トップインストラクター座談会 『プロに聞く!スノーボード初心者の最速上達法』 | スキーNAVI

トップインストラクター座談会 『プロに聞く!スノーボード初心者の最速上達法』

プロのインストラクターが集結し、最速で上達するコツを徹底討論! 上達する人、しない人の違い、ここさえ抑えれば上手くなるポイントなど、スノーボード初心者の方々に向けたベストアンサーの数々をご紹介します。(左から 中本さん、田口さん、本多さん、駿河さん)

トップスノーボーダー/インストラクター

駿河涼一 さん
インストラクター歴15年。現在は非常勤。テクニカル選手権はアルパインで参加。

田口瑞樹 さん
インストラクター歴10年。2021年より新しいスクールを開講。

中本優子 さん
インストラクター歴15年、全国各地でスクール講師を担当。テクニカル選手権に参加。

本多未沙さん
インストラクター歴4年、以前はハーフパイプの選手として活躍。

INDEX 目次

  1. うまくなる人・うまくならない人の特徴って、ありますか?
  2. 独学・自己流についてどう思いますか?
  3. どうしてもケガが怖いのですが、恐怖心の対処法などありますか?
  4. 最短でうまくなるには? 初心者がここだけは抑えた方がいいポイントは?
  5. オフシーズンのおすすめトレーニングについて教えてください。
  6. 普段よく行くゲレンデ、また初心者におすすめスキー場を教えてください。
  7. 初心者の方へ、スノーボードを楽しむためのポイントをアドバイスください。
  8. これからスノーボードを始めるか迷っている方へメッセージをお願いします。

うまくなる人・うまくならない人の特徴って、ありますか?

駿河:初心者だけでなくどのレベルにおいても、上手くいかないことはたくさんあると思います。なかなか立てなくてヘコむよりも、どうしたら出来るのかとやってみる過程を楽しむことが大事です。

田口:まずは楽しんでやってもらえることが、一番の上達への近道だと思います。スノーボードは遊びなんで(笑)。

本多:スノーボードって、バランスをとることが大事なスポーツになるので。自然体でやっている人の方が上手くなるスピードが早いですね。

中本:私は上手くなる人の特徴って、普段から身体を動かしている人の方が動きをイメージしやすく飲み込みが早いと感じます。

独学・自己流についてどう思いますか?

中本:今って、YouTubeなどいろいろな情報が見られるので、ある程度の知識は得られると思います。ただ、初心者の方はどんなことが危険かわからないと思うので、スクールを体験していただきたいですね。

本多:友達からスノーボードを教えてもらって、いきなり急斜面に連れていかれて怖かったなんて話をよく聞くので、最初だけでもスクールに入って基礎的なところを習った方が恐怖心なく始められると思います。

田口:YouTubeやネットなど、今は逆に情報は多すぎてどの方法が自分に合っているのか、どうやったら自分は上手くできるのか、選択することが大事だと思います。

駿河:インストラクターは、教えることを仕事にしているので、出来ないことをいかに上達に結びつけるかという方法はたくさんもっているもの。独学よりスクールで教えてもらう方が安全に上達していくと思います。

どうしてもケガが怖いのですが、恐怖心の対処法などありますか?

駿河:ケガをしないためにも、ヘルメットを被ったり、プロテクターを付けたり、というのはひとつの安全対策になります。

田口:恐怖心を感じるのは、しょうがない(笑) やはりケガをしやすいのは、始めたばかりのとき。転び方がわからなくて手が出てしまうケースが多いです。

中本:やはり、初心者の方は転んだときに手が出やすく、ケガにつながりやすいんですよね。

駿河:転ぶまいと耐えようとして、反射的に手が出るんですよね。スクールでは、立った状態でインストラクターが支えて、バランスをとりながら滑ることを覚えてもらうようにしています。

中本:インストラクターが、一人ずつ初心者の方の手をとって転ばせないようにサポートします。だから、インストラクターはいつも汗だく(笑)

田口:慣れてくると、繋いでいた手がだんだん緩んでくるのがわかります。そうすると、少し手を離して滑って、また手を持ってという感じで、慣れていってもらいますね。

最短でうまくなるには? 初心者がここだけは抑えた方がいいポイントは?

本多:イメージをつくることが大事だと思うので、YouTubeやInstagramなどで上手い人の滑りを見るだけでも、自分の滑りが変わってきます。スクールでも、それぞれの方の滑りを動画で撮って、自分の滑りと客観的に見た時の違いがわかってきます。

中本:自分が思っていた滑りと現実との差が大きくて、ショックを受ける人もいるぐらい。差がわかると、10回やらないといけないことはが5回ですんだり、滑りが変わるのが早いんです。

田口:僕も、自分の滑っている動画を確認し、次はここを変えてみよう、こうしてみようと練習しています。コマ送りにして細かく身体の動きを確認すると、新たな気づきがありますね。

オフシーズンのおすすめトレーニングについて教えてください。

田口:僕の場合は、オフシーズンはなく、夏も人工芝のようなゲレンデで滑っていますね。他のスポーツをして鍛えるのもいいですが、同じスノーボードを続けられるなら、必要な筋肉が落ちるのを各段に防ぐことができます。一般の方でも利用可能です。

中本:オフシーズンでも何回かスクールで教えていたり、個人的にスノーボードをしたりします。あとは、最近ゴルフも始めまして(笑)。

駿河:僕は、ゴルフ、野球、スケートボード、ジムといろいろなことをやるので、体調もいいですね。

本多:スケートボードといった、横乗りのスポーツをやっておくとボード感覚がキープできていいと思います。

普段よく行くゲレンデ、また初心者におすすめスキー場を教えてください。

駿河:僕は普段、岐阜県の奥美濃にある高鷲スノーパークとひるがの高原スキー場でスクールを担当しています。高鷲スノーパークは、緩斜面がとても長い点、リフト降りてすぐトイレがある点などが、初心者にもいいですね。ひるがの高原スキー場は、距離も短く、下からゲレンデが見渡せるという安心感があります。1本のコースが短いので、初心者の方でも疲れにくく繰り返し滑ることが出来ます。体力に自信のない方は、最初はコンパクトなスキー場を選ぶのもおすすめです。

本多:私はシャトレーゼリゾート八ヶ岳で教えています。そこは、コンパクトなファミリーゲレンデで急斜面もほとんどないので、初心者の方にはぴったり。降雪機で雪を降らせているスキー場なので、雪のコンディションが安定していて、ターンの練習もしやすいです。個人的には、湯沢の神立スノーリゾートによく行っています。越後湯沢のエリアなら、新幹線で行けるのでアクセスも抜群。スキー場も横に広い緩斜面や初心者向けのパークがあるので、ターンができ、今度はジャンプを練習してみたいというレベルの人におすすめです。

田口:岐阜県のウイングヒルズ白鳥リゾートでスクールを担当しています。ここはコースも多彩で、ゴンドラがあって天気が悪いときも濡れずに上まで行けます。正面のバーンも広いので、初心者の方も滑りやすいと思います。スキー場を選ぶとき、僕はバーンだけでなく、HPを見て「ご飯、美味しそう!」「この景色が見たい」といった視点でも選んでいます。滑る以外の楽しさも、選ぶポイントにしてもらえたらといいと思います。

中本:私が日頃教えているのは、白馬エリアの鹿島槍スキー場です。天然の雪なので転んでも痛くないのがいいところ。横に広いゲレンデは、方向のコントロールがうまく出来ない初心者の方でも安心です。白馬の雪山の美しさは毎日見ても感動します。また、栂池高原スキー場も横に広く、下が緩斜面なので初心者の方が滑りやすいと思います。

初心者の方へ、スノーボードを楽しむためのポイントをアドバイスください。

中本:スキー場って行くだけで自然とテンション上がります! 転んで雪だらけになっても楽しいですよね。

駿河:転んで笑って許されるのは、ゲレンデだけ(笑)。

本多:スノーボードって、ウェアや道具が幅広くて楽しめるので、初心者の方はレンタルで始める方が多いと思いますが、可愛いウェアやブーツにもこだわると、行くだけでワクワクすると思います。

田口:板も、ステッカー貼って自分好みにカスタマイズすると、「これを使うために行こう!」という気持ちになれます。

駿河:滑るだけではなく、テラスやカフェがあったり、施設が充実しているところが増えているので、それを目的にするのも楽しみ方のひとつですね。

これからスノーボードを始めるか迷っている方へメッセージをお願いします。

駿河:初心者の方々に「またスノーボードをやりたい」と思っていただけるようにレッスンをやっていますので、一度はスクールを体験していただけたらと思います。

本多:スノーボードの魅力は、非日常的な景色や滑ったときの爽快感。きっと日々のリフレッシュにもつながります。

田口:今、お家時間が増え、身体を動かす機会が減っています。スノーボードは、外で思いっきり身体を動かせるので、始めていただければうれしいです。

中本:スノーボードって、上から下まで滑っているだけなのに、とにかく楽しい! 朝のキーンと冷えた空の青さや山の美しさなど、都心では目にしないものも、ぜひ感じていただければと思います。

JSBA公認デモンストレーター

駿河 涼一

カテゴリー
アルパイン
所属スクール
JAPAN SNOWBOARD ACADEMY
SNSリンク
【Instagram】 https://www.instagram.com/suruga1977
メッセージ
いろんなゲレンデに行ってみて、お気に入りのゲレンデを見つけましょう!
ゲレンデが楽しいのはもちろん!施設やスクールなど楽しいことが沢山あります。
私達インストラクターは上達だけでなく「楽しい!」を見つけるお手伝いをさせていただきます!ゲレンデでお待ちしてます!

JSBA公認デモンストレーター

田口 瑞樹

カテゴリー
フリースタイル
所属スクール
ウイングヒルズスノーボードスクール
SNSリンク
【Instagram】  https://www.instagram.com/mizuki_gray/ 【Facebook】 https://www.facebook.com/mizukissmark
メッセージ
普段の生活の中では味わえないような解放感の中、全身を動かすことが出来るスポーツはスノーボード以外ありません。
ぜひ一度スノーボードにトライしてみてください!
より効率よく上達を望むのであればスクールが絶対の近道です。
素敵なスノーボードライフになる事間違いなし。
この機会に是非チャレンジしてみてくださいね!

JSBA公認デモンストレーター

中本 優子

カテゴリー
フリースタイル
所属スクール
AZプロスノーボーディングスクール 鹿島槍校
SNSリンク
【Instagram】  https://www.instagram.com/yuko__nakamoto/ 【Facebook】
https://www.facebook.com/xzxfrxtf
メッセージ
シーズン中はHAKUBA VALLEY 鹿島槍スキー場にあるAZスノーボードスクールをベースにレッスンを行い、長年の経験を生かし、初心者から上級者まで1人1人に合った指導を心掛けます。
受講者の皆さんとスノーボードの楽しさを共有していきたいと思っています。

JSBA公認デモンストレーター

本多 未沙

カテゴリー
フリースタイル
所属スクール
シャトレーゼスキーリゾートSISスノーボードスクール
SNSリンク
【Instagram】 https://www.instagram.com/misahonda_18
メッセージ
小学生の時に始めたスノーボードですが、始めた当初に感じた楽しさは今も変わらず、そしてスノーボードを通じてたくさんの素晴らしい出会いもありました。
スノーボードは生涯続けられるスポーツだと思います。
ひとりでも多くの方にスノーボードを安全に楽しみながら上達するお手伝いができればとても嬉しく思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オリオンツアーの最新情報をお届けします

RELATED ARTICLES 関連記事

記事一覧