【福岡発】徳島の人気観光ツアーなら格安国内旅行のオリオンツアー 24時間オンライン予約可能

出発地 出発地を選択
福岡発 福岡発
  • 北海道
  • 東北
  • 関東
  • 甲信越
  • 北陸
  • 東海
  • 関西
  • 中国
  • 四国
  • 九州
  • 沖縄
徳島鳴門の代名詞と言えば「うずしお」。淡路島と徳島県を結ぶ大鳴門橋の眼下には大迫力の景観が広がります。県内の山間、断崖絶壁が連なる「大歩危・小歩危」、「祖谷渓」は、景勝地として有名。
  • オプションでレンタカー予約も可能

2つのツアーの違いを比較!

旅行代金
固定型ツアー
旅行代金
変動型ツアー
ツアーの特長 日程限定&フライト限定のため、その分旅行代金を大幅値下げしたツアー フライトの自由度が高く、空席状況に応じて旅行代金が変動するツアー
旅行代金のおトク度 とにかく安く行きたい方におすすめ 予約のタイミングによっては格安になることも
設定期間(出発日) 日程限定のため希望日に出発設定が無いことも(概ね60日先まで予約可能) 180日先まで全日出発設定あり
予約の取りやすさ 席数限定のため人気日程は早めに満席になることも 固定型ツアーが満席の場合でも予約可能なケースあり
フライト選択 JAL便利用、当社指定の便限定(原則往路羽田発朝便、復路新千歳発夜便)。 JAL便利用、ツアー設定複数便の中から自由に選択可能
空港集合の有無 あり
搭乗時間の1時間前に弊社指定カウンターにて集合・受付
なし
搭乗時間に合わせて各自ご搭乗
JALマイル フライトマイルの50%
事前座席指定 当日空港でのご案内
※可能な限り同行者様お隣での座席を配慮しますが、混雑便の場合、席が離れる場合もございます。
予約完了の1時間後から可能
キャンセル規定 出発の21日前まで無料 お支払い完了時点から発生
四国旅行その他のエリアをみる
四国TOP 徳島 愛媛高知

福岡発徳島おすすめツアー
【航空券+宿泊ダイナミックパッケージ】

福岡発徳島おすすめツアー
【現地交通・体験などセットプラン】

徳島の地図とホテルから探す

徳島のホテル一覧を見る
アオアヲ ナルト リゾート マーカー
鳴門温泉
アオアヲ ナルト リゾート
交 通
JR鳴門駅より車で約15分、徳島空港より車で約30分
JRホテルクレメント徳島 マーカー
徳島市内
JRホテルクレメント徳島
交 通
JR徳島駅より徒歩で約1分、徳島空港より車で約30分
徳島グランヴィリオホテル マーカー
徳島市内
徳島グランヴィリオホテル
交 通
JR徳島駅より徒歩で約20分、徳島空港より車で約25分
サンシャイン徳島アネックス マーカー
徳島市内
サンシャイン徳島アネックス
交 通
JR徳島駅より徒歩で約10分、徳島空港より車で約25分
阿波観光ホテル マーカー
徳島市内
阿波観光ホテル
交 通
JR徳島駅より徒歩で約3分、徳島空港より車で約20分

徳島の観光スポット情報

  • 阿波おどり会館
    徳島市内
    阿波おどり会館
    400年の歴史があり徳島が世界に誇る「阿波おどり」を保存・伝承するために作られた施設。1Fが徳島県の工芸品や特産品を数多く販売するショップ「あるでよ徳島」、2Fの「阿波おどりホール」では昼と夜で阿波おどりを毎日上演しており、夜の部では有名な連による踊りが披露される専用ホールになっています。また、5Fが眉山ロープウェイ山麓駅となっており、約6分で山麓と山頂を結んでいます。
    住所
    徳島県徳島市新町橋2丁目20番地
    アクセス
    JR徳島駅より徒歩約10分
  • 眉山(びざん)
    徳島市内
    眉山(びざん)
    小説や映画の舞台にもなった徳島市のシンボル「眉山」。阿波おどり会館の5階がロープウェイ乗り場となっていて約6分で山頂へアクセスできます。山頂展望台からは徳島平野が一望でき、晴れた日には淡路島や和歌山の紀伊山地まで望むことができます。
    住所
    徳島県徳島市眉山町
    アクセス
    JR徳島駅より徒歩約10分、ロープウェイで山頂まで約6分
  • 四国八十八ヶ所1番札所 霊山寺(りょうぜんじ)
    徳島市内
    四国八十八ヶ所1番札所 霊山寺(りょうぜんじ)
    四国といえば、弘法大師ゆかりの八十八ヶ所の霊場をめぐるお遍路さんが有名。そのお遍路のスタート地点である1番札所が霊山寺であり、地元の人からは親しみを込めて「一番さん」とも呼ばれています。
    住所
    徳島県鳴門市大麻町板東字塚鼻126
    アクセス
    JR高徳線板東駅下車、徒歩10分
  • 鳴門の渦潮(なるとのうずしお)
    鳴門
    鳴門の渦潮(なるとのうずしお)
    鳴門の渦潮 『大鳴門』の下流で、ここを通過すると流れは急に速さを増し、下流へと流れていきます。渦はこの『大鳴門』を流れる激しい潮流の外側と静かな水面(よどみ水域)との境目にできます。潮流に沿って右側には右巻き、左側には左巻きの渦が巻きます。できた渦は、互いに合併しながら、大きくなり、回りながら紀伊水道・播磨灘へ流れ消えていきます。
    住所
    徳島県鳴門市鳴門町
    アクセス
    鳴門駅からバスで20分
  • 大塚国際美術館
    鳴門
    大塚国際美術館
    2000年以上色褪せない、迫力の西洋名画が1000点以上!オリジナル原寸大の陶板で再現された世界初の陶板名画美術館。「大塚国際美術館」は、大塚グループが創立75周年記念事業として徳島県鳴門市に設立した日本最大級の常設展示スペース(延床面積29,412平米)を有する「陶板名画美術館」です。館内には、6名の選定委員によ って厳選された古代壁画から、世界25ヶ国、190余の美術館が所蔵する現代絵画まで至宝の西洋名画1,000余点を大塚オーミ陶業株式会社の特殊技術によってオリジナル作品と同じ大きさに複製しています。それらは美術書や教科書と違い、原画が持つ本来の美術的価値を真に味わうことができ、日本に居ながらにして世界の美術館が体験できます。
    住所
    徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦字福池65-1
    アクセス
    徳島空港から車で約30分
  • 祖谷渓の小便小僧像
    三好
    祖谷渓の小便小僧像
    祖谷渓の約200mの断崖に立つ小便小僧の像。かつて地元の子供達が岩の先端で度胸試しをしたという逸話をもとに作られた像で祖谷渓のシンボル的な存在になっています。目が眩むような谷底には青く美しい祖谷川の流れを望むことができます。
    住所
    徳島県三好市池田町松尾
    アクセス
    井川池田ICより車で約50分
  • 大歩危・小歩危(おおぼけ・こぼけ)
    三好
    大歩危・小歩危(おおぼけ・こぼけ)
    2億年の時をかけて四国山地を横切る吉野川の激流により創られた溪谷。約8kmに渡り川の両岸が切り立った断崖となっており、迫力ある奇岩と渓谷美を楽しめる景勝地です。ダイナミックな風景を間近で体感するなら、往復約30分の大歩危峡観光遊覧船がおすすめです。
    住所
    徳島県三好市山城町西宇1520
    アクセス
    JR大歩危駅から徒歩約30分
  • 落合集落
    三好
    落合集落
    高低差約390メートルにも及ぶ山の急斜面に作られた山村集落。江戸中期から明治期にかけて造られた民家や石垣が点在しており国選定重要伝統的建造群保存地区とされています。対岸の中上集落にある「落合集落展望所」からは、落合集落の全景を眺めることができます。
    住所
    徳島県三好市東祖谷落合
    アクセス
    井川池田ICより車で1時間50分
  • 祖谷のかずら橋
    三好
    祖谷のかずら橋
    野生のシラクチカズラで編んだ吊橋。日本三奇橋の一つで3年に一度かけ替える。約800年前に源平の戦いに敗れた平家一族が、剣山、平家の馬場での訓練に通うため架けられたと言われる。長さ45メートル、幅2メートル、川面からの高さは14メートルにもなる。敷綱でつながれた横木と横木の間は10センチほど離れているので、足元にのぞく川面はスリル満点。
    住所
    徳島県三好市西祖谷山村善徳
    アクセス
    JR大歩危駅よりかずら橋バス停下車で徒歩5分

徳島のアクセス・移動手段

徳島阿波おどり空港から徳島駅までのアクセス
車で約25分
バスで リムジンバス(徳島バス)で約30分、料金600円
※料金は変更になる場合があります。詳しくは各交通機関へお問合わせください。

徳島旅行 旅のお役立ち情報

徳島県観光協会公式サイト「阿波ナビ」
徳島県の観光スポット・食事・お土産・特産品などを紹介! 徳島県観光協会が運営する観光オフィシャルサイト
徳島県観光協会「阿波ナビ」

徳島旅行のFAQ

徳島旅行のおすすめの旅行日数は?
鳴門海峡や大塚国際美術館、祖谷渓などを巡る定番ルートであれば1泊2日から楽しめます。移動に時間がかかることから、大塚国際美術館をじっくり見学したい方や、急がず観光したい方は2泊3日で計画すると十分楽しめるでしょう。
徳島空港から徳島市内への行き方は?
徳島空港からJR徳島駅前までリムジンバスが運行しています。所要時間は約30分です。
徳島旅行のおすすめの現地移動手段は?
人気の観光スポットが比較的まとまっており、主要観光地はおおむねアクセスは充実しています。ただ、鉄道やバスの便数が少ない路線もあるので運行本数や接続を事前に調べておくことがおすすめです。短い日程で効率的に周りたい場合や、道路沿いの気になるグルメスポットなどに立ち寄るなど、レンタカーがあれば、行動範囲の自由度が群と広がります。移動時間に余裕をもって安全運転を心がけてください。
徳島旅行のおすすめのグルメは?
ご当地グルメの代表格の徳島ラーメン。豚バラ肉や生玉子をトッピングするのが特徴です。徳島ラーメンを味わえる店は県内各地に点在していますが、最も多く集まっているのが徳島市内。店ごとのこだわりをチェックして、気になる一杯を味わってみてはいかがでしょうか。
徳島旅行のおすすめのお土産は?
特産ブランド「なると金時」。そのままでもスイーツレベルの甘いサツマイモを、贅沢に使用したお菓子が徳島にはたくさんあります。また、鳴門の渦潮が育てたわかめは、深い色、豊かな風味、歯ざわりが特徴で、主役にも脇役にもされる体に優しい健康食品として喜ばれるでしょう。
徳島旅行のおすすめの観光地は?
レオナルド・ダ・ヴィンチ「モナ・リザ」、ゴッホ「ヒマワリ」、ピカソ「ゲルニカ」など、教科書や美術書で一度は見たことがある“あの作品”が一堂に展示された大塚美術館は徳島に来たら訪れたい観光地の一つです。1000点以上の世界の名画を陶板で原寸大に再現。これだけの名画を、海外に行かなくても一気に鑑賞できるのはここだけという大変貴重な美術館です。また、鳴門の渦潮は、瀬戸内海と紀伊水道の干満差により、激しい潮流が発生することによりできる「自然現象」。春と秋の大潮時に最大となり、直径20mにも達する渦潮の大きさは世界一といわれています。
徳島旅行に適した服装は?
徳島県は北部と南部で属する気候帯が違います。徳島市のある北部は瀬戸内海気候に属し、雨が少なく日照量が多い傾向にあります。県南部は太平洋気候に属し、全国でも有数の多雨地域となっています。徳島県の春が始まるのは4月ごろ。3月までは肌寒い日が続きますが、4月に入ると日中の気温が一気に上がります。暑さ・寒さの両方に対応できるようにライトアウターを準備しておきましょう。6月上旬ごろに梅雨入りし、7月から本格的な夏が訪れます。梅雨の時期は蒸し暑さが気になるため、通気性に優れたアイテムを選んで熱を逃しましょう。ただし、室内は冷房が効いているので、薄手のカーディガンなどを用意すると安心です。9月になると、朝晩と日中の気温差が大きくなります。さっと羽織れる薄手アウターを用意しておくのがおすすめです。11月ごろから風が冷たくなり始め、12月には本格的な冬シーズンが始まります。厚手のコートや手袋などで防寒対策をしっかり行いましょう。
徳島旅行に必要な持ち物は?
健康保険証や必要な方は常備薬、メガネやコンタクトレンズのほか、レンタカーを使用する方は運転免許証など現地調達ができなかったり、難しいものは荷造りの最後に改めて確認することが大切です。旅行先の素晴らしい瞬間を写真や動画に残したり、お店や観光情報の収集、地図アプリの活用など、利用シーンの多い携帯電話やスマートフォンも旅行時の必需品です。使用する頻度が高いので、充電器も忘れずに持っていきましょう。また、日常的にキャッシュレス決済を使用している方は、お店によっては利用できない場合も多くありますので、柔軟に対応できるよう現金も用意しておきましょう。航空券は多くの航空会社でスマートフォンでチェックインできますが、予備として印刷して紙でも持っておくことで、スマートフォンの充電がなくなった時でも対応できます。
旅行業公正取引協議会 jata
トップへ戻る