24時間オンライン予約可能!

五島列島ツアー 五島列島での観光がセットになった格安ツアー|九州旅行(ツアー)ならオリオンツアー

祈りの島 長崎五島列島

  • オススメコース
  • グルメ
  • アクセス

神秘に満ちた教会群と自然豊かな祈りの島へ

九州の最西端、長崎県の西方海上約100㎞に位置し、大小152の島々からなる五島列島。大きく2つに分け、福江島・久賀島・奈留島を「下五島」、若松島・中通島・それ以北を「上五島」と呼んでいます。
手付かずの自然が残る島々は、ほぼ全域が西海国立公園に指定されています。
遣唐使ゆかりの地であり、厚い信仰を受け継いだ隠れキリシタンの里でもある五島列島には多くのカトリック教会が存在し、他にはない独特な雰囲気を醸し出しています。
海産物をはじめとして、全国的にも有名な五島うどん、かんころもち、上質なことで知られる椿油など、この島ならではの「食」や「土産物」も多くあります。

五島列島は、島々がお互いに隣り合ってはいてもほとんどが架橋されていない島同士のため、鉄道はなく、バスも本数が少ないなど、公共交通機関はけっして便利とはいえません。
すべての島をめぐるのではなく、観光する島を絞るならレンタカーや貸切タクシーでの観光が可能です。
オリオンツアーでは、定期観光バスやタクシー観光など島内観光の移動手段をセットにしたツアーをご用意しています。
五島列島を2泊3日で縦断するコースでは、個人のお客様では利用しにくい海上タクシーを利用することで、通常では行きにくい観光地を訪れることができ、一度に五島列島の見所を巡ることができる内容となっています。

おすすめコース

五島列島のすべてを満喫できるコースや、長崎へのツアーに日帰りで五島観光を組み込んだお手軽コースなど、
スケジュールに合わせてご旅行いただけるコースをご用意しています。

五島列島のすべてを満喫! 五島列島縦断の旅2泊3日 貸切タクシーでの島内観光付!海上タクシーを使って島々をめぐる。

眩しいほどの自然の輝きと、多種多様な彩りをもった深い歴史が織り成す「五島列島」。
29もの教会が点在する「上五島」から海上タクシーを使って海と緑広がる「下五島」へ。

観光タクシー利用で効率よく名所を巡るから、初めてでも安心して旅が楽しめます。お食事は地獄炊きうどんや五島豚、海鮮など島の恵みをたっぷりと食べ尽くし!
2泊3日で五島列島の魅力をまるごと満喫しよう!

コース内容

  • 1日目
  • 2日目
  • 3日目

上五島エリア

矢堅目展望所
矢堅目展望所
円錐形の奇岩が印象的な展望所。東シナ海の水平線を望む雄大な景色や夕日の美しさでも有名。
青砂ヶ浦教会
青砂ヶ浦教会
青砂ケ浦の小高い丘の上に立ち、2010に献堂100周年を迎えた教会堂。2001年に国指定重要文化財に指定されている。赤レンガの外壁に瓦葺き屋根の重層構造になっており、細部に至るまで優れた意匠はレンガ造り教会堂の完成形と言われている。
頭ヶ島教会
頭ヶ島教会
西日本で唯一、全国的にも極めて珍しい石造りの教会。2001年に国指定重要文化財に指定されている。1軒をのぞき皆キリシタンだったという頭ヶ島では、明治元年に起こった日本の歴史で最後のキリシタン弾圧「五島崩れ」のとき、信徒は牢から全員逃げ出して島を離れ、迫害が終わってからこの地に戻ってきた。島内で切り出した石を積み上げて建設され、その外観は重厚感にあふれ風格さえ感じる。
昼食:五島地獄炊きうどん
昼食:五島地獄炊きうどん
日本三大うどんにも数えられる五島うどん。釜揚げで熱々のうどんをしょうゆやあごだし(トビウオ)のたれで食べる「地獄炊き」が地元では定番。「地獄炊き」の由来には、うどんをゆで上げるお湯のぐらぐらと煮立つ様子が地獄の釜のように見えるからという説と、「至極おいしい」が「地獄おいしい」と聞き間違えられたことからという説とがある。
中ノ浦教会
中ノ浦教会
小さな入江のそばに建つ中ノ浦教会。潮が満ちているとき、入り江の水面に教会の姿が鏡のように映ることから別名「水鏡の教会」と呼ばれている。1925年に建てられた木造教会で、二重にかさねた重層屋根、折上天井、祭壇部のみのコウモリ天井が特徴。教会の庭には多くのバラが植えられ、花の時期にはバラに囲まれた聖母マリア像が崇高な雰囲気を醸している。
キリシタン洞窟
キリシタン洞窟
奥行52m・幅5mの洞窟。厳しい弾圧から逃れるためにキリシタン信徒が隠れ棲んでいたが、発見され処罰された遺跡。洞窟の入口に十字架と3mのキリスト像がある。年に1回、11月にこの地でミサが捧げられる。

下五島エリア

江上天主堂
江上天主堂
奈留島の海岸沿いにあり、廃校となった小学校脇の林にひっそりと建つ教会。もともと江上地区には教会がなく信徒の家でミサが行われていたが、その後1917年に現在の教会が建設された。クリーム色と水色の木造教会は、リブ・ヴォールト天井やロマネスク風の窓があり、小規模ながら日本の代表的な木造教会として、2008年には国の重要文化財に指定された。
旧五輪教会
旧五輪教会
福江島の北に位置する久賀(ひさか)島にある教会堂。キリシタン禁制解除に伴い1881年に浜脇教会として久賀島内の浜脇の地に建てられ、その後1931年に五輪教会として移築された。傷んだ五輪教会を取り壊して跡地に新教会を造ることになったが、貴重な文化財を守ろうとの声から新教会は横に造られ現在に至る。下五島では最古の教会建築で、初期の木造教会建築の代表例として、1999年に国の重要文化財に指定された。
2日目夕食:海鮮囲炉裏炭火焼き
2日目夕食:海鮮囲炉裏炭火焼き
五島の新鮮な海の幸、山の幸を趣ある囲炉裏を囲んでのんびりできる食事処「椿茶屋」へご案内します。五島でその日にとれた水イカや地元で育った五島美豚ロース、特産品でもある椿油を使った季節のてんぷらをお召し上がりいただきます。
井持浦教会・ルルド
井持浦教会・ルルド
福江島の西の瑞に位置する玉ノ浦にある小高い丘の上に建つ教会。1895年にフランス人宣教師ペルー神父によって建てられたロマネスク様式の建築。聖母マリアの出現と「ルルドの泉」で知られるフランスのカトリック聖地を模した日本最古の「ルルド」がある。日本におけるキリシタンの聖地として、島内だけでなく全国の信者の聖地となっている。
大瀬崎断崖展望所
大瀬崎断崖展望所
100~160mの断崖が約20km続く五島随一の景勝地。東シナ海を一望できる展望所からは雄大なパノラマを楽しむことができる。先端に建つ白亜の灯台は、映画「悪人」のロケ地としても有名。夕日が綺麗なスポットとしても有名で日本夕日100選の一つに選ばれている。
高浜ビーチ
高浜ビーチ
天然の海水浴場としては、日本一の美しさを誇る白砂のビーチ。全国的にも有名で日本の渚百選にも選ばれている。白銀色の砂浜と周囲を囲む山々の緑、東シナ海を望み一面に広がるエメラルドグリーンの海が造り出すコントラストは絶景のひとこと。
五島列島のすべてを満喫するツアーの予約・詳細はこちら〈東京発〉

定期観光バスでめぐる福江島日帰り観光

定期観光バスでめぐる福江島日帰り観光

行程表

福江島日帰り観光がセットになったツアーの予約・詳細はこちら〈東京発〉

貸切観光タクシーでめぐる上五島日帰り観光

行程表

上五島日帰り観光がセットになったツアーの予約・詳細はこちら〈東京発〉

五島を食す!絶品グルメ

五島列島には魅力的な美味がいっぱい!
対馬海流によってもたらされる新鮮な魚介類をはじめ、全国的にも有名な、
讃岐、稲庭と並ぶ日本三大うどんのひとつ「五島うどん」。五島ならではの甘味もおすすめです。

五島うどん

五島うどん

讃岐うどん・稲庭うどんと並び、日本三大うどんのひとつ「五島うどん」。良質な小麦粉とミネラル分を含んだ天然塩、五島の純正椿油を使用して練り上げられた手延うどんは、独特のコシの強さとなめらかな食感を持ち「幻のうどん」とも呼ばれています。たっぷりのお湯でゆであげた熱々のうどんをあご(トビウオ)だしで食べる「地獄炊き」が地元では定番の食し方。「地獄炊き」の名前の由来は、お湯のぐらぐらと煮立つ様子が地獄の釜のように見えるからという説と、「至極おいしい」が「地獄おいしい」と聞き間違えられたことからという説とがあります。

アオリイカ(ミズイカ)

アオリイカ(ミズイカ)

日本でも有数の水揚げ高を誇る五島列島の代表的な海産物「アオリイカ」。最大で5kgにもなるものもありますが、肉厚な身に反して身質は柔らかく、その質の高さから「イカの王様」と言われています。アオリイカのおいしさを存分に味わうなら、やっぱり刺身がおすすめ。生で食べたときの食感が強く、噛めば噛むほど旨さが際立ちます。九州地方全般には水イカと呼ばれていますが、ヒレが馬具の泥よけである障泥(あおり)に似ていることから「アオリイカ」と命名されたといわれています。

五島豚

五島豚

五島のブランド豚「五島豚」は、自由に豚が行き交う事ができる広々とした豚舎で遺伝子組み換えでない穀物飼料と自家産青物を食べてのびのび育てられています。豚へのストレスを最小限に抑えているため、旨み成分がたっぷり含まれています。島内の食事処でさまざまなメニューで提供されており、五島に訪れた際はぜひ味わいたい食材のひとつです。

かんころもち

かんころもち

さつまいもを薄く切り茹で、天日干ししたものともち米を一緒について作られる島の代表銘菓「かんころもち(甘古呂餅」。冬の保存食として、餅米が貴重だった時代に、さつま芋と混ぜ合わせて量を増やすという庶民の知恵から考案されたものですが、素朴で優しい甘さと絶妙のもちもち感、そのおいしさは現在も引き継がれています。そのまま切って生でも食べられますが、軽く焦げ目がつく程度に焼いて食べるのがおすすめです。「かんころ」とは五島列島の方言でさつまいものこと。

アクセス情報

長崎港利用の場合

《長崎空港から長崎市内》

路線バス(空港連絡バス)で 長崎駅前まで約43分(片道900円)。
路線バスの詳細はこちら

《長崎駅前から長崎港》

  • 徒歩/約15分
  • タクシー/約5分/約600円
  • 市電/長崎駅前より正覚寺行きで「大波止」下車120円。下車後徒歩4分

《長崎港から五島列島》

  • 長崎港⇒福江港 ジェットフォイルで約1時間25分、フェリーで約3時間55分
  • 長崎港⇒奈良尾港 ジェットフォイルで約2時間10分

ジェットフォイル乗場の詳細はこちら

佐世保港利用の場合

《長崎空港から佐世保駅前》

路線バスで、長崎空港線ハウステンボス経由佐世保行乗車、佐世保駅前まで約1時間26分(1,400円)
路線バスの詳細はこちら

《佐世保駅前から佐世保港》

  • 徒歩/約5分

《佐世保港から五島列島》

  • 佐世港⇒有川港 高速船で約1時間20分、フェリーで約2時間35分

ジェットフォイル乗場の詳細はこちら

ページトップへ戻る