    白ひげの滝
    青い池の3km上流にある白金温泉郷の「白ひげの滝」は白い髭のようい見える落差30mの滝で、日本でも珍しい「潜流瀑」です。真冬でも凍らずに流れちる滝の水は、木の枝に付着するとたちまち樹氷となります。冬はライトアップされ、白と青の氷の世界となり、色彩鮮やかなです。
    住所
    北海道上川郡美瑛町字白金
    アクセス
    JR美瑛駅からバスで30分
  • 富良野チーズ工房
    富良野
    富良野チーズ工房
    地元富良野の牧場で育てられた、地元牛乳を使った良質なナチュラルチーズ商品が出来る様子を工房のガラス越しで見学することが出来ます。2階には直販コーナーもあり、チチーズをはじめチーズ工房で製造したチーズ、牛乳、バターを使用した菓子類などを販売しています。日本唯一のワイン入りチーズも販売されています。新鮮なふらの牛乳からつくられたアイスミルク(ジェラート)を販売しているアイス工房、本場イタリアで修行をされた方が焼き上げる本格的なピッツア工房、手作り体験工房も隣接されています。
    住所
    北海道富良野市中五区
    アクセス
    富良野駅より車で約9分、自転車で25分
  • ニングルテラス
    富良野
    ニングルテラス
    新富良野プリンスホテル敷地内の森の中にある15棟のログハウスがつらなるロマンチックなショッピングエリアです。脚本家・倉本聰氏の著書「ニングル」に登場する昔から北海道の森に住む身長15cmくらいの「森の知恵者」のことで、ここ「ニングルテラス」のクラフトマンたちは、ニングルの気持ちを尊重し、単純に作品を「作る」のではなく、それぞれの知恵を絞って「創る」をテーマのもとに、他にはないオリジナル作品をご用意してます。
    住所
    北海道富良野市中御料
    アクセス
    JR根室本線富良野駅よりタクシー10分
  • 風のガーデン
    富良野
    風のガーデン
    新富良野プリンスホテルの敷地内に約2000㎡のブリティッシュガーデンで、8つある「北海道ガーデン街道」のうちのひとつ。倉本聰脚本の「風のガーデン」の舞台となった庭は2年の歳月をかけ、この地の気候に合う品種の宿根草を中心に約2万株が植栽され、季節ごとに約450種類の花々が移り咲く美しい小路を散策できます。7月1日~8月31日は早朝のさわやかな空気の中で散策が楽しめるモーニングガーデン(早朝営業)を開催されています。10月~3月は休園となります。
    住所
    富良野市中御料 新富良野プリンスホテル敷地内
    アクセス
    JR富良野駅から車で10分
  • ケンとメリーの木
    美瑛
    ケンとメリーの木
    美瑛町のフォトジェニックな6本の木々のひとつ「ケンとメリーの木」!樹齢は90年を超えると言われているポプラの大きな木で、昭和47年(1972年)に日産のスカイラインのCMに起用され、美瑛の丘を象徴する風景の一つとなりました。名前の由来ははCM「ケンとメリー」の登場人物にちなんだものと言われています。他に美瑛町には「セブンスターの木」、「親子の木」、「マイルドセブンの丘」、「クリスマスツリーの木」、「哲学の木」など個性的な絶景スポットが点在します。
    住所
    北海道上川郡美瑛町大久保協生
    アクセス
    JR美瑛駅より車で5分

富良野・美瑛のアクセス・移動手段

新千歳空港から富良野駅までのアクセス
車で 高速利用(道央道 千歳IC~占冠IC)所要約約120分
札幌駅から富良野駅までのアクセス
車で 高速利用(道央道 札幌北IC~滝川IC)所要約約120分
バスで 高速ふらの号(中央バス)富良野行き所要約150分、料金2,260円
※料金は変更になる場合があります。詳しくは各交通機関へお問合わせください。
旭川空港から富良野駅までのアクセス
車で 所要約約60分
バスで ラベンダー号(ふらのバス)富良野駅前行き所要約70分、料金770円
※料金は変更になる場合があります。詳しくは各交通機関へお問合わせください。

富良野・美瑛旅行 旅のお役立ち情報

“笑う旅には福来たる”国内宿泊キャンペーン
“笑う旅には福来たる”国内宿泊キャンペーン
次回の宿泊を伴う旅行で使える『次回割クーポン1万円』を抽選でプレゼント!旅行が新しい様式に変わっても「旅はいつもみんなを笑顔にする!!」そんな願いを込めたキャンペーンです。
※次回割クーポンは期間中であれば「Go Toトラベルキャンペーン」との併用も可能です。
キャンペーンの詳細・応募方法はこちら
『新しい旅のエチケット』感染リスクを避けて安心で楽しい旅行
『新しい旅のエチケット』感染リスクを避けて安心で楽しい旅行
都道府県境をまたぐ移動自粛の全面解除を受け、国土交通省は6月19日、旅行者向けに新型コロナウイルスの感染防止のための注意事項をまとめた「新しい旅のエチケット」を公表しました。今後は感染リスクを避けながら安全に旅行していただくことが重要となります。
「新しい旅のエチケット」の詳細はこちら
JALグループの新型コロナウイルス感染症予防対策の取り組みについて
JALグループの新型コロナウイルス感染症予防対策の取り組みについて
JALグループはすべてのお客さまに安全・安心な空の旅をお届けするため、新型コロナウイルス感染症予防対策を講じています。
取り組みの詳細はこちら
Kira-Kiraクーポンのご案内
北海道内300ヶ所以上でお土産やグルメ・駅弁・体験メニュー・雑貨の購入等にご利用いただけるクーポン券!
お客様の好みに応じてご利用いただく事ができます!
※当社が主催する北海道方面 対象ツアーをご予約の場合に限りご利用を頂けます。単品での販売は行いませんので予めご了承ください。
Kira-Kiraクーポン詳細はこちら
JRフリーパス・区間利用券のご案内
JR北海道線の在来線の特急・快速・普通列車指定席が乗り放題のお得なフリーパス券。
北海道を周遊するのにおすすめ!
※当社が主催する北海道方面ツアー商品をご予約の場合に限りご利用を承ります。単品での販売は行いませんので予めご了承ください。
JRフリーパス・区間利用券詳細はこちら
レンタカーのご案内
自由に旅行するならレンタカーがおすすめ!
1日だけ借りたい時やなかなか交通機関では行きにくい所など使い方はお客様次第!
※当社が主催する北海道方面ツアー商品をご予約の場合に限りご利用を承ります。単品での販売は行いませんので予めご了承ください。
レンタカーの詳細はこちら
ふらの観光協会公式サイト「ふらのindex」
富良野を楽しむためのグルメや観光スポットなどおすすめの情報が満載!
ふらの観光協会公式サイト「ふらのindex」はこちら
美瑛町観光情報
美瑛を楽しむためのグルメや観光スポットなどおすすめの情報が満載!
美瑛町観光情報はこちら

富良野・美瑛旅行のFAQ

北海道の旅行費用の目安はいくらくらいですか?
安い時期の一般的なツアー(航空券+ホテル)代金の一例として、羽田空港発着、往復JAL便利用、札幌市内エコノミークラスホテル2名1室利用、2泊3日で大人1名様あたり2万円台半ばから3万円程度です。利用便や宿泊ホテルのランクによって旅行費用は上がります。富良野のホテルクラス(ニュー富良野ホテルなど)も同じ条件となります。
北海道旅行の安い時期はいつですか?
年間で最も旅行代金が安くなる時期は、GW期間を除く4月~5月、年末年始と札幌雪まつり期間を除く12月~3月上旬頃までです。富良野地区に関しては7月から8月がピーク時期となり、料金もオフ期に比べると極端にUPします。富良野のラベンダー見ごろになります。
北海道旅行のおすすめの時期はいつですか?
旅の目的によっても変わりますが、一般的な北海道旅行のベストシーズンは7~8月です。富良野・美瑛に代表される花畑や丘陵地、知床など道東エリアの大自然など、北海道の自然の美しさ・雄大さを満喫するには最も適した時期です。この時期の北海道は日中は気温30度を超える日もありますが、朝晩は涼しく湿度も低いため避暑地としての人気もあります。また冬の北海道ならではの幻想的な風景やこの時期だけの流氷観光、北海道各地で開催される冬のまつり・イベントなどが多くある1月~2月もおすすめの時期と言えます。富良野スキー場は例年11月下旬から5月GWまで営業してます。
北海道への旅行日数は何日必要ですか?
一都市のみの滞在・観光なら1泊2日でも可能ですが、周辺エリアの観光なども楽しみたいなら2泊3日は必要です。また北海道旅行は複数の都市・エリアを周遊しながらめぐる観光も人気のためその場合最低でも2泊3日、観光するエリア、移動距離によっては3泊4日はほしいところです。利用する航空機などの到着時間、現地出発時間により現地での滞在時間は大きく変わってしまいますが、一般的な2泊3日の旅行プランとしては、札幌・富良野・美瑛2泊3日、旭川・富良野・美瑛2泊3日などがあげれられます。
夏の北海道旅行に適した服装は?
北海道の7月~8月は日中の気温が30度を超える日もあり半袖で過ごせますが、朝晩は気温が下がるため薄手の羽織るものがあった方がよいです。北海道の中でも北部(旭川以北、稚内など)や東部(釧路・阿寒・知床など)、山間部(富良野・層雲峡・トマムなど)では、都市部と比べさらに気温が下がりますので、長袖のTシャツや厚手の羽織るものがあると安心です。また夏前後の6月・9月は日中も肌寒い日が多く、本州での季節のイメージとはずいぶん異なりますので注意が必要です。
冬の北海道旅行に適した服装は?
北海道の冬はとにかく寒いです。エリアにもよりますが1月~2月になると、都市部でも日中の最高気温が0度以下の日が当たり前にあり、厳冬地区では最低気温がマイナス20度になることも。本州とは寒さの質が違い、特に初めて行かれる方は万全な防寒対策をおすすめします。厚手のコートやダウンジャケットはもちろん、防寒用のインナーがあればなおよいです。ただし北海道の室内は非常に暖房設備が整っており暖かいを通り越して暑いくらいのことも。そのため脱ぎ着しやすい服装がベストです。また、長時間外で観光する可能性がある場合は、耳・首元・手の防寒具として、ニット帽やネックウォーマー、マフラー・手袋も必要です。特に普段手袋をしない方であっても、ポケットに手を入れたまま歩いていると凍結した路面に足を取られ転倒する危険性もありますので十分ご注意ください。足元は、歩道に雪が積もっていたり場合によっては凍結したりしている場合もありますので可能な限り、防水タイプのすべらない靴底のものがベターです。間違っても靴底ツルツルの革靴などは絶対にやめましょう。
その他のエリアをみる
北海道 東北中国四国九州沖縄
jata
トップへ戻る