沖縄旅行・沖縄ツアー・格安沖縄ツアー 沖縄に行くならオリオンツアー 24時間オンライン予約可能

奄美大島 手つかずの自然が残る南西諸島 奄美大島。海と森に癒される極上の旅行をお届けします。

奄美大島の観光名所

  • あやまる岬

    奄美本島東北端の太平洋上に突き出た岬。珊瑚礁のリーフに囲まれた奄美の海をダイナミックに見せてくれる。
    奄美空港からバスで7分、「あやまる岬バス停」下車
  • アオンのリーフ

    奄美大島の景勝地。
  • 黒潮の森マングローブパーク

    奄美の動植物について見学することができるマングローブ館、気軽にマングローブを探検するカヌーツアーもあります。
    奄美市名瀬から車で20分
  • 鹿児島県奄美パーク

    奄美の自然、歴史、文化を紹介する「奄美の郷」と、「田中一村記念美術館」からなる。屋外には園内を見下ろす展望台が建ちます。
    奄美空港から車で5分

奄美名物・名産

  • 黒糖焼酎

    奄美特産のサトウキビをつかった焼酎。甘い香りが特徴で女性に人気です。自分へのお土産にも大人気です。
  • 鶏飯

    白飯にほぐした鶏肉、錦糸卵、椎茸を載せて、鶏出汁をかけていただきます。ハマっちゃう人続出中です!
  • 大島紬

    絹糸を泥染めしたものを手織りした織物です。大島紬の小物は女性へのお土産にとても喜ばれます。
  • クロマグロ

    クロマグロ養殖日本イチで国の約6割を占めるマグロのメッカです。
    本場の奄美で、ぜひ食べたいですね!

  • La Fonte
    (ラ フォンテ)

    直営の農園で育てた野菜や果物をつかった手作りのジェラートが人気。季節により様々なフレーバーが楽しめます
    WEBサイトを見る
  • 奄美きょら海工房

    「きょら海」とは美しい海の意、美しい海に面して建つカフェ兼黒糖工房では、黒糖を利用したスイーツや自家製パンを購入 またイートインが可能。ラッピングも女性好みの可愛らしさ。お土産にも最適です!
    WEBサイトを見る

海外にも国内にも美しい海はたくさんありますが『こんなに綺麗な海に、短時間で行ける』という点で奄美大島はかなりのオススメ。時間を忘れて贅沢な時間をお過ごしいただけます。

フライト時間の目安

東京(羽田)から約2時間10分
大阪(伊丹)から約1時間30分
福岡から約1時間20分
<2014年3月末より増便!>

空港から各エリアへの目安

空港から名瀬 約1時間
空港からマングローブ原生林約2時間
空港から古仁屋(加計呂麻島への渡り口)2時間半

  • 毎年2月上旬奄美観光桜マラソン

    早咲きの桜を見ながら奄美の自然の中を爽快にラン。島外からの参加者も多い。
  • 旧暦の8月

    八月踊り 旧暦の8月が1年の折目とされ、この時期に集落毎に踊られる踊りで各地域で特徴があります。

奄美を知る!

  • [サイト] ぐーんと奄美

    奄美大島の観光情報を集めるならこちら!周辺の群島の情報も盛りだくさん!
    WEBサイトを見る
  • [無料誌] 奄美群島島々新聞

    奄美大島をはじめ奄美群島の島々の情報を集めたフリーペーパー(不定期発行)。島内や関連イベントで入手可。

奄美にステイ

ビーチエリア

    プチリゾート ネイティブシー奄美

    景観地や海水浴としても有名な倉崎ビーチを望む好立地で全室全館オーシャンビューの大パノラマが広がります。
    わずか14室でサービスを重視しており、ダイビング施設も併設。レストランではイタリアで修行経験のあるシェフが自慢の腕を披露します。素材にもこだわり、使用野菜は自家農園産の無農薬野菜をふんだんに使用しております。

    住所
    〒 894-0412 鹿児島県 大島郡龍郷町芦徳835
    TEL
    0997-62-2385
    ホームページ
    WEBサイトを見る
    チェックイン/アウト
    15:00/10:00
    交通案内
    ■空港から車で20分
    駐車場
    有り 無料(60台)
    • 東京発
    • 名古屋発
    • 関西発
    • 福岡発
  • ホテルコーラルパームス

    ホテルの近くには「土盛海岸」や「あやまる岬」など地元の人々にも人気のある感動的なビーチスポットが点在する近くにあるサイクリングロードは野鳥や昆虫などの観察もできサイクリングに人気。

    住所
    〒 894-0501鹿児島県 奄美市笠利町宇宿2520
    TEL
    0997-63-8111
    ホームページ
    WEBサイトを見る
    チェックイン/アウト
    14:00/11:00
    交通案内
    ■空港から車で約7分
    駐車場
    有り 無料(50台)
  • 奄美山羊島ホテル

    奄美のごくらくスパリゾート。 360°海に囲まれた「山羊島」。 奄美大島の中心地"名瀬"の街からは車で約5分の距離とは思えない程のリゾート地。名瀬湾を一望できるオーシャンビューのバルコニー付き客室、展望風呂が自慢。全室シモンズ製ベッド、今治タオル、無線LAN対応。

    住所
    〒 894-0001鹿児島県 奄美市名瀬大熊字鳩1382-1
    TEL
    0997-54-5111
    ホームページ
    WEBサイトを見る
    チェックイン/アウト
    14:00/11:00
    交通案内
    ■空港から車で約40分
    駐車場
    有り 無料

シティエリア

  • ホテルビッグマリン奄美

    奄美初!!光明石温泉導入した海から近いホテル。バリアフリー設計で身障者ルーム・トイレを完備しているので、車椅子の方の宿泊もOK。また、大切な ペットと一緒に泊まれます。(要予約)

    住所
    〒 894-0036 鹿児島県 奄美市名瀬長浜町27-1
    TEL
    0997-53-1321
    ホームページ
    WEBサイトを見る
    チェックイン/アウト
    15:00/11:00
    交通案内
    ■空港から最終バスセンターまでバスで所要時間55分
    ■道の島交通バスセンターから徒歩20分,車5分(送迎あり)
    ■名瀬新港から車で3分
    駐車場
    有り 30台(無料)
  • 奄美サンプラザホテル

    夜の繁華街「屋仁川」まで徒歩4~5分という、名瀬の中心街に位置しております。
    名瀬を拠点とすれば、奄美パーク、マングローブの森、マテリアの滝、金作原原生林、ゴルフ場など奄美の北部・南部の観光にとても最適です。

    住所
    〒 894-0026鹿児島県 鹿児島県名瀬市港町2-1
    TEL
    0997-53-5151
    ホームページ
    WEBサイトを見る
    チェックイン/アウト
    14:00/10:00
    ■交通案内
    空港より道の島交通の路線バスにて約50分
    駐車場
    有り 無料(先着順)
    立体駐車場30台(車高155cm以内)
    通常駐車場10台
    • 東京発
    • 名古屋発
    • 関西発
    • 福岡発
  • ホテルニュー奄美

    飲食店街にも隣接しており、観光やビジネスの拠点としておすすめです。快適・便利な空間から奄美の観光・ビジネスが広がります。

    住所
    〒 894-0034鹿児島県 鹿児島県奄美市名瀬入舟町9番2号
    TEL
    0997-52-2000
    ホームページ
    WEBサイトを見る
    チェックイン/アウト
    14:00/10:00
    交通案内
    ■空港より車で50分
    駐車場
    有り  無料 (60台)先着順 
    • 東京発
    • 名古屋発
    • 関西発
    • 福岡発
  • ホテルウエストコート奄美

    奄美群島の拠点都市、奄美市の中心に位置し、空港行連絡バスの発着所がホテル敷地内にあり、各方面へのアクセスも大変便利です。また、奄美の飲食店街にも隣接していますので、ビジネスのあとのひとときも十分にお楽しみいただけます。

    住所
    〒 894-0034鹿児島県 奄美市名瀬入舟町9番1号
    TEL
    0997-52-8080
    ホームページ
    WEBサイトを見る
    チェックイン/アウト
    13:00/10:00
    交通案内
    ■空港より車で約50分
    駐車場
    有り  無料(60台) 
    • 東京発
    • 名古屋発
    • 関西発
    • 福岡発

奄美大島で遊ぶ

奄美の自然にこだわったタラソテラピー

タラソテラピーは、海水、海藻、潮風、気候、地形など、あらゆる海の資源を用いて身体機能を活性化する健康療法です。
タラソ奄美の竜宮の目の前には、白い砂浜と珊瑚礁の海が広がり、潮騒が鮮明に響きます。奄美の恵まれた環境が、心身にエネルギーを与え、確かなアンチエイジングを可能にします。あなたも“タラソ奄美の竜宮”で至福の時間をお過ごしください。

タラソ奄美の竜宮
〒894-0046
鹿児島県奄美市名瀬大字小宿716番地
電話番号:0997-55-6211
休館日:毎月第二木曜日
営業時間:10:00~22:00※最終入館21:00

初心者からプロまで楽しめる奄美の海

外洋の透明度は平均20m~30mと南国らしい、美しい海には数々のダイビングポイントが点在しています。広大なダイビングエリアならではのポイントバリエーションが魅力の一つで、大物・地形・サンゴ・マクロ・内湾の生物とダイビングの魅力が詰まったダイビングエリアです。

奄美大島は日本の離島の中で2番目に大きい島なのでダイビングエリアも広大でエリアは大きく分けて
・東シナ海北部
・東シナ海中部
・太平洋北部
・奄美大島南部
の4つに分かれています。

  • 東シナ海南部エリアの魅力

    東シナ海北部のダイビング゙ポイントの魅力は“黒潮の恩恵を受けた生物の豊かさ”です。
    内湾のポイントもあり、比較的水深が浅いポイントが多い為、不安がある方やビギナーの方も安心して遊べる海です。
    また、フォト派ダイバーも水深が浅いので時間を気にせずにじっくりと撮影出来るのも良い所です。
    内湾ならではのニシキテグリなどの生物も数多く観察出来るのでマクロ派にはたまらない!
    地形は砂地とサンゴが多く、南国らしい癒しの空間が広がるポイントが多いです。
  • 東シナ海中部エリアの魅力

    中部のダイビング゙ポイントの魅力は“外洋ならではのダイナミックなポイント”です。
    ポイントは全て外洋ポイントとなる為、透明度が良い他、生物の豊富さも湾内に引けを取りません。
    水中の地形はドロップオフの地形が多く、潮の流れが当たるポイントも多いので、大物狙いのポイントもあり、
    晴れた日には洞窟ポイントで水中の地形を満喫するものオススメ。
    大物ポイントでは“美波”でマダラトビエイ狙い、群れでは“デッショ”のカスミチョウチョウウオがオススメです。
  • 太平洋側エリアの魅力

    太平洋側のダイビング゙ポイントは“ワイドがぎっしり詰まった海!”
    東シナ海の中部と同じく、ポイントは全て外洋となります。
    透明度が良く、サンゴも元気、リーフ沿いのポイントではウミガメ遭遇率が高いです。
    中でも、冬場に潜りやすい“三瀬”の地形は迫力満点!大物遭遇率もピカイチです。
    *ネイティブシー奄美では穏やかになりやすい冬時期のみご案内しています。

    ネイティブシー奄美

    笑顔の集まるダイビングショップ
    奄美大島の北部・中部を中心に展開しているダイビングショップ。親切・丁寧・ゲストに合わせたサービス・ガイドを行っています。

    〒894-1523 鹿児島県大島郡瀬戸内町蘇刈970
    0997-72-1001

    • 東京発
    • 名古屋発
    • 関西発
    • 福岡発

ネイティブシー奄美に宿泊しました!

ネイティブシー奄美は笠利湾に突き出した岬に建っていて、まずエントランスに立つと、建物の先の両サイドが海!
というなかなか他では見られない景色に驚きました。
お部屋はロフトタイプで天井が高く開放的、そして全室オーシャンビューが嬉しい!
窓からは海底の珊瑚まで見える透明度の高い海が見られました。
海に入りたければホテルから階段を下ればすぐに倉崎海岸が・・。
海好きにはたまりません。内湾なので穏やかでまさにシュノーケリング向き!
ベランダの高さから海の中の魚も見えちゃうくらい沢山魚が居ます。

そして、ダイニングも充実 アラカルトから奄美の郷土料理、和食・洋食のコースがありボリュームたっぷりで且つクオリティも高くて大満足でした。そして、地元の名産黒糖焼酎や、南国らしいカクテルも豊富にありリゾート気分を盛り上げてくれます。(黒糖焼酎好きにはたまらない レアものも有ります!)

部屋数がそれほど多くないこと、両サイドが海で他に建物もないことでとにかく静か!都会では絶対にないこの静けさは本当に貴重です。
お友達と、家族と、どんなシーンにもあうリゾートだと思いました。


  • ビーチはすぐそこ

  • 最高の景色!

  • ゆったりなお部屋

  • 料理も絶品!

マングローブの原生林でクルーズ体験

森の中から海と森の境目にあるマングローブ原生林、そして海までの植生の変化が楽しめます。
カヌーは非常に安定性の優れたタイプです。初心者の方、お子さん、年配の方でも大丈夫!
カヌー探検には、一人乗りと二人乗りがあります。汗をかきますのでタオル、着替えやメガネバンド、日焼けクリームなどがあると便利です。トイレ・シャワーはカヌー発着所にあります。貴重品、携帯電話等水に濡れてはいけないものはカヌー発着所にあるコインロッカーに預けて下さい。ライフジャケットを着用していただきます。スリッパを用意していますのでご利用下さい。

  • 東京発
  • 名古屋発
  • 関西発
  • 福岡発

このページのトップへ