【関西発・大阪発】奄美大島の人気観光ツアーなら格安国内旅行のオリオンツアー 24時間オンライン予約可能

出発地 出発地を選択
大阪発 大阪発
  • 北海道
  • 東北
  • 関東
  • 甲信越
  • 北陸
  • 東海
  • 関西
  • 中国
  • 四国
  • 九州
  • 沖縄
2021年世界自然遺産登録決定!話題の奄美大島は鹿児島本土と沖縄本島のほぼ中間の洋上に位置しています。広いマングローブ林やアマミノクロウサギに代表される絶滅が危惧される固有種。豊かな森が育む海洋部には、美しいサンゴ礁が広がっています。
  • オプションでレンタカー予約も可能

2つのツアーの違いを比較!

旅行代金
固定型ツアー
旅行代金
変動型ツアー
ツアーの特長 日程限定&フライト限定のため、その分旅行代金を大幅値下げしたツアー フライトの自由度が高く、空席状況に応じて旅行代金が変動するツアー
旅行代金のおトク度 とにかく安く行きたい方におすすめ 予約のタイミングによっては格安になることも
設定期間(出発日) 日程限定のため希望日に出発設定が無いことも(概ね60日先まで予約可能) 180日先まで全日出発設定あり
予約の取りやすさ 席数限定のため人気日程は早めに満席になることも 固定型ツアーが満席の場合でも予約可能なケースあり
フライト選択 JAL便利用、当社指定の便限定(原則往路羽田発朝便、復路新千歳発夜便)。 JAL便利用、ツアー設定複数便の中から自由に選択可能
空港集合の有無 あり
搭乗時間の1時間前に弊社指定カウンターにて集合・受付
なし
搭乗時間に合わせて各自ご搭乗
JALマイル フライトマイルの50%
事前座席指定 当日空港でのご案内
※可能な限り同行者様お隣での座席を配慮しますが、混雑便の場合、席が離れる場合もございます。
予約完了の1時間後から可能
キャンセル規定 出発の21日前まで無料 お支払い完了時点から発生

大阪発奄美大島おすすめツアー
【航空券+宿泊ダイナミックパッケージ】

大阪発奄美大島おすすめツアー
【現地交通・体験などセットプラン】

奄美大島の地図とホテルから探す

奄美大島のホテル一覧を見る
ホテルニュー奄美 マーカー
奄美大島
ホテルニュー奄美
交 通
奄美空港より車で約50分
ホテルサンデイズ奄美 マーカー
奄美大島
ホテルサンデイズ奄美
交 通
奄美空港より車で約45分
ホテルビッグマリン奄美 マーカー
奄美大島
ホテルビッグマリン奄美
交 通
奄美空港より車で約50分
奄美山羊島ホテル マーカー
奄美大島
奄美山羊島ホテル
交 通
奄美空港より車で約45分
ホテルカレッタ マーカー
奄美大島
ホテルカレッタ
交 通
奄美空港より車で約20分
奄美リゾートばしゃ山村 マーカー
奄美大島
奄美リゾートばしゃ山村
交 通
奄美空港より車で約10分
ライベストイン奄美 マーカー
奄美大島
ライベストイン奄美
交 通
奄美空港から車で約120分
奄美ラッキーハウス マーカー
奄美大島
奄美ラッキーハウス
交 通
奄美空港より車で約20分

奄美大島の観光スポット情報

  • 金作原原生林
    名瀬朝戸
    金作原原生林
    奄美大島の山々の中でも、天然の亜熱帯広葉樹が多数残っている金作原(きんさくばる)原生林。生きた化石といわれる巨大なヒカゲヘゴなどの亜熱帯植物が茂り、国指定天然記念物のルリカケスやキノボリトカゲなど、稀少な生物も生息しています。緑の間から差し込む陽光が神秘的。
    住所
    鹿児島県奄美市名瀬朝戸金作原
    アクセス
    奄美空港から車で約80分、名瀬中心部から車で約30分
  • 黒潮の森マングローブパーク
    住用町
    黒潮の森マングローブパーク
    日本で2番目に広大なマングローブの森。この原生林のジャングルをなんとカヌーでツーリングできます。網の目のように入り組んだ水路を、カヌーを操って探検家気分で分け入れば、笑顔いっぱい気分は爽快!ガイドさんの説明も楽しい。カヌーは安定性が高く初心者でもOK。
    住所
    鹿児島県奄美市住用町石原478番地
    アクセス
    奄美空港から車で約70分、名瀬中心部から車で約20分
  • ハートロック
    龍郷町
    ハートロック
    干潮時にのみ現れるハート型の潮だまりは、恋愛成就を願う、奄美のパワースポットとして女性やカップルに大人気。海岸まで熱帯植物でうっそうとした中を歩くので、ちょっとしたジャングル気分も味わえます。潮の満ち引きによって左右されるので、潮見表のチェックはお忘れなく。
    住所
    鹿児島県大島郡龍郷町赤尾木
    アクセス
    奄美空港から車で約15分、名瀬中心部から車で約30分
  • 大島紬村
    龍郷町
    大島紬村
    村内では大島紬の泥染めから完成までの製造過程をガイド付きで見学できます。また、興味があれば、ハンカチやストールなどの泥染めや機織り、着付けなど気軽に楽しめる体験メニューも用意。高級大島紬から、お手頃な紬の小物商品などを取り扱うショップやカフェもあります。
    住所
    鹿児島県大島郡龍郷町赤尾木1945
    アクセス
    奄美空港から車で約20分、名瀬中心部から車で約30分
  • 郷土料理・鶏飯(ひさ倉)
    龍郷町
    郷土料理・鶏飯(ひさ倉)
    ご飯に、ほぐした鶏肉、錦糸卵、椎茸、パパイヤの漬物などをのせ、鶏スープをかけていただく鶏飯は、奄美大島の代表的な郷土料理です。様々な場所で頂ける料理ですが、「ひさ倉」は、数々のメディアでも紹介されている有名店で、店舗も大きいので、グループで訪れても安心です。
    住所
    鹿児島県大島郡龍郷町屋入511
    アクセス
    奄美空港から車で約20分、名瀬中心部から車で約30分
  • 土盛海岸
    笠利町
    土盛海岸
    奄美大島の中でもその美しさはトップクラスといわれ、「ブルーエンジェル」とも呼ばれる濃いグリーンの海岸。この海岸の海の青さ、美しさは、見た瞬間に感嘆せずにはいられません。空港からも近いので、到着時や出発時に立ち寄りやすく、海水浴やシュノーケリングが楽しめます。
    住所
    鹿児島県奄美市笠利町土盛
    アクセス
    奄美空港から車で約5分、名瀬中心部から車で約50分
  • あやまる岬観光公園
    笠利町
    あやまる岬観光公園
    奄美大島十景の一つに選ばれた絶景スポット、あやまる岬。丘の上には、ガジュマルをイメージした独特なデザインの観光案内所と展望台があり、カフェも併設されています。また、広い敷地内には多くの施設やレジャースポットがあるほか、ソテツのジャングルを見ることもできます。
    住所
    奄美市笠利町須野682
    アクセス
    奄美空港から車で約10分、名瀬中心部から車で約55分
  • 鹿児島県奄美パーク
    笠利町
    鹿児島県奄美パーク
    奄美群島の歴史や文化、自然を楽しく学べる施設なので、一番最初に訪れたいスポット。年齢を問わず楽しめ、雨の日でも遊べます。奄美の自然を描き、日本のゴーギャンとも言われる画家・田中一村の美術館も併設し、屋外には亜熱帯の植物が広がる公園や展望台も設置されています。
    住所
    鹿児島県奄美市笠利町節田1834
    アクセス
    奄美空港から車で約5分、名瀬中心部から車で約55分
  • 油井岳・高知山展望台
    瀬戸内町
    油井岳・高知山展望台
    大島本島と加計呂麻島の間に横たわる大島海峡は、美しいリアス式海岸が続く絶景で奄美十景にも選ばれています。この海峡を一望に見わたせるのが、油井岳・高知山展望台。加計呂麻島はもちろん、晴れた日には徳之島まで見渡せることも。海が夕焼けに染まる時間は特に感動的です。
    住所
    鹿児島県大島郡瀬戸内町
    アクセス
    奄美空港から車で約100分、名瀬中心部から車で約60分

奄美大島のアクセス・移動手段

奄美空港からの移動手段
名瀬・・・車で約70分
名瀬・・・バスで約60分 1,100円

奄美大島旅行 旅のお役立ち情報

九州観光推進機構サイト「九州旅ネット」
定番の観光地やモデルコースから、穴場のグルメやイベント情報まで、九州の最新情報がまる分かり!
九州観光推進機構サイト「九州旅ネット」はこちら
奄美大島観光情報「あまみっけ。」
奄美大島で楽しむためのグルメやイベントなどおすすめの情報が満載!
奄美大島観光情報「あまみっけ。」はこちら
あまみ大島観光物産連盟公式サイト「のんびり奄美」
奄美大島の観光スポット・食事・お土産・特産品などを紹介! あまみ大島観光物産連盟が運営する観光オフィシャルサイト あまみ大島観光物産連盟公式サイト「のんびり奄美」
BIRD’S EYE VIEW OF KAGOSHIMA「本物。鹿児島県」PR 動画
ドローンで空撮することにより,これまでにない視点から鹿児島の離島のダイナミックな地形や水流を表現! 奄美大島の大自然を動画で体験出来ます。 BIRD'S EYE VIEW OF KAGOSHIMA

奄美大島旅行のFAQ

奄美大島旅行への行き方は?
鹿児島県外からの直行便は東京と大阪、福岡からの各1日1便に限られており、そのほかの場合、まずは鹿児島へ向かい、そこから飛行機かフェリーで奄美大島に行くこととなります。フェリーを利用する場合は、鹿児島空港から鹿児島市内までの移動が必要となり、また、鹿児島の港は広いので、乗り場を間違えてあわてないように、2時間以上の余裕を持ったスケジュールで向かいましょう。
奄美大島のおすすめのアクティビティは?
希少な生物が息づくダイナミックな森と透明度の高い海が人気の奄美大島。2021年の世界自然遺産の登録を目指している、奄美の豊かな大自然を体感するなら、大人から子供まで幅広く楽しめるマングローブカヌーツアーがおすすめ。島の自然と動植物を熟知したガイドと一緒に水辺に広がる鬱蒼とした原生林のジャングルへ出かけると、驚きと感動がいっぱいです。そのほかにも、太古からの生命が鼓動しアドベンチャー映画の世界に迷い込んだような原生林をガイドと一緒に散策する金作原探検ガイドツアーや、特別天然記念物のアマミノクロウサギなどを観察するナイトツアーも人気です。また、冬の時期のみのアクティビティとして、大きさ15mにもなるザトウクジラを間近で観察するホエールウォッチングも人気上昇中。
奄美大島のおすすめのグルメは?
郷土料理のことを奄美大島では方言で「島じゅうり」と言い、素朴でヘルシーな島グルメが充実しています。特に代表的な料理は、ササミや錦糸卵、シイタケ等をご飯の上にのせて、熱い地鶏のスープをお茶漬けのようにかけて食べる「鶏飯」。そのほか、農作業時の間食として食されていた家庭料理である「油ぞうめん」や、島豚を島の黒糖焼酎などで長時間煮込んだ「豚骨」もおいしいです。また、奄美大島の近海は魚介類も豊富で、刺身や焼き物、唐揚げや煮付けなども充実しており、島ならではの食文化を味わうのも奄美大島旅行の醍醐味です。
奄美大島のエリアごとの楽しみ方は?
海、原生林、都心部など目的に応じて、大きく4つのエリアに分かれる奄美大島。大島北部は奄美空港からも近く、青い海が広がりダイビングやマリンスポーツも盛んなリゾートエリアとして人気でリゾートホテルも多くあります。大島中部エリアには、マングルーブ原生林や金作原原生林など亜熱帯の大自然が残り、国の特別天然記念物に指定されているアマミノクロウサギなど希少な動植物が生息していることでも有名です。大島南部エリアにはサンゴ礁が有名な大島海峡が広がり、半潜水船である水中観光船「せと」に乗船するとサンゴ礁やカラフルな魚を観察することができます。また、手つかずの自然が残る島「加計呂麻島」へのフェリーが発着する港もあります。最後は、島の中心にあり、シティホテルも多く、観光の拠点としても最適な奄美大島随一の繁華街「名瀬」。ここには、カフェやレストランのほか、商店やスーパーが多く、特に屋仁川には居酒屋やバーも多く軒を連ねており、夜までアクティブに楽しむことができます。
奄美大島での移動手段は?
奄美大島には鉄道が通っていないため、公共の交通手段としては路線バスのみとなります。ただし、名瀬市街地以外のエリアは本数が少ないので、運行時間や接続などは事前に確認しておくのがおすすめです。離島としては全国で3番目に大きい面積を誇る奄美大島を効率よく回るなら、レンタカーがおすすめ。奄美空港や名瀬には大手レンタカー会社をはじめ複数の店舗があり、島内の移動はほとんど国道58号を使うので、迷う心配も少なく、初心者でも安心です。とはいえ、原生林など悪路もあるので、こちらも事前の下調べが重要です。
奄美大島の世界遺産登録は?
2021年7月26日に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産委員会におきまして、亜熱帯の森にアマミノクロウサギなど貴重な固有種が数多く息づく生物多様性が評価され、「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」の世界自然遺産登録が正式に決定となりました。白神山地(青森、秋田両県)、屋久島(鹿児島県)、知床(北海道)、小笠原諸島(東京都)に続き、日本では10年ぶり5件目になります。
その他のエリアをみる
北海道東北関東甲信越中国四国 九州 沖縄
旅行業公正取引協議会 jata
トップへ戻る