【名古屋出発】九州の人気観光ツアーなら格安国内旅行のオリオンツアー 24時間オンライン予約可能

名古屋発

出発する地域を選択

  • 東京発
    [羽田空港]
  • 名古屋発
    [中部国際空港、小牧空港]
    静岡発
    [静岡空港]
  • 大阪発
    [伊丹空港、関西国際空港]
    神戸発
    [神戸空港]
  • 福岡発
    飛行機利用 [福岡空港、北九州空港]
    JR利用 [博多駅、小倉駅]
    船利用 [新門司港]
    鹿児島発
    船利用 [鹿児島本港]
名古屋発
九州旅行・ツアー
別府・由布院・黒川など人気の温泉地、話題のテーマパークハウステンボスなど、魅力いっぱいの九州。世界遺産屋久島をはじめ、南国リゾート奄美・与論、独自の文化が残る壱岐・対馬、五島列島など、離島も人気。
人気の観光地・イベント
人気の旅行期間から選ぶ

新着!名古屋発 九州おすすめツアー情報

九州の人気ホテル ピックアップ!

シーサイドホテル屋久島
宮之浦地区
シーサイドホテル屋久島

屋久島の玄関口・宮之浦港より徒歩約5分、東シナ海を望む小高い丘に建つホテルです。屋久島の海岸線を望む絶景のロケーションがお楽しみいただけます。料理は屋久島の新鮮な海の幸と山の幸を、ふんだんに盛り込んだ会席料理をご準備致しております。館内は、全館・全客室禁煙となっております。

アクセス情報
屋久島空港から車で15分、宮之浦港から徒歩5分※宮之浦港・空港までの無料送迎いたします。
空港地区
縄文の宿まんてん

縄文の宿『まんてん』は、3000坪を越える敷地に、せせらぎが聞こえ、マイナスイオンを感じさせる緑に囲まれた、屋久島で初めての本格的温泉施設です。純和風のたたずまいある美しい施設の姿と夜の明かりと満天の星の似合う建物です。 空港に徒歩約1分、天然温泉ホテルという特徴ある施設立地条件、そして、島内の観光…

アクセス情報
屋久島空港から徒歩約1分、宮之浦港・安房港から車で15分
縄文の宿まんてん
安房地区
民宿 いっぱち

「民宿いっぱち」は、早朝登山(縄文杉・宮之浦岳)や島周辺観光においても大変便利な場所に位置しております。 また、朝夕は野鳥のさえずりと、夜は満天の星空をお楽しみいただけます。 お食事は地物のお魚を中心とした「家庭料理」を「各お部屋」でお召し上がりいただけます。 ランドリーコーナーでは、洗濯機・乾燥機…

アクセス情報
屋久島空港から車で10分、安房港から車で2分・徒歩10分、宮之浦港から車で25分※安房港までの無料送迎いたします。
民宿 いっぱち

九州旅行 旅のお役立ち情報

JAL国内線「ずっとWi-Fi無料宣言!」
JAL国内線「ずっとWi-Fi無料宣言!」
JALでは、国内線で唯一、機内インターネット接続がずっと無料になりました。 キャンペーン期間: 対象便:国内線機内Wi-Fiサービス対応機材で運航するすべての便 ※東京(羽田)-宮古線、沖縄(那覇)-福岡/宮古/石垣線は一部の便での運航。 ※J-AIR/JAC/RAC/HAC運航便、国際線機材での運航時は対象外となります。
キャンペーンの詳細はこちら
九州観光推進機構サイト「九州旅ネット」
定番の観光地やモデルコースから、穴場のグルメやイベント情報まで、九州の最新情報がまる分かり!
九州観光推進機構サイト「九州旅ネット」はこちら
台風時の対応方法!
台風で旅行に行けなかった場合のご案内!~ツアーキャンセル時の対応と次回予約割引制度~
台風の際の対応&次回予約割引制度「リベンジ旅行を応援します!」
※予約割引制度は、鹿児島県の離島(屋久島、種子島、奄美大島、与論島)が対象となります。

九州旅行のFAQ

九州への旅行日数のおすすめは?
一つの都市のみの滞在・観光なら1泊2日でも可能です。ただ、7県で構成され、南北を横断すると約350kmもある九州には、それぞれに景観やグルメ、歴史など独特の見どころが満載です。九州旅行は複数のエリアを周遊しながら観光する場合は、最低でも2泊3日、移動距離によっては3泊4日がおすすめです。また、九州にはJALの飛行機が就航している空港が7つあるので、往復それぞれ違うエリアの空港を利用し、宿泊地も1泊づつ異なる都市にすることで、効率良く周遊できるよう行程を組み立てることも大切です。また、屋久島や種子島、五島列島など、人気の離島が多いのも九州の魅力。東京からの離島への直行便は運航していないので、まずは各主要都市を目指し、そこから船から飛行機で行くこととなるので、離島の旅行は3泊4日はほしいところです。
九州での移動手段は?
福岡は地下鉄や循環バス、長崎と熊本は路面電車、鹿児島では路面電車と周遊バスが市街地を運行しており、主要都市間についても鉄道があるので、主要観光地はおおむねアクセスは充実しています。また、九州内には旅の情緒を盛り上げる観光列車が多いのも特徴です。各主要都市を中心に観光するなら、鉄道やバスでも十分楽しめます。ただ、鉄道が通っていないエリアやバスの便数が少ない路線もあるので要注意。短い日程で効率的に周りたい場合や、道路沿いの気になるグルメスポットなどに立ち寄るなど、レンタカーがあれば、行動範囲の自由度が群と広がります。レンタカーの貸出と返却の店舗を異なる場所に乗り捨てすることもできるので、目的に合わせて利用しましょう。
九州の旅行費用の目安は?
九州への一般的なツアー(航空券+ホテル)代金の一例として、羽田空港発着、往復JAL便利用、各県主要都市エコノミークラスホテル2名1室利用、2泊3日の場合、大人1人あたり3万円台が目安になります。年間で最も旅行代金が安くなる時期は、GW期間を除く4~6月、年末年始を除く1月となり、2万円台で行くことができることもあります。この時期は、繁忙期には高くて泊まれないような温泉ホテルもお安くなるのでおすすめです。利用便や宿泊ホテルのランクによって旅行費用は上がります。
九州のおすすめ観光スポットは?
広大な九州には歴史や景観など観光スポットも多く点在していますが、特に注目すべきは、世界遺産が4つもあるということです。1993年に九州では初めての登録となった自然遺産の屋久島では、太古から続く壮大な自然を楽しむことができます。2015年には岩手県から鹿児島県の8県23資産が明治日本の産業革命遺産として文化遺産に登録。九州では、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、鹿児島県の5県が資産を有しており、日本の近代化の過程を学ぶことができます。2017年には神宿る島として古代から今日まで継承されてきた、福岡県の宗像・沖ノ島と関連遺産群が文化遺産に登録。2018年には長崎と天草地方の潜伏キリシタンが、禁教期に密かに信仰を続ける中で育んだ宗教に関する文化的伝統を物語る12の構成資産が長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産として文化遺産に登録されるなど、世界遺産登録地だけでも、これだけのスポットがあります。また、このほかに、2020年の登録を目指している奄美大島と徳之島もあり、世界に誇る九州の魅力を体験する旅行をお楽しみいただけます。
九州旅行のおすすめの時期は?
旅の目的によっても変わりますが、一般的な九州旅行のベストシーズンと言われるのは、ゴールデンウィーク前後と7~8月です。また、全国屈指の紅葉スポットも多く、秋の行楽シーズンである10月~11月中旬もさわやかな旅が楽しめる人気の時期です。ただし、10月は台風も多いので、天気予報をこまめにチェックすることも大切です。九州には別府や指宿などの名湯が多いことでも有名。12~1月の冬は、年間で最も旅行代金が安くなる時期となるので、寒い冬に温泉で心も体も温まる癒しの時間を楽しんでみてはいかがでしょうか。
その他のエリアをみる
北海道中国四国 九州 沖縄
barrier-free jata
トップへ戻る